« 若林奮 /  収奪 | トップページ | 若林奮 Dog Field »

2010年6月26日 (土)

「シャティーラの四時間」  /  柏葉紫陽花 枇杷

6月26日

「シャティーラの四時間」を読んでいる。パレスチナに関するジュネの書いたものを読むのがちょっと不安だったのだが、不安を裏切る素晴らしいジュネの文章とインタビューでの「言葉」であった。まどろっこしい学者とはまったく違う、ジュネそのものの言葉。

文学者にもいろいろいるが、ジュネは、「眼」を持っていた。だからジャコメッテイとも気持ちが通じた。ジュネは言葉でアリバイ工作をして正しいことを平然と言う人たちとは違う。ジュネは信頼できる。

6月25日

昨日歩きすぎたために腰痛、背痛、肩痛。

石屋のおじさんが、枇杷の樹の高いところの蜜柑色になった実を高枝切り鋏で採っていた。地面に散らばったものを三つもらった。おじさんに樹について問いかけたら恥ずかしそうにしていた(昔の職人さんらしい人だ)。もう何十年にもなるが、肥料もやらないで自然にたわわに実っているそうだ。

雨を恋い、紫陽花の濃い瑠璃色の花玉と白の花玉の間を雨昼顔の蔓が縫って行く。

6月24日

鵜飼哲さんからジャン・ジュネの「シャティーラの四時間」が送られてくる。

3時過ぎに出かけて、母を外科に連れて行く。検査のためのレントゲンだったが、以前転倒した時に肋骨を折っていたことが判明する。

そのあと新宿まで歩いて出る。西新宿のビルの庭は柏葉紫陽花(カシワバアジサイ)で埋もれていた。緑がかった白い円錐花序がひんやりした感じを与える。

ヨドバシカメラで英語もできるコンシェルジユさんに説明を聞く。

|

« 若林奮 /  収奪 | トップページ | 若林奮 Dog Field »

文化・芸術」カテゴリの記事

植物」カテゴリの記事

絵画」カテゴリの記事

」カテゴリの記事