« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »

2010年2月

2010年2月23日 (火)

感覚 / 浅田真央 鐘

2月23日

母が、(待ち時間が長すぎて、いつも呼吸が苦しくなってしまうのと、腰痛で歩くのが辛いので、)もう通院できなかったり、薬を飲めなかったりの相談で、12時頃、東京医大に電話。いつものことなのだが、神経内科の受付の事務員の対応が、ひどく横柄で冷たい。主治医の先生と話したい、と言っているのに、何が訊きたいんですか?と言うので説明したら、事務員が勝手に答えてくる。医師でもないのに。先生は今は電話に出られない、というので、折り返し電話をお願いした。福田さんですね、と言われたので、ふくやまです!!!と思いっきり大声で答えた。

3時半くらいに、主治医から電話。この若い女性のT先生は優しい。だから私は悪い印象は持っていない。薬をほとんど飲んでいないことを話すと、メネシットやアリセプトDをきちんと飲んでいて急に止めると、悪性症候群といって、精神的にも肉体的にも極端にひどい症状が出ることがあるらしい。でも、福山さんの場合は、幸いにもかわりないということは、もともとあまりきちんと薬を飲んでなかったのかもしれませんね、と言われて、ははは・・・と笑ってしまった。

在宅の先生を紹介してもらう方向で、私が代理で来週病院に行くことになった。薬を飲んでいないのだが、一時期よりも食欲もあり、嚥下も苦しいと言わないのである。これは、薬を飲んでいないほうがむしろ(胃を荒らすような副作用がないので)良い、ということなのだろうか??

もうひとつ、今日動いたこと。会ってご相談したい、と連絡したくて、でも、それはずうずうし言動なのかと躊躇ってしまい、なかなかて連絡できなかった人にメールを出したら、即お返事をいただいたこと。本当に、世の中にはいろんな人がいる。つまり、心のある人とない人。打ったら響くように反応が返ってくる人と、全くそうでない人。打ってみなくてはわからないのだが、あまりにこちらが逡巡して、心をこめて、何週間もかけて(それこそ生死をかけて)書いた手紙にも、全く無感覚のおざなりの反応の人もいるので、時折、本当に挫けてしまい、ひとり悶々と苦しむことが多い。

本当に、世の中にはいろんな人がいる。冷たい人と思いやりのある人。他者(動物も含む自分以外の生命)について、本気で傷ついてしまう人と、社会習慣的な表面上の反応だけでやり過ごす人。

2月22日

星状神経ブロック注射5回目。打ったあとも、仕事の不安で肩がビリビリ痛む。

NHKの浅田真央のドキュメンタリーを見て、金メダルを獲るために最もリスクを少なく、一般受けが良いように、と過去のあらゆるプロトコルのデータを計算して最高の戦略を練ったオーサー(カナダ)と、最もリスクが高く、肉体的にも芸術的にも困難な前人未踏の領域へと賭けさせたタラソワ(ロシア)の、その極端な対比を見たら涙が出た。

戦略。私の最も苦手な領域。どうしたら、本当にやりたいことと、多くの人に受けることが一致できるのか、全くわからない。本当に、素晴らしい、そうなりたい、と思う内容をやるべきだと思う。広く人に勇気や幸せを与えたい、なんていうのは勘違いのメサイアコンプレックスで、芸術とは何ら関係ない。「鐘」は、暗くて、重くて、凄みがあって、リスキーで、かっこいいではないか。

冨田洋之がいつも有言実行で示していたことを思い出す。評価や点数は周りが出すこと。自分は、ただ自分が完璧だと身体で感じる(美しい)演技を目指す、順位は文字にすぎない、と。(たとえ、オリンピックには不利で、リスキーな内容でも。)

フィギュアに関する2ちゃんねるをよく読んでいる。PCに慣れない頃は、ネットが怖かったけれど、今は違う。実践の伴わない抽象的、倫理的なことばかりしゃべったり、何を話しても、なんら当事者にはなり得ない(一部の)知識人の話(生の人間と話しても、どこまでも空疎)より、ネット上の会話のほうが、ずっと生き生きして、切れば血も出る、と思う。

