« 人物デッサン シュテファン | トップページ | ICU 国際基督教大学 »

2008年10月29日 (水)

シュテファン2  キアスム

10月29日

25日の撮影のあと、シュテファンと食事に行った。私は緊張していて、さらに簡単な英語も出てこない状態。シュテファンはきれいにお箸を使って、天ぷらとざるそばを食べる。寒天をすすめると、これは、ドイツの辞書には載っていない、初めてのもの、といった。大皿から取るとき、きちんと箸を逆さにして取っていたのに感心する。

「あなたはクリスチャンなの?」と聞くと「違う。僕は無神論者。・・・・無神論者という語はちょっと強い言い方すぎるけど、・・・人間以外のいろんなものにsoulが宿っているという考えはいいと思う。」と言った。「私もそう思う。樹や虫にもspiritがあるっていうことでしょう?」と言うと、「そう、soulよりもspiritのほうがあってるね。」と言った。

そこでおずおずと、「私は肉を食べません。・・・私は、宗教もなく、イデオロギーもなく、健康のためでもなく、ただ、感じるだけ。・・・・私は、自分のかわいがっている猫と他の動物の区別がつけられないの。生まれてすぐからずっと・・・」と貧しい英語で言った。彼は「たぶん、あなたの言いたいことはわかると思う。」と言った。

「外国のほうが、肉を食べないと言ったら、すんなり通る気がする。だけど、むしろ日本でのほうが理解されない。」と言うと、「だけど、昔の日本人は食べなかったでしょう?」と言われて、「そうなんだけど・・・」と英語が出てこない。「卵やチーズも?」と聞かれて、「ミルクや卵やチーズはいい。魚も。」と答えた。たとえ日本語で聞かれても答えるのが難しい、自分を常に生きにくくさせる、人間のための文化以前の初原の身体感覚・・・それについて私はじょうずな言葉を持たない。

帰りの山手線の中で、シュテファンが小声で、「あのTシャツのバンドも僕の好きなバンドだよ。」とささやいた。何気なく振り返ると、すごいごちゃごちゃしたデザインのnapalm deathのTシャツを着たいかついおじさんがいたので、大笑いしてしまった。「意外すぎる。もしかして高校時代は派手なメイクや髪型で超早打ちでドラム叩いてたの?」と言うと、「いや、自分はナチュラルなのが好き。ヨーロッパではみんなピアスやタトゥーをしてるけど、僕はしない。」と言った。「ツインバスドラのドラムも、大学に入った時に売っちゃった。」それから「高校時代は全然勉強しなかったんだよね。」と笑いながら言った。

そうだ、なにをしても、ファッションではないのだ。そのままなのだ。本当に飾らないほんもののエレガントなのだ。たぶん、「拈華微笑」のようなことがわかる人なのだと思う。

そしてはっと気づいたのだが、彼はちゃんと絵のための服装を考えて、最もシンプルで普段通りの、黒い半そでの無地のTシャツと、カーキ色のカーゴパンツを選んで着て来てくれたのだ。

|

« 人物デッサン シュテファン | トップページ | ICU 国際基督教大学 »

絵画」カテゴリの記事

哲学」カテゴリの記事

デッサン」カテゴリの記事

身体」カテゴリの記事

芸術」カテゴリの記事

デッサンの基本」カテゴリの記事