« 吉岡実 『土方巽頌』 | トップページ | 高橋大輔『月光』  浅田真央 »

2013年1月31日 (木)

チューリップ(モンテ・オレンジ)水彩素描 

2月7日

ここ2週間ほど日を追って描いていたチューリップの素描(クリックすると大きくなります)。時系列は上から順番。

オレンジの八重のチューリップはモンテ・オレンジ。少し花弁が尖っている赤の八重のチューリップは、名前不明。全部で10本。

1月24日の開きかけ。チューリップは同花被花(萼と花弁の区別のはっきりした異花被花に対し、萼と花弁の区別のない花。内側3枚の花びらが花弁で外側3枚が萼)。

特に八重咲きやパロット咲きのチューリップには、萼のような葉のような花びらのようなものがついていることが多い。そういう奇形に美しさを感じるので、そういう個体をよく選んで買っている。(画像はクリックすると大きくなります)

Sdsc00660

チューリップの花の裏側のツヤとガラスのように張った感じ。

Sdsc00665

モンテ・オレンジと赤い八重のチューリップの正面。花弁に雄蕊がくっついていたり、花弁だが蕊だかわからない状態に混じったもの多数。

Sdsc00669_2

花びらが開いて逆反りになって少しつっぱったような力の線に美しさを感じる。

Sdsc00674

つっぱった力がしなだれてきた頃。個体によっては乾いて縮れてきた。

Sdsc00676

かさかさ、ぱらぱらになった頃。

Sdsc00677

夕方N病院へ。3Fのリハビリ病棟に移ったと聞いて、快復に向かったのかと期待したのに個室にいて鼻から酸素吸入していたのでショックを受ける。朝10時に移動させてから顔が真っ赤になり、心筋梗塞かと思ったが、血圧が188まで上がっていた、あとは脳にも血液にも異常なし、と言われた。

私が着いた時にはしっかりしていて、私に「起こして。」と言った。私の手を両手で握って、「かわいそうに氷みたい。代わってあげられればいいのに。私は寝てばっかりいるから温かいのに。」と言った。

食事の許可が出たので食べさせるが、クリップみたいなもので指に留めている酸素濃度を計測する機械の数値が95まで下がったら呼び出しボタンを押してください、と看護師さんに言われる。

食事中、なんとかおかずと林檎のすりおろしを食べたが、途中で眠ってしまう。そのあと少し譫妄。食べ物が口に入ったまま起きないので看護師さんに言うと、強く起こしたが起きないので口の中に棒の先にスポンジが着いたものを入れて掻き出そうとしたが口を開けない。チューブで吸引しようとしたが嫌がる。そのあと一瞬眼が開いたのでお茶を飲ませてなんとか口の中の食べ物を嚥下させる。

2月6日

雪は予想より少なく、雨に変わった。寒い日。駅の向こうの花屋に行く途中で耳がキンキンに冷えてズキズキした。

八重のピンクのチューリップ(フラッシュポイント)と白地に紫のすじのはいったチューリップ(フレミングフラッグ)を買う。

2月5日

N病院での介護認定に立ち会う。きょうは夕食時も傾眠で眼が開かないままだったのでどうしようかと思いながら食べさせる。カリウムとカルシウムの補給のため昆布の顆粒(無塩)を食事に混ぜる。

食事50分くらい経ってから眼が開く。急に調子がよくなり、おかゆを自分で完食。

2月4日

N病院。夕食時調子がよく、母の小さかった頃の母の両親のことなどよくしゃべる。母は麻の糸をつくって染め、機を織って着物をつくっていたこと。父はすごい根気と丁寧さをもってきめ細かい炭を焼いていたこと。父の名前の話で、母がすごく久しぶりに笑ったのを見た。

TVの画面で、小田原の海に立った大きな虹の映像を見て、「きれい」と母が言った(ここ5年くらい母がTV画面に反応したことがなかったので嬉しかった。)

2月3日

N病院。母に昔の写真を見せたら反応があった。私の赤ん坊のときの写真や母の母と5才の私が母の生家の庭の池でお皿を洗っている写真など。久しぶりに話が通じているので涙が出た。(やはり栄養不足で神経回路が悪かったのかと思う。)