病気に関して、ネットで調べるうちに、たいへんな手術や闘病や介護の体験の詳細な記録を、懇切丁寧に日記で公開している人の文章をいくつも読んで、本当に頭が下がった。当事者の、本物の体験ほど、聞くに値するものはない。

2月19日

フィギュア。高橋Dの転倒して立ち直った時の一瞬ふわっと陶酔したような顔に惹きつけられた。

あと、すごく印象に残ったのは、フローラン・アモディオとADSL。どちらも勢いがすごい。眼を見張る新鮮さ。ネットでは、Pチャンの採点問題が話題になっている。カナダは、Pチャンでなくてケヴィン・レイノルズを出しとけばよかったのに。ケヴィンは、まるで子鬼。妖精。あの異様に細長い手足。Pチャンよりずっとシャープで、4回転もできるのに。

星状神経ブロック注射4回目。

|

2010年2月16日 (火)

肩こり麻酔 / 感覚

2月15日

星状神経ブロック注射の3回目。気温5度くらいで、雨なので、すいていた。金曜に注射したけれど、まだ肩こりがつらいので、一番痛い局所に注射する相談をしてみた。まず、頸椎のレントゲン撮影。(極力レントゲン(被曝)は嫌だけど、しかたない・・・)意外にも首はまっすぐだと言われた。

左の首の付け根など、左4か所、右3か所の、今日一番痛いところに印をつける。針を刺した瞬間、「いたたたたた!!」と声が出た。もろにビリッと痛かった。アンダーシャツも、額も汗でびっしょり。その後、右の首の咽喉側へ星状神経ブロック注射。これは、ほとんど痛くなかった。30分後、左肩を右手で揉んでみた。完全に凝りの痛みがなくなっているわけではない。しこりもある。でも、いつもよりはリラックスしている。

血管をリラックスさせて、悪い物質を代謝させて治す、と聞いて、そのあと、ゆっくりお風呂に入りすぎ、汗(電解質)を出しすぎたせいか、夜、手足とも何回もテタニーが来る。すぐ牛乳とアルファロールを飲んだら治まった。よくやる失敗だが、お風呂で強く患部をごりごり押しすぎたかもしれず、注射した筋肉(特に左)が鈍く痛い。

2月14日

今までWordをちゃんと学習していなかったのだが、リボン、タブ、グループ、コマンド、クイックアクセスツールバーなど、初めて概要を読むと、なんて自在なのだろうと思い、面白くてたまらない。

私は、実際は、こういうPCのツールが相当すきなのだと思う。機械的な操作そのものというより、感覚的なものを、厳密にするための、過程の変化を目の当たりにするのが好きなのだ。その際、やっぱり、これしかない、というものを探して、あれこれ自由に試したいと思う。人にやってもらうと、すごく悪い気がして緊張してしまうので、ひとりで気兼ねなく思いっきりやれるのは楽しい。

手書きで書きためていた文章をWordで編集していたら朝になってしまった。

私は、絵でも、写真でも、映像でも、自分の(記憶の)感覚にぴったり合うように、微調整するのが好きだ。それが何となく「違う」と感じると、どうしても我慢できない。考えすぎてわからなくなった時は暫く放って置く。何気なくぱっと見た時、自分のつくったものであることを忘れて、すごくいい、と思えたら、やっぱり、いいのだ。

特に重要だと思うのは何に関しても、フレーミングである。次に微妙な色。

2月12日

星状神経ブロック注射2回目。左側に打ったら、打ったあたりが痛くなってしまい、起き上がろうとして左の胸鎖乳頭筋がビリッと突っ張る。結局2時間くらい横にさせてくれた。クリニックのスタッフは、皆親切である。完全に凝りがなくなるわけではなく、一番ひどい時よりはましだが、普通には凝っている。やはり、首を動かすと左の首の付け根(一番凝っているところ)がビリッと来る。

2月9日

気温21度。母を病院に連れていくはずだったが、また来週に変更。暖かいので、久しぶりに母を連れて歩いてみる。

近くの満開の白梅の、枝分かれの起点に、きじ猫が登っていた。歩いて行く先々で、色んな猫に会う。全身にお日様を浴びている。

南天の葉が赤く色づく植え込みで、「これ、雪じゃないの?」と言って、土によごれたかき氷のようになった解け残りの雪を見つけて、杖の先で潰していた。

大根,人参、蓮根、自家製の鰯のつみれ、魚河岸揚げ、蟹と鱈の練り物の煮物。けっこう食べてくれる。

ちゃびは、2月4日、7日、9日(今日)、朝のトイレに加え、トイレ以外でもトイレ。つまり、食欲復活。

|

2010年2月10日 (水)

