« 三善晃 / 梔子 紫陽花 | トップページ | 毛利武彦  / 大野一雄追悼の会の山百合 »

2010年7月18日 (日)

大野一雄の会

7月17日

「ブラヴォー!大野一雄の会」。大野先生を思い、感謝を捧げる会。

6月にこの会のことを伺ってから、ずっと緊張しながらこの日を待っていた。この日、自分の身体がどういうふうになるのか、心配もあり……

3時すぎに家を出、5時前に着いた。水辺のホール。写真、ポスター、衣装の展示。今さらながら、衣装が奔放で妖艶で素晴らしい。今にも生きて踊り出しそうだ。

展示を見ているとき、まだ、大野一雄先生が亡くなったような気がしなかった。いつもの展示を見ているようだった。だから、懸念していたように、どうしようもなく悲しみにふさがれてしまうことはなかった。

献花のための鮮やかなガーベラを渡されて、祭壇の前に進む。

(右側席から見た祭壇)真ん中に山百合。手前に黄色の百合。紅色の百合。

Simgp2887

Simgp2886

(左側席から見た祭壇) 祭壇の上のドレスは深い牡丹色のシフォンの上に海老茶色のシフォンを幾重にも重ねた鮮やかなスカート。(アルヘンチーナ頌の衣装)。

Simgp2893

献花をするとき、中央の写真を見て、少し心が動揺した。大野一雄先生は今どこにいるのだろうか? 

献花の時の花は、いつも、白は嫌だと思う。この日、渡されたのも、(白いのもあったのに)私のはマゼンタピンクの花だったから、ほっとして、渡してくれた人に感謝した。

そのあと、また会場を回っていろいろな展示や、弔電などを見ていた。(ちなみに、私の弔電も約30の展示弔電の中に選ばれました。)

笠井叡さんの奥様、久子さんと久しぶりにお会いでき、お話しできた。お元気そうで良かった。

6時近くなって、席に座り、緊張してきた。(6時から献杯があるのです。)左側の前の方の席に座っていたら、すぐ前に大野慶人さんが控えていらして、慶人さんの黒いスーツを見ると、胸が痛くなる感じがした。

6時になり、細江英公さんのお言葉「大野先生に向けて」があり、そのあと、慶人さんの舞踏(大野一雄先生の姿の指人形を踊らせる)があった。

1曲目はマヘリア・ジャクソンの「I blieve」。2曲目はプレスリーの「好きにならずにいられない」。(この歌は慶人さんのお兄さんが歌われた。)くしくも、私の個展のときに踊ってくださったのと同じ曲目であった。思いが溢れてきた。慶人さんの張りつめた真剣なまなざし。細かく震えながら命を躍動させる指人形。つーっと涙が流れた。終わった時、会場から、ブラボー!の声があがった。すごい拍手。

Simgp2894

Simgp2901

アルヘンチーナ頌、第一部のデヴィーヌ(ジャン・ジュネの、糞尿の海にはまって死んだ老男娼)の衣装。

Simgp2920

大野一雄先生ご愛用の椅子。椅子の上に座椅子が乗っていた。

Simgp2909

日本伝統文化振興財団のディレクター(ポール・グリフィスの『ジョン・ケージの音楽』の翻訳者でもいらっしゃる)堀内宏公さんとも初めてお会いした。感じのよいかただった。

Simgp2904

会も、もう終わりに近づき、慶人さんと、スタッフのかたにご挨拶に行った。名前を言うと、スタッフのかたが、驚いたように、お渡しするものがあるので、ちょっと待っててください、と言われた。なんだろうと思って受付の方に行くと、『大野一雄 稽古の言葉』の本を出されて、ページをめくると、本扉の裏に大野一雄先生の私宛のサインがしてあった。

「これが見つかったので…」と言われて、もう耐えきれずに泣いてしまった。

1997年の本である。いつ書いてくださったのか。わからない。ありがたく、何か消えないもの、生命としてずっとつながっていかざるを得ないものを感じた。

Sdsc04027

それから、慶人さんのところに、もう一度お礼に行った。「一雄先生は、長生きされたと思うんですけど、それでも、好きすぎて、まだ信じられません……慶人先生、どうか長生きしてください。本当にありがとうございました。」とやっと言って、恥ずかしいけれども、このときは我慢できずに嗚咽してしまい、慶人さんの肩に顔をうずめるような感じになってしまった。慶人さんは「ありがとう。ありがとう。」と噛みしめるような感じで言ってくださった。涙と鼻水でぐちゃぐちゃになってしまった。

Simgp2916

泣いた顔の記念写真。アルヘンチーナ頌のポスターと。

Simgp2923

NYKホールの入口に咲いていた朱の鬼百合。祭壇の上に飾ってあった山百合をいただいて帰った。家に着いたらすぐに氷水に活けた。いつまでもずっと百合の香りが消えなかった。(写真は全てクリックすると大きくなります)

|

« 三善晃 / 梔子 紫陽花 | トップページ | 毛利武彦  / 大野一雄追悼の会の山百合 »

文化・芸術」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

身体」カテゴリの記事

舞踏」カテゴリの記事

大野一雄」カテゴリの記事