« デッサンの基本 | トップページ | Capote   George Plimpton / Gerald Clark »

2009年8月10日 (月)

毛利武彦 デッサン 素描 ことば

8月8日

毛利先生宅に「デッサンの基本」に載せるためにお借りしていた素描作品を返却に行く。

ご自宅裏の玉川上水前の空き地の浅い水たまりで、アゲハ蝶が幾度も水を飲んでいた。恐ろしく蒸し暑い日。

玄関前に固い幹の端正な樹があった。あれは、何の樹ですか、とあとで奥様に尋ねると、「やっぱり、気づいてくれた?あれ、辛夷。」とおっしゃった。

毛利先生は白い顎髭をはやされていた。肌色のワイシャツ。明るい色がいいのだとおっしゃるそう。

アトリエで、しばしスケッチブックなどを見せていただく。今更であるが、膨大な数の、ものすごい素描がある。馬の素描や、花びらが落ちた後の百合の素描が特に心に残った。

春日井建(歌人)の本の装丁をされていたので意外だった。奥様に言ったら、従兄だと聞いて驚く。

|

« デッサンの基本 | トップページ | Capote   George Plimpton / Gerald Clark »

文化・芸術」カテゴリの記事

絵画」カテゴリの記事

デッサン」カテゴリの記事