交感神経ブロック  / ちゃび復活

2月8日

自律神経失調(過緊張、ひどい肩凝り、動悸など)の相談で近くのクリニックに行ったら、首の交換神経をつかさどるところに局所麻酔を打つ治療を勧められた。首に針を打つと聞いて、なんとなく、咽喉のほうに針が貫通してしまうような恐怖イメージが湧いてしまうのだが、医師(副院長)自身も体験して、4回で肩凝りが治った、と聞き、非常に興味が湧く。せっかくなので、一度体験してみることにした。

首の鎖骨の少し上の、頸動脈の奥の頸椎の横に5mlのキシロカインを注射。「場所が怖い!」と声が出てしまったが、「だいじょうぶです。まかせてください。」と言われる。その数秒後にはもう、終わっていた。

筋肉に打っているのではないのだが、そのあたりに2秒くらい鈍い痛みが走った程度。そのあとすぐ、ほわ~~っと顔が熱くなってくる。そして、いつも、ものすごい力で勝手に緊張させられている肩と首と背中の筋肉が一気に緩んでいくのがわかった。

30分寝ていてください、と言われる。処置室の小さなベッドの上で、なんとも言えない解放感を味わった。30分後、凝ってつっぱている部分が完全に無くなったわけではないが、いつもよりは、明らかに柔らかくなった感じ。頭(脳)は、風邪薬を飲んだ時のようにボーッとしたりしない。気分が良かった。

私のひどい肩凝りは、覚えているかぎりで小6くらいからだが、常に首と肩ががちがちで、ときどき吐き気や頭痛がするくらい強烈につっぱる。今、ほぼ毎日治療院に行っているのだが、そこの数百人の患者の中でも、珍しいくらい強烈に硬い、と言われる。きょうも治療院に行った直後に、クリニックに行ったのである。

自分の身体の過緊張が麻酔でほぐされてみたら、いつもの過緊張は全く精神的なものではなく、生理的に、身体の状態として負わされていたものだとわかる。ときどき動悸に襲われると、ものすごく不安になる気がするのだが、動悸も無くなれば、何があっても、ただやれるだけやるだけ、と思えた。身体が安静になれば、考えすぎの不安も無くなるような感じがした。あと3回くらいは受けてみたいと思う。

ネットで調べたら「星状神経節ブロック」というものらしい。

2月4日

ちゃび復活。トイレ以外のところで日に2回目のトイレする。つまり、朝のトイレだけでは足りないくらい快食。

はしゃぎかたにもいつもの暴力性が戻ってきた。元気で、生き生きと、はしゃいでいてくれたら(変なところでトイレされても)、それだけでいい、と思う。

|

2010年2月 5日 (金)

眼 言葉

2月2日

母を病院に連れて行くはずだったのだが、母が食事をしてしまったので、だめになった。(また、予約延期。)

きのう煮て持って行った人参,大根、牛蒡、厚揚げ、ガンモ、ハンペン、ツミレ、生タラコの煮物。一時期より食欲はずっとあるようだが、薬をほとんど飲んでいないので(飲み忘れ)困った。

きのうの雪がまだ残る細い路地に、白梅が満開だった。この梅の木のある家には、トパアズとブルー・サファイアの眼の福猫ちゃんがいるのだ。

疲れて8時くらいに眠ったら、11時に眼が覚めてしまい、朝の7時くらいまで、ずっと文章を書いていた。眼で見たものの、色と質感を表す強靭な言葉をさがして、神経が高ぶった。以前、自分が書いていたようなやり方では、(強度が)足りない、と思うので、背中から首のあたりが、がんがんしてくるのだ。

1月31日

きょう、市村弘正さんと茅ヶ崎であうはずだったのだが、市村さんが風邪でだめになった。

この日のために、いろいろ話すことを考えていたので、ちょっと、がっくりくる。

|

« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »