« 4月10日 高円寺反原発デモ  | トップページ | 大道芸 雨 木香薔薇 »

2011年4月26日 (火)

4月24日 反原発デモ / 東電・保安院合同会見

4月26日

反原発のためのプラカード

Sdsc05272

マイン・マーラーH.Jによる「死と乙女」の変奏、の変奏。(BGMーHuman Expression)

Sdsc05270

本日はチェルノブイリ事故から25年目にあたる日。

きのうときょう、5時からにこにこ動画で東電と経産省・保安院と内閣府・安全委員会の合同会見を見る。これまで昼の1時頃と夕方6時頃、東電の会見は保安院と別にやっていたが、25日から合同になった。

連日、4時間の長丁場になり、PCを見ているだけで腰が痛くなる。

安全委員会は専門家が出席せず、担当の広瀬研吉(内閣府参与)のおそろしくだらだらと理解しがたい話しかたに唖然、慄然。

人命に関わる急を要する質問に対してまったく意に介さず、要点をはずし、答えにならない答えを長々とゆっくりしゃべる。相手の必死さに対して徹底して他人事。

このやりくちには私の身体の記憶に覚えがある。

いくら責められても自分は安全な場所にのうのうとして他人事。質問に対して答えないでずれた決まり文句だけを繰り返す。自分の気が進まないことは、やりますと口で言うだけでいつまで経ってもやらない。サボタージュのうちに逃げ切れると思っている。

逃げとごまかしのうちにずるずると時を過ごすやり口。決して本質に向き合わないようにかわすことが習い性の自己保身。そうやって地位を守って生き延びてきた。

体験として、こういうやり口の知識人にあったことがある。それも一人や二人じゃない。その人の自己保身の慢性的な身体反応になっているから、「わざと」でも「無意識」でも、もう同じことだ。

細野豪志も(原発の収束の見通しが)「夢」と発言するなど、浅薄で勉強不足なだけでなく恐ろしく不用意な馬鹿じゃないかと呆れた。

4月24日

芝公園23号地集合の反原発デモに行ってみる。(チェルノブイリ事故の4月26日にあわせたデモ)

神谷町から歩き、ちょっとわかりにくい場所だったが、警察の人員輸送車と警官がたくさん集まっていたので集合場所を発見。

集合場所ではたくさんののぼり。市民団体や組合や党派の旗。

Sdsc05281

プラカード作って来なかった人には印刷物を配布してくれた。(私は自作のを持って行きました。)

Sdsc05282

後の報道で4500人と知った。昨年、同じデモでは100人くらいだったそうだ。

Sdsc05283

Sdsc05284

芝公園を出て、経産省別館の前を通り、中部電力東京支店前を通り、東電の前でアピールし、常盤橋公園で流れ解散のコース。出発の時点で200人くらいずつに団を切られる。私はとりあえず、前から4つ目くらいの団の最後列にくっついて出発。

途中、日曜で人のいないオフィス街を通るのはさみしかった。後ろの団の先頭の拡声器を持っている人から「WE SHALL OVER COME」を歌いましょう、という声を聞いてがくっとなる。あまりにも昔風のシュプレヒコールでちょっと・・・自己満足と言うのか凡庸の紋切り型と言うのか。4月10日の高円寺のデモのほうが気迫はあったと思う。やはりグループでなく、個の集まりで、自由な気風のほうが。

数寄屋橋から東電前のシュプレヒコールでちょっと盛り上がった。日曜だが東電ビルの高い窓の明かりはついていた。

Sdsc05287

歩道のきわでオリジナルの横断幕(チェルノブイリの奇形の子供と東電社長の顔のショッキングなデザイン)でアピールする人

Sdsc05289

Sdsc05292

警官がいっぱい。列を横にはみ出す人がいると7,8人の警官がすぐに駆け寄る。

Sdsc05291

最後の団には、高円寺のデモで見たピエロの扮装の人たちや歌を歌う人たちがいた。やはりノンセクトは一番後ろの団だったようだ・・・。

どんなアピールをするか、どんな局面でアクションを起こすかは人それぞれだが、今はそれぞれ、何か行動を起こすときだと思う。

このデモの前日、ドイツのシュピーゲル紙が日本の子供に対して高すぎる放射線被曝量の基準値を確定したというニュースがTwitterで回って来た。

1年で約20ミリシーベルト、これはドイツの1人の原発作業員の最大値と同じである。

http://www.twitlonger.com/show/a1bk9a

この20ミリシーベルトだけはどうしても阻止しないといけない。子供の被曝の感受性に対して、これはもう狂ってる。

|

« 4月10日 高円寺反原発デモ  | トップページ | 大道芸 雨 木香薔薇 »

文化・芸術」カテゴリの記事

絵画」カテゴリの記事

身体」カテゴリの記事

原発」カテゴリの記事