2020年7月10日 (金)

花輪和一さんから猫草守の絵が届く

7月8日(火)

雨が上がった瞬間に外に出ようとしたら花輪和一さんから手紙が来ていた。

なんと「猫力」「火水風土」「身強清心」「猫草守」と文字が入った猫の絵!!!

これは私の愛した「ちゃび」の絵らしい。手紙にはあいかわらずちゃびへの嫉妬まじりの花輪節。

「(略)・・・かわいかったんですが、やはり猫は猫。自分は死んだとはっきり認識できないんです。今も眠っているような気分でいるんですね。しぶと・・・かった。まあ生命力強いというか飼い主の影響力も大きかったんです。猫っかわいがりも度が過ぎた。今もそのつもり、ウトウトしつつこの地上にとどまって、旅立ってないんです。」

「杉並一、東京一、猫可愛がりされた幸福な、猫のぶんざいでそこまでいったんですから、幸福すぎたヤツでした。困った時など、幼児に語り掛けるように、状況が理解できるように、繰り返し説明すれば、やつもホッコリ片目を開けて力になって動いてくれるでしょう。」

「一生で使い切れないほどの愛情を注がれて「猫生」を終わったんですから、受けた「愛」を返してくれる・・」

「ということなので、「猫草守」は、折ってカバン等に入れていれば、あのしぶとかったチャッピピピイ~~~!のお力があり、健康体、長生き体になれます。」←(キッパリ)

Sdsc01805

3日に肺のがん転移が増大してしまったことを電話した時、「なにかお守りの絵を描いてほしいけど、不動明王はかわいくないから嫌。動物がいい。」とわがままを言ったのにすぐに応えてくれた。

花輪さんも小学生の時に、友達の家で生まれた子猫をもらってかわいがって育てていたそうで、

「今でも夜、眠る前、心が落ち着いた時に呼べば来るなあ、と思う」と。涙。。。

「うちの長男のちゅびがDV男っぽいんだよね。朝4時からにゃあにゃあうるさくて、最近、安眠できなかったの。そうかと思うと私にべったりくっついてきて。ほかの2匹はおとなしいんだけど。」

「そんなバカ猫はビシィイ!!とやってやんなきゃだめだよ~!ペットホテルに預けるとか、他人様のめしを食わせて性根を叩きなおしてやんなきゃ!かわいがりすぎなんだよ~」

「そんなのかわいがるくらいなら花輪さんに愛情注いだほうがいいよね~」

「そうですよ~」

たくさん笑わせて、泣かせてくれて、勇気とやる気が湧いて来た。

花輪さんとのつきあいは、もう30年。彼の態度は出会った時から少しも変わらない。はかりしれぬ才能で、いつも私を驚かせてくれて、少しも偉そうなところがなくて正直で。

童心と、並外れた感性を潰されずに、地獄の苦しみをくぐり抜けてきた稀有な芸術家。

花輪さんは幼少の頃から虐待されて親の愛情不足のまま育ったが、決して自分が弱い者を虐待する側や、卑怯でセコイ搾取をする側にはならなかった。

(私は承認欲求ばかりが肥大したいんちきハリボテ野郎が大嫌いだ!すっこんでろ!と思う。)

 

私の永遠のちゃび。

Sdsc06519

7月6日(月)

ちゃぶ台で猫背になってPC作業をするのは非常に内臓が圧迫されて身体に悪いそうなので、LANケーブルの長いのと、ソケット2本を買って来て机とちゃぶ台の配置を変え、机と椅子で作業するようにした。

壁に立てかけていた50号と30号の木製パネルの後ろを掃除。3匹のすごい毛と埃。50号に張っていた雲肌和紙が黴ていたので破って捨てた。壁の汚れを薄めたハイターで拭く。

本の詰めの作業と同時に、今まで途中にしておいたたくさんの絵の制作にとりかかる。

|

2020年7月 8日 (水)

がんの腫瘍マーカー上昇

7月3日(金)

最近の経緯をまとめた紙と、データをもって鎌ヶ谷の病院へ。

甲状腺がんの腫瘍マーカーが上がってしまった。

前回の昨年9月に500くらいだったのが今回1380。

急遽、頸のエコーと、肺のレントゲン撮影。結果によっては脳のCT(脳転移がないか調べる)も撮ると言われる。

エコー(頸のリンパ節転移で手術で取り残したのが大きくなっていないかの検査)はセーフ。

レントゲン結果は、今まで小さ粟状転移だったのが、右の肺にひとつ2cm大くらいの塊ができた。

診断を聞くまでは、ついに未分化癌に変化してもう終わりかと思い、猫たちのこと、本の完成のこと、本を持ってイタリアへ行くことも、もう不可能か、・・ぐるぐるいろんなことが頭をよぎった。

