« 市村弘正  /  母の怪我  | トップページ | ミモザ »

2010年3月11日 (木)

ドイツ  /  母の怪我(頭)

3月10日

東京語大のI先生と会う。

お忙しいところを抜けてきてくださった。私のほうはひどく緊張していたが、率直で、心ある先生だったので感激。

これからどうなるかわからないが、作品に心血を注ぎたい。

3月9日

母がきのう、また転倒して、今度は頭を3針縫ったというので、びっくり。午前中、外科に連れて行く。みぞれの降る寒い日。頭と言っても、首に近い後ろ頭だったので、大事には至らず。とりあえずほっとした。

夜、雪になる。

アガンベンの「アウシュビッツの残り物」を読み始める。言葉を精確に分類していく(知識人の)言葉でなく、リアルに近づくための言葉、自分の中のなまなましい「証言」の言葉を探したい。そのためには、むしろ言葉はあいまいになるはずだと思う。

|

« 市村弘正  /  母の怪我  | トップページ | ミモザ »

絵画」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

芸術」カテゴリの記事