« 4月24日 反原発デモ / 東電・保安院合同会見 | トップページ | 世界フィギュアスケート選手権2011 高橋大輔 ケヴィン・レイノルズ »

2011年5月 1日 (日)

大道芸 雨 木香薔薇

5月1日

また「海の夢を見た。海辺で、必ず夢中で貝殻を拾っている。黄色や朱色のヒオウギガイ。白く細いツノガイ。薄くて脆いサクラガイ。

海の夢を見て眼が覚めた。

「雨が来るよ!」と声がする。「女の子のおっきな兎さんだよ!」とマネキン人形を見つけたちっちゃな子供が叫ぶ。毎日、生の花を生けた硝子瓶を路上にじかに置いている小さな珈琲屋。今日の花はル・レーヴ(夢見る)という名の薄紅の百合と白いコデマリ。
大道芸で賑わっていた町に春の暴風雨。蝠の羽とザンニ(ベネチアのカーニヴァルの不気味なお面)の嘴を持ち頭から煙を吐く3mの巨人や、サーカスから抜け出てきた極彩色の旅芸人は散ってしまった。
人気のない裏通りの小さな公園に咲きかけのジャスミンの蔓とクリーム色の木香薔薇が香っていた。
Simgp3243
発明した大きな翼で空を飛ぼうとするnani-soreさん。
Simgp3244
片隅の忘れられた階段の、去年の立ち枯れ。
Simgp3231
大好きな野襤褸菊。
Simgp3234
一眼レフで撮っていないのでわかりにくいが非常に風情のある花。
Simgp3235
生まれた家のすぐ近く。西新宿十二社(じゅうにそう)の交番前。毎年見慣れた欅並木。
今年は若葉が開くのが早かった。
Simgp3232
かまってポーズのちゃび。
Simgp3238_2
東京にも核実験時代(ピークは1963年)と同じレヴェルの放射能(通常の1万倍)が降っているという。3月15日の1日で1000マイクロシーベルト浴びた計算になると小出さんが書いていた。
もう、心から伸びやかな呼吸をすることができない。決して気持ちが解放されることはない。
けれど東京が好きだ。新宿の雑踏も、高円寺の細いごちゃごちゃした裏道も。たくさんの古着屋や雑貨屋。若者と老人がたくさんいる町。

|

« 4月24日 反原発デモ / 東電・保安院合同会見 | トップページ | 世界フィギュアスケート選手権2011 高橋大輔 ケヴィン・レイノルズ »

文化・芸術」カテゴリの記事

植物」カテゴリの記事

写真」カテゴリの記事

絵画」カテゴリの記事