診断では、とりあえずは急激な増大ではないので脳のCTは撮らないと。

最近、血圧と動悸を抑えるために勝手に数日断薬したことは、この腫瘍増大とは関係なく、少しずつ上がって来たということ。

・・

最近、認可されたレンビマという抗がん剤の説明を受けた(わたしの甲状腺がんに使えるのは、この一種のみ)。

先生の意見では「表向きは副作用が少ないとされているが、血管を攻撃し、この病院の緩和病棟で使用した患者さんは脳梗塞、心筋梗塞などになっているのでお勧めできない」と。

レンビマを使った患者さんは皆、私よりも早いスピードのタイプの癌で、危険をおかしてもこの抗がん剤をやっても延命できるのは6か月くらい、と非常にシビアな話をされた。

私は最初にシンチグラム陰性だったが、今やったらもしかしたら効くかもしれない、けれど粟状のたくさんの癌の粒粒すべてが放射性物質を発してしまうので肺が苦しくなる、とも言われた(結局、やらないほうがまし)。

とりあえず私は、なんの治療もせず、今まで通りチラジン(甲状腺ホルモン薬)とアルファロール(ビタミンD)を毎日飲んでいくしかなく、ストレスをかけないように、免疫が下がらないように気を付けていくしかない。

・・・

診察結果を心配してくれている数人の友人たちにメール。あまりショックを受けてほしくない。

7月1日(水)

新高円寺のクリニックに甲状腺の値を聞きに行ったら、とにかくすぐに癌の主治医に電話して、と言われ、帰宅してから電話すると、診察したからすぐ予約をとってと言われ金曜に鎌ヶ谷に行くことになった。

 

|

2020年6月30日 (火)

『デッサンの基本』34刷りとなりました

https://chisako-fukuyama.jimdofree.com/6-iris-rose-pansy-violet-etc/

6月の初めに『デッサンの基本』増刷、34刷となりました。

購入してくださったかたがた、読んでくださったかたがたに心より感謝申し上げます。

(受験のためのデッサンには傾向があると思いますが)デッサン(素描、スケッチ、写生)には正解の描き方はありません。

対象の姿、構造をよく知るためであれ、その魅力を紙に留めるためであれ、自分の外にあるものを見て描くことで、あらゆる意図を超えた未知のものに触れ得ることがデッサンの喜びではないでしょうか。

林檎の花(鉛筆デッサン、水彩、スケッチ)

Sdsc01649

パンジー Pansy (鉛筆デッサン、スケッチ)
Sdsc08912

猫 ちゅび(鉛筆デッサン スケッチ)
Sdsc08871

薔薇 Rose (水彩)

Sdsc01688

薔薇 Rose(鉛筆デッサン、スケッチ)

Sdsc01495

|

2020年6月26日 (金)

猫たちのこと / ストレス

https://chisako-fukuyama.jimdofree.com/8-cats/

6月26日(金)

プフ(♀)、性格は大人しくて神秘的だが、ネズミのおもちゃや飛ばせたヘアゴムを捕まえるのが、ものすごく(真剣に)好き。

Sdsc01505

24日(水)にプフが食べなくなったことで病院に連れて行き、太田快作先生の診断は毛が胃腸に詰まっているということだったけれど、プフのうんこに毛は混じっていない。

輸液と吐き気止めを打ったあと、夜8時にほんの少しだけ食べたけれど、その後もずっと、カリカリとちゅーるをあげてもほとんど食べてくれず、たいへんな病気だったらどうしようと私の身も細る心配が続いた。

まだ2歳にもならないのに、こんなに心労があるとは思わなかった(前のちゃびは17歳までなんの心配もなかった)。

ピンクのパイルヘアゴムを持つプフ。
Sdsc01545-2

朝5:30 金のだしカップとカリカリ、普段の半分食べる。

11:00 総合栄養ちゅーるとカリカリ 少々。

11:20 うんこ 細い。普段の半量。

パイルヘアゴムを私が飛ばし、跳んでキャッチする遊びを30分以上。とても楽しそう。

15:30 トイレのタンクの上に寝ている。流してやると4日ぶりにトイレのタンクの上で水を飲む。ああ、やっといつもどおりに戻ったかな、と思い、ほっとする。まだまだ食べる量が少ないので注意。

