« 日隅一雄 / David / 表現 | トップページ | 表現 »

2012年1月31日 (火)

日隅一雄連続対談 「審議会が本来の機能を取り戻すために」

1月30日

日隅一雄連続対談の2回目×青山貞一「審議会が本来の機能を取り戻すために」を聴きに岩波ブックセンターのビルへ。

6時開場だが友人Yと一階の岩波ブックセンターで4時30分に待ち合わせた。ちょっと早すぎたみたい。3階には、まだ廊下に撮影スタッフの人が二人いるだけで会場のドアさえ開いていなかった。

座るところもなく一階の本屋に一度戻って少し本を見てからまた3Fの廊下で待っていたら、主催者の弁護士さんたちから「寒いのにすみません。」と言われ、ちょっと早いが5時30分くらいに中に入れてくれた。

本物の日隅さんを眼の前にしたら、それだけですごくあがってしまった。日隅さんはものすごくお尻のあたりが細くて、始まる前に少しお腹をさする仕草をしたので、痛いのかな、と心臓がどっきんとしたが、顔色は明るくきれいに見えた。友人Y(彼はPCもケイタイも持っていないので日隅さんの顔も声も知らず、私が熱弁するので興味を持ち一緒に来てくれた)が「彼、(思ったよりずっと)若いんじゃない?」と言った。

Sdsc06277

この後ろの題字はNPJ代表の梓澤和幸さんが書いたそうだが、気骨とともに日隅さんに対する濃やかな情が感じられる素晴らしい字だった。

Sdsc06280

青山貞一さんのお話は具体的な経験に基づいていて、テンポが速くわかりやすかった。まったく知らない世界について具体的な説明がどんどん出てくるので興味がそれなかった。現在、かつて実社会を遠巻きから批判していた知識人(と呼ばれた人々)が実社会の中に囲い込まれ、利益をともにしている、それに加えてマスコミも利益構造の一員となり、政・官・業・学・報のペンタゴンとなったという話。

日隅一雄さんは青山さんのお話で問題意識を持つことができた、それを少しでも広めてください、というようなことを言った。質問者は二人だったが充実した質疑応答だった。「日本では技術が発展して労働が集約されたはずなのに仕事が減らない。総務省は賃金の出る残業しか統計をとっていない。サービス残業を換算したら日本はすごい。社会活動ができないのは当たり前。夜10時11時に帰宅してからNPOに行ってくるなんて言ったらどこのNPO?って言われちゃう。家庭不和のもとになる。」と日隅さんが言って皆が笑った。

まとめで、NPJ代表の梓澤和幸さんが、4年以内に70パーセントの確率で起きる首都直下型地震のときに、東海原発がどうなるか、どう対処するのか監視しなければならないという発言とともに、日隅一雄さんに熱い拍手を!という言葉をあまりに熱い大きな声で叫んだので涙が出そうになった。(ここらへん、心が動かされて精確な記憶で書けないので後に動画で言葉を確認したい。)

そのあと日隅一雄さんにサインをもらおうと並んだ人達がいた(ほとんど女性!)ので、自分も並んだ。お口が「ひ」という字なんですね。

Sdsc06292

「ひ」の字の口の表情が変わると顔が変わる・・・

Sdsc06294

そのあと場内が暗くなって、ハッピーバースデイのサプライズがあった。

Sdsc06283

日隅さんがろうそくを吹き消す貴重な瞬間、私だけがシャッターを切っていたみたい(?)。

Sdsc06284

日隅一雄さん きょう1月30日49歳の誕生日だそう。 おめでとうございます。(同じ水瓶座でうれしいです・・・)

Sdsc06285

日隅さんのためのケーキはマクロビオティックの豆腐でつくったものだそう。やっぱり笑顔がすごい。理知とパッションと行動力の凄みと同時にシャイな柔和さに驚く。49歳の誕生日の笑顔を間近で撮れてすごく嬉しくて胸がいっぱいになった。

Sdsc06286

Yは私の話から想像していたよりも「実際の日隅さんがはるかに柔軟な人物だったので驚いた。」と言った。「もとはシャイな人なんだとわかる。すごく魅力はあるよ。」と言ったので「私がすごく好きだ好きだって言うだけはあると思った?」と聞くと「思った。」と言った。

ペインコントロールを工夫しても痛みで夜睡眠不足だったりするようには見えない。疲れや苦痛を外に見せないあの凄さはなんなのだろう。

1月25日

S社の人と新宿で打ち合わせ。

|

« 日隅一雄 / David / 表現 | トップページ | 表現 »

社会」カテゴリの記事

原発」カテゴリの記事

日隅一雄」カテゴリの記事