夕食、1時間以上かかったが、入院後初めての完食。最後は自分でスプーンでおかゆを食べることができた。

2月2日

N病院へ。妹は、母に対して、愛情や同情や共感がないのであれば介護するふりなんてしないでほしいと思う。本人の感覚では自覚がないのだろうが。

狸小路の子猫たちが飲み屋のウィンドウの前の棚のところに座っていた。かわいがられているなら本当に良かった。

夜。K・Tに電話。気持ちが通じない人だというストレスで気分が悪くなったら、胃の下のほうが痙攣して夕食を全部嘔吐。頭痛に耐えて寝る。

2月1日

昨日歩き廻ったせいか筋肉痛。治療院ですごく硬くなっていると言われる。

6時にN病院へ。なんとかおかずのみ完食。いろいろ苦しそうでたいへんだった。

8時頃帰宅してからきょう初めての食事。きのう読んだ本につられて、柚子の香りのする天婦羅蕎麦をつくる。

1月31日

母の病室へのG歯科の訪問診療に立ち会うため、4時にN病院へ。

診療後、6時まで中野ブロードウェイをうろつく。3Fで探していた某漫画家の1970年頃のコミックスを315円で発見。あまり見たことがないレア本なので購入。その後、水木しげるのレターセットや工作キット、楳図かずおのTシャツなどを見、ドイツ製のビザーレのポストカードをチェックし、大好きなコサージュ作家の作品やミリアム・ハスケルのネックレスやローズ・オニールのQPを見、地下に降りて昭和の雰囲気そのままの商店街を見て歩いた。8段もある390円のソフトクリームや、スナックと飲み物セットで300円のお店や、いろんな鉱物結晶を売るお店を眺めて歩いた。

暮れた狸小路の蕎麦屋の横にに3匹の赤ちゃんの野良猫がいた。どうかかわいがられていますように。

6時にN病院に戻り、母に夕食を食べさせる。なんとかおかずのみ完食。

1月30日

宮沢賢治『蜘蛛となめくじと狸』から『寓話 洞熊学校を卒業した三人』への変貌。

これは生き物が生き物を食って大きくなろうとする残虐な殺戮の話だが、「なるほどそうしてみると三人とも地獄行きのマラソン競争をしていたのです。」という一行で終わる初期の『蜘蛛となめくじと狸』のほうが、私の心には強く響いた。

1月29日

母、転院。9時30分にH病院へ行き、会計清算。ケアマネのMさんが書類を届けに来てくれる。Mさんは顔中に怪我。大雪の後の凍結した上をいつものように自転車で走って転倒し、同じくH病院でCTを撮ったそうだ。介護の仕事も命がけだ。

10時に介護タクシーが来る。中川幸夫先生が住んでいた近くを通り、紅葉山下を通って中野へ。N病院まで6020円。母がレントゲンを撮っているあいだ壁に貼られたN病院便りを見ていると、反原発デモに手作り横断幕で参加しているリハビリ職員さん達の写真があった。12時から昼食を50分かけて母に食べさせる。おかずのみ完食。

そのあとピザの店で休んだが、きのう眠れなかったせいで喉を通らない。

1月27日

25日にベルリンからメールがあり、新年の挨拶とスカイプで話したいと書いてあった。忙しいので、まず用件をメールで書いてください、と返事すると返事が来ない。

他人から一方的に甘えられること、理不尽な要求をされることが、もう本当にうんざりなので、用件のみを聞くようにすることが今年の決意。

1月26日

母の夕食の介護に行くと、向かいのベッドのマーガレットさんに呼ばれ、左手にキスされた。1947年くらいに日本に来た宣教師さんらしい。

1月24日

名古屋のいずみ画廊の小山さんより藤田嗣治展のご案内に添えて丁寧なお便りをいただく。「浅田真央さんは、2年前、世界選手権で不調だった時、小塚崇彦君といっしょに食事しました。テレビで見るとおりの聖女でした。」とのこと。

1月23日

チューリップ(モンテ・オレンジ)を買う。

|

« 吉岡実 『土方巽頌』 | トップページ | 高橋大輔『月光』  浅田真央 »

植物」カテゴリの記事

絵画」カテゴリの記事

デッサン」カテゴリの記事

チューリップ」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

介護」カテゴリの記事