・・

チョッピーの異嗜(異食)の問題。やたらとビニール袋やゴムを食べ、PCのUSBコードなどもガリガリに齧ってしまう。

太田快作先生から「開腹手術になれば20万円以上かかり、それで命が助かればいいけど助からない場合も多い」と言われ、家中のビニール袋を隠すことを始めた。

今までチョッピーの吐瀉物やうんこにビニールの切れ端やゴムが混じっていたことはよくあった。しかし、たまに吐くが食欲不振にはならないことで安心してしまっていた。今まで体外に排出していることが奇跡なのかもしれない。もっと必死にやらなければ。

きょう、チョッピーは全粒粉パスタ(乾麺)をガリガリと齧っていた。運動不足などのストレスがあるのかも。疲れるくらいまで遊ばせないといけない。

チョッピー(チョビ♂)、性格はきわめて温厚かつ好奇心旺盛でお茶目。

ちゅび(大きなお兄ちゃん)にちょっかいを出してドタバタけんかして遊ぶ時も、ちゅびは必ずシャーッと威嚇して逃げていくのに、チョッピーがシャーッと言うのを見たことがない。チョッピーは生まれてこのかた誰にも威嚇したり怒ったりしたことがない。

Sdsc01636-2

・・・

昼、Iさんから電話。「からだだいじょうぶ?俺がコロナになったら絶対死ぬって言われてるから。」「私もそうですよ。肺に癌があるから絶対死ぬと思います。極力人と距離をとって、人のいないところにしか行かないようにしてます。」

どうしてそのあとに「食事しない?」となるのかが理解できない。

私は7月の頭まで特に忙しい、と言っているのに。なぜ30分以上も(私にとってはまったくの)無駄話をして、用件をこの電話で言わないのかが理解できない。会わなければ言えないような用件はないはずだが。

私にとって最もストレスになるのはつまらないことにつきあわされること。

・・

近所で偶然見つけた捩花(モジズリ、ネジバナ)の撮影。

6月25日(木)曇り23℃

すごく肩が凝って(筋肉が勝手にぎゅっと凝縮してくる)具合が悪かった。テルネリン(筋肉弛緩剤)を飲んだら、(前に5回ほど飲んだ時は快適だったのに)きょうはなぜか気持ち悪くなって横になっていた。

血圧は122-82くらい。正常。

気圧が低下すると頭痛になるという人がいるが、私の場合は当てはまらないと思っていた(私は雨、嵐、曇り空が好きなので)。が、偏頭痛は気圧に影響を受けるという。やはり病名としては偏頭痛となるのか?

夕方5時過ぎにビール(発泡酒)を飲んだらリラックスして楽になった。

・・

プフのことがすごく心配。

夕方5時半と6時過ぎにカリカリを少し食べたが量が少ない。

もう一度ハナ動物病院に連れて行くべきなのか、レントゲン撮られて手術になったら・・と心配で、胃と眼の奥が痛くなる。

|

2020年6月24日 (水)

副腎腫瘍疑いの血液検査結果 / プフ病院へ

https://chisako-fukuyama.jimdofree.com/7-other-flowers-plants/

6月24日(水)

午前11時、ハナ動物病院に電話。プフの診察の予約をとる。夕方6時20分。3日前から食欲がないため。

・・・

副腎腫瘍が疑われた血液検査の結果を聞きに新高円寺のクリニックへ。

アルドステロン 101.5 (基準値 29.9~158)

カテコールアミン3分画ーP 

アドレナリン   0.02(0.10)

ノルアドレナリン 0.11(0.10-0.50)

ドーパミン    0.01 (0.03)

アルドステロンもカテコールアミンも正常値。褐色細胞腫などの内分泌異常の疑いは低い。ほっとする。

18日から発熱し、それから5日間、自己判断でチラジンを断薬してみた、とお話しすると、「え~っ?!!なんでそんな怖いことするの?!」とO先生には珍しく絶叫。

「甲状腺機能亢進のような気がしたから。」と応えると、「神経がすごく細かそうなのに全然細かくないじゃん!」とO先生。「あ、私、いちかばちかのすごく暴力的なとこあるんですよ。」

