コンタクト

アドレス(URL): http://https://chisako-fukuyama.jimdo.com/contact/

1行紹介

著書『反絵、触れる、けだもののフラボン』(水声社)、『デッサンの基本』(ナツメ社) 絵と文章と写真をやる動物です。

自己紹介文

動物たちと植物が好きです。
動物たちをとても愛しているので、幼い頃から肉食ができません。

幼稚園から高校くらいまで場面緘黙でした(自己診断)。(激しい緊張のために人前でほとんど話せないことを「かんもく」というのだと知ったのは2017年。)

性格は、人見知りでシャイのようで冒険心があり、柔和でおとなしいようで激しく情熱的、神経が細いようで、たまに大胆です。
人が興味を持たない片隅に見捨てられているようなものに、奇妙な面白さや美しさを見つけること、散歩が好き。

人工的にすぎるもの、お決まりのこと、流行りのこと、自己顕示欲、自己愛が強すぎる人· · ·などが苦手です。
言葉の病(実際には無感覚なのに言葉には長けている人)が嫌いです。

植物の和名(鬱金香、ぼたんいちげなど)と外国名を覚えることなどが好きです。

タイトルバナーの絵
     アルストロメリアAlstroemeria
     

プロフィール写真
撮影沢渡朔無断転載を禁ず

福山知佐子

1998年 多摩総合美術展特賞。
個展(画廊宫坂)画家紹介文を詩人吉増剛造氏が執筆。作品にインスピレーシヨンを受けた舞踏家大野一雄氏が個展会場にて舞踏。
1999年 画廊宫坂15年目の通過展
個展(ギャラリー福山)
2000年 7月より一年間、種村季弘氏の静岡新聞連載エッセイ"道しるべ"のカットを描く。
立川国際芸術祭2000招待出品。
2001年 吉田文憲氏の詩集『原子野』(砂子屋書房刊)のための写真及び装丁(第41回土井晩翠賞受賞)。
2002年 個展(銀座小野画廊)
2003年 ICANOF"プレ食間展に写真を出品。
ICANOF"食間の光景/食間の廃景展"(八戸市美術展)に写真と絵画を出品。
個展(銀座小野画廊)
2004年 飯島章氏の詩集『夢はそのさきにはもうゆかない』(ミッドナイトプレス)の装画及び装丁。
稲川方人監督によるドキュメンタリー映画『たった8秒のこの世に、花を - 画家福山知佐子の世界』公開。早稲田大学、法政大学、などの大学、研究機関で上映会、講演を開催。
若林奮『I. W 若林奮ノート』についての書評""を図書新聞に掲載。福山知佐子展(なかのゼロ展示ギャラリー)花輪和一、宮西計三作品展同時開催。
詩人吉田文憲、画家漫画家花輪和一、批評家丹木葦夫らと同人誌の"あんちりおん"を創刊。ジャンルを超えた芸術総体の中での異才で創る本を目指す。執筆者は他に画家漫画家宮西計三、詩人稲川方人、佐藤美奈子、批評家 岡村民夫。
2005年 写真家沢渡朔氏とのコラボレーション。
『すばる』5月号(集英社)にエッセイ"遠い、泥、有刺鉄線、雨滴の内部へ - 沢渡朔に"を掲載。
吉田文憲著"宮沢賢治妖しい文字の物語"装丁。
一ツ橋大学にてドキュメンタリー映画上映、講演、思想家鵜飼哲氏との対話。
2006年 早稲田大学の授業で講演。
"あんちりおん"2号発刊。執筆者は福山の他に吉田文憲、花輪和一、丹木葦夫、詩人藤井貞和、写真家沢渡朔、詩人布施直人。
吉田文憲『六月の光、九月の椅子』の装丁(2007年度山本健吉文学賞受賞
2007年 雑誌“attention1”にて思想家市村弘正氏と対談。
2008年 個展
2009年 『デッサンの基本』(ナツメ社)
ドイツを放浪。"デッサンの基本"のモデルをしてもらったStefanの写真と映像を撮る。
2010年 ベルリン
2011年 イタリア ファエンツァ アートフェアに出品
2012年『反絵、触れる、けだもののフラボン――見ることと絵画をめぐる断片』(水声社)
個展


興味のあること

身体感覚、 とくに眼で見ること、眼でつかむこと、 動物、植物、锖、剥落、古色、 肉食をできないこと、猫をかむこと、 ホルスト・ヤンセン、カーソン・マッカラーズ、ヴォルス、ミノ・マナラ、 毛利武彦、大野一雄、中川幸夫、若林奮、沢渡朔、スーザ・ンソンタグ、