« 沼沢地 冬 | トップページ | ちゃび   悲喜こもごも »

2010年1月26日 (火)

ちゃび 病院 / デッサンの基本 重版

1月26日

ちゃびが朝から食べなく、ここ2,3日便がとても少なかった。きのうの夜、ネットで調べれば調べるほど不安になり、便秘で詰まったのかと、明け方までおなかを揉んでいた。

きょう、ラクツロースをさがしてドラッグストアを回ったりしたが、夕方、ついに病院に連れて行く。病院なんて10年以上ぶりなのである。心配で緊張して汗だくになった。診てもらったら、詰まってない(触診で、おなかに硬い便の塊がない)と言われ、びっくりする。ただ食べないなんてことは今までなかったので、また心配でたまらない。視力がすごく落ちているようだ(眼の近くまで指を近づけても眼を閉じない)、と言われ、ショック。(あまりに怯えているからじゃないのだろうか?だって、いつも輪ゴムをつかまえる遊びをしているのに・・・。)

帰ってから、普段は食べない缶詰(高級で小さいもの)を買ってきてみたら、少しづつ食べ出した。とりあえず、人心地ついた。まったく肝を冷やした。

自分自身に、腫瘍が見つかったり、レントゲンに思わしくない影が映っていたり、血液検査のマーカーが異様に高い、と言われたり、という生死の危機にさらされるような経験が幾度もあるが、そういう時よりも、実際苦しかった。

ナツメ社さんから、「デッサンの基本」の重版のメールが来ていた。去年の7月に出て、8月、10月、そして今日で3度目の重版のお知らせ・・・・正直、ほんとうに、びっくりである。皆皆様に心より感謝。

|

« 沼沢地 冬 | トップページ | ちゃび   悲喜こもごも »

動物」カテゴリの記事

デッサン」カテゴリの記事