次に鎌ヶ谷の病院で血中の甲状腺ホルモン濃度を測ってもらえるのは9月になるので、きょう血液採取して検査してもらうことにした。

これで結局、自律神経のせいとしか言えないくらい原因不明になってしまった。

最初の後頭部を強く殴られるような「がん!」という衝撃はなんなのか、と先生の意見を聞く。「ストレスによる血圧急上昇だとしても、こんな「がん!」と殴られるような痛みは、ネット検索しても、くも膜下出血くらいしか出てこない。」と言うと、O先生は「自律神経でも、そういうのもあるよ。」と(適当)。

HDL(善玉)コレステロール 108(40-90)

LDL(悪玉)コレステロール 130(70-139)

中性脂肪 60(50-149)

痩せてるのにコレステロール値が高い、と言われたが、最近はLDL/HDLの比率で診るのじゃなかったっけ?帰宅してから調べるとやはりそうだ。LDL/ HDLが1.5以下ならサラサラなので、私の場合、130/108 =1.2037で十分サラサラだ(来週、O先生に言おう)。

HDLが高いのはオリーブオイルやオメガ脂肪酸をよく摂っているからだと思うが、調べると甲状腺機能亢進でもHDLが上昇すると書いてある。

「私、食生活からコレステロール値が上がることだけは考えられないです。ポテトチップみたいなスナックやお菓子食べないし、ハンバーガーとか一生に一度も食べたことないんですよ。」と言うと、「ハンバーガー食べたこと一回もないの?」と驚かれる。「肉食しないんで。」と言うと最も陳腐な質問、「魚はかわいそうじゃないの?」

「魚もかわいそうですけど、体温の高い生き物、牛や豚は犬や猫とまったく同じなんで。私、革靴も皮のカバンも使わないんですよ。」

O先生、1週間前とは逆に、「運動もやったほうがいいんじゃない?」と言い出した(適当)。フィットネスお休みしてる、と言ったら、「行ったら?」と。今忙しいし、猫の治療費もかかるので自分で運動する、と話すと猫の治療費の高さにまた驚かれる。

「そんなにお金かけてもらって幸せな猫だね~。外でなんにもしてもらえない野良猫もいるのに。」

「外猫を避妊手術するにもお金がかかるんですよ。避妊して耳の先端をカットして、虐待されないように地域で面倒をみるんです。」

ハナ動物病院に治療費を払うことは、太田快作先生が犬猫の命を救うための活動費になる。

O先生はまったく動物の命の問題に無知(ダメじゃん明久)。まあ、関心がない人は、こんなもんなんだろう。

帰宅してストレスとコレステロール値の相関について調べたところ、ストレスによって副腎皮質ホルモンが出、血圧と血糖が上昇し、副腎皮質ホルモンの材料であるLDLコレステロールが上昇してしまうそうだ。どんなに食生活に気をつかっていても、ストレスによって高血圧になるということ。

私の場合、すべての不調の原因はストレスを感じやすい(嫌だと思うことが気になりすぎる)性質にあるのはわかる。

・・・

花輪和一さんに電話。「とりあえず副腎腫瘍じゃなかったみたい。この前、花輪さんに「だいじょうぶなんじゃない?」と言われた時、すごく気が落ち着いた。ありがとう。」と言ったら、「中国経済の動向について滅茶苦茶言ってるって、いつもすごくバカにしてるじゃない~。」と(笑)。

Nちゃんとチナミさんにメール。

・・・

Sdsc01498-2

6時すぎ、プフをハナ動物病院へ。すごく具合が悪そうとまではいかないが、3日前からあまり食べない。水もほとんど飲まない。

パイルヘアゴムを飛ばすと「ウウ、ウウ!」と夢中でキャッチして遊んでいるが。

きょうは夕方6時半から7時の予約が混んでいた。7時まで待合室で待った。

太田快作先生の診断は、おそらくこの時期、なめて毛づくろいした毛(特にプフは長毛でよく抜ける)がお腹に詰まっているのじゃないかと。

輸液と吐き気止めをやっても、今日の深夜になっても食べないようなら、他の原因を考えるのでまた連れて来て、と。

輸液とセレニア(吐き気止め)の(激痛といわれる)注射。6100円。

帰宅後、8時10分、プフ、急にニャア、ニャアと叫ぶ。「お魚クリーム入りドライ」に「総合栄養食ちゅーる」をかけてやったら、半分ほど食べた。

まだまだ食べる量が少なすぎて心配。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

|

«絵の空間(紙の白い部分)も絵の一部 / 自主人体実験により血圧安定