« 震災 原発 動物 人間中心主義 肉食 アガンベン | トップページ | 4月24日 反原発デモ / 東電・保安院合同会見 »

2011年4月11日 (月)

4月10日 高円寺反原発デモ 

4月11日

4月10日の高円寺反原発デモ。

すごかった。この1か月、ずっと恐怖と怒りで苦しんで悩んできたが、胸に希望が灯る一日、最高のデモだったと思う。

何よりも組織や労組でなく、口コミやTwitterで、デモに初参加のたくさんの人を含む、多様な個が集まったこと、お仕着せのやりかたじゃない自由な雰囲気のデモだったことはすばらしい。そしてたぶん主催者の企図をはるかに超えて、あらゆる未知の広がりが起こっていった。

元気な若者もシャイな若者もたくさん。ご年配のかたも、車椅子の人も、外国人の人も、小さな子供を連れたお母さんも、乳母車の中で眠ってる赤ちゃんもいた。かわいい犬も一緒に行進した。

奇抜な仮装をしたい人はし、手作りのプラカードを持ちたい人は持ち、声をあげたい人はあげ、黙ってついて行きたい人は黙ってついて行った。それぞれのやりかたがすばらしかった。

プラカードや旗にも個性的なデザインのものが多かった。メッセージはシンプルで切実なものだ。「子孫を残したい」「子供を産みたい」「ちっちゃな子がかわいそう」「金より安全」「おいしい水道水が飲みたい」「ライフスタイルは変えてもいい」「原発はシャブ」

正直、10日くらい前に高円寺反原発デモのお知らせがTwitterでRTされてきたとき、いきなり「30万人デモ」と書かれていたので「?」と首を傾げた。松本哉のブログとHPをチェックして、本当に真面目なものなのだろうか、とちょっと懐疑的だった。

翌日、北中通りの本人のお店にも行ってみたけれど、そんなポスターもなかったので、とりあえず慎重を期して、自分のRTを取り消しておいた。

当日の様子を見て参加を決めることにして待機していた。

3時頃、南口の公園に向かう道の途中でスタートしたばかりのデモ隊と出会った。片側の道路いっぱいのデモ。すごい数の警官。先頭を行く警察車両の上から高い声の警官が「4列に並んでください。守らなければ主催者が逮捕されます。」と大声で叫んでいる。

列の中に、ボスニアから流れてきた運動家の友人を見つけた。「Sulejman ! Sulejman !」と叫んで追いかけたがものすごい音にかき消されてしまう。彼が振りかえって、私のところに笑顔で駆けて来た。「参加してよ!」と言われてそのまま列に加わる。

「また会えてうれしいよ!」と再会を喜び合った。「あなたは外国に逃げるのかと思った。」と言うと「いや、行かないよ。だいじょうぶだよ。」と言った。「アイルランドから来たジャーナリストのDavidは?」と聞くと「彼はきょう、芝の浜岡原発のデモに行ってる。」と言われて涙が出た。「彼、アイルランドに帰らなかったんだ・・・」

そこからしばらくSulejmanと石原都知事批判や原発について話ながらデモ行進した。話ながら勇気が湧いてくる感じがした。まわりにはこまめに取材している外国人ジャーナリストの女性もいた。私の日本人の友人も一緒にデモに加わった。

4月10日高円寺反原発デモ

Sdsc05187

Sdsc05188 Sdsc05193

Sdsc05194

Sdsc05198

Sdsc05203

先導する車の上からの激しい叫びと演奏に歓声があがる。

Sdsc05204

Sdsc05208

Sdsc05215

Sdsc05216

Sdsc05218

私の友人は学生時代の経験を生かして、列の後ろのほうでシュプレヒコールを先導して声が枯れた、と言った。誰かが声を上げないと皆やりかたがわからない。それも強制でなく自主的で自由な(てきとうな)やりかたで。

東高円寺を周って5時頃高円寺駅についた。「流れ解散してください!」とひっきりなしにスピーカーから指導されているが皆なかなか立ち去らない。めまいがするほどおなかがすいたので、友人とおそばを食べた。そういえば今日初めての食事だ。

興奮しながら語りあって、そばを食べ終わってまた6時すぎに駅に出てみたら、まだまだこれから続々と後からの団が到着しているところだった。

Sdsc05231

「只今、第六梯団が到着します。皆さんと主義主張を同じくする人たちです。すみやかに道を空けてください。流れ解散してください。」と警官がスピーカーから叫んでいる。

「第六梯団てなに?どこかほかの場所から合流したのかな?」と友人と話していたら、やはり最初のほうの列で1時間以上前に戻って来た人に声をかけられた。「芝公園からじゃ遠すぎて歩いて来られませんよね。なんだろう?」

Sdsc05232

暗くなっても続々と駅前に到着。高まる熱気と興奮。

Sdsc05235

まだまだ続々と来る。

Sdsc05238

「きょうは15000人集まりました!アルジャジーラも来ました!」という主催者の声に歓声。

Sdsc05240

まだまだ。たくさんの人、人、人

Sdsc05244

Sdsc05248

Sdsc05258

旗には話題のプルトくんの姿も。

Sdsc05262

駅前の広場は笑顔で溢れた。

Sdsc05264

Sdsc05265

忙しく立ち回る主催者側の人をやっとつかまえて聞いてみたら、ほかからの合流ではなく、全部、2時に高円寺南口公園に集まった人だそうだ。信号待ちなどで10団くらい(?)の梯団に分かれたそう。車は2台に分かれてそれぞれ違うグループの演奏をした(天ぷら油で電気をつくったとネット上のお知らせに書いてあったと思う)。車上以外にもいくつか電気無しの演奏グループが団の間にはいって演じたそう。

2時に集合して、あまりに人が多すぎて、隣の駅まで練り歩いて帰ってくるのにこんなにも時間がかかったことに感動!主催者にも全容がつかめないほどの盛り上がりと熱気。本当にこれは画期的なことだったと思う。

ガスマスクと防護服の人に話しかけている子供

Sdsc05228

駅で、通りがかりの人に「なんの集まりですか?」と声をかけられた。「反原発のデモです。」と答えると「あら、私も知ってたらぜひ参加したかったわ。私も原発事故から毎日泣いてたんですよ。パソコンは始めたばかりなのでTwitterもまだよくわからないんで。」と言われた。ネットをやらない人達にも宣伝したらもっと盛り上がると思う。

帰宅したらすごい筋肉痛。心地よい疲れ。高円寺反原発デモのきょうの体験を個々が持ち帰り、これが次に繋がるひとつのきっかけになればと思う。

|

« 震災 原発 動物 人間中心主義 肉食 アガンベン | トップページ | 4月24日 反原発デモ / 東電・保安院合同会見 »

ニュース」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

写真」カテゴリの記事

社会」カテゴリの記事

原発」カテゴリの記事