« 高橋大輔 ソチオリンピック | トップページ | 浅田真央、高橋大輔ドキュメンタリー / ミステリアスパロット »

2014年2月24日 (月)

浅田真央 ソチオリンピック

2月22日

「ピアノ協奏曲第二番」。仕事と私生活の挫折から、神経衰弱になったラフマニノフが精神の治療を受けながらも1900年頃に完成させた名曲。

青と黒(にマゼンタのアクセント)の放射状の光る羽のような衣装を纏い、氷の上に立った浅田真央は、その日の朝とは豹変していた。

正面を向き俯くポーズから、ロシア正教の鐘を模したピアノの重い響きと同時に、大きく広げ、振り上げる両手と両脚の動きの連動で曲が始まる。

タラソワがバンクーバーの「鐘」の振り付けの時に、何度も、「違う、もっと空間を支配して。」と叱咤していた冒頭の振り付けが重なって見える。

息をのむ緊張の中で最初のトリプルアクセルを決めると同時にピアノの音は砕け、厳かに訴えかける弦の旋律が始まる。ひとつ、またひとつと三回転ジャンプを決めていくたびに、曲は徐々にうねりの強さを増し、大きく烈しい波となる。

「鐘」の振り付けの時に、タラソワは「怖い顔をして。本当に怖い顔を。どうしたらできるの?」と浅田真央に強く問うた。ソチの浅田真央は顔の表情をつくるでもなく、闘う顔、凛と強い気迫に満ちた眼をしていた。恐怖も不安も緊張も忘れ、ただ自身の演技の中に没頭していた。

重く烈しく押し寄せてくる流れに翻弄されながら、それに抗い、掻き分け、叩きつけ、あるいは差し出し、宿命のように全身を「光り輝く忍耐で武装*」した浅田真央は、まさにこのプログラムそのものを生き抜いていた。深くニュアンスのある色彩とともに「生々流転」という言葉が眼の奥に浮かんだ。(*アルチュール・ランボー)

浅田真央の表現は誰よりも成熟していた。つなぎとして振りをやっているのではなく、ひとつひとつの音の感情を迸るように全身で描いていた。嵐に耐える若木のように、雷鳴と稲妻を喜ぶ生き物のように、跳梁する魔物のように。強靭で、豪奢で、陰影の濃い、香気のある演技だった。

ロシアの大舞台で、4年前には完璧にできなかったラフマニノフを演じ切ること。テーマは「困難に打ち克つこと」。

崖っぷちに立たされて、タラソワの振り付けた暗く重厚なラフマニノフが、この絶体絶命の危機を乗り越えさせた。息もつかせぬほど密度のある、とびきり困難で挑戦し甲斐のあるプログラムこそが浅田真央の命を輝かせた。

誰よりも力強く。最後の三回転ジャンプを決めた瞬間、バン!と爆発する炎が見えた。鋼のように硬質なピアノの響きにのって、雄々しくも絢爛に、この氷上の空間にすべてを焼き付けるように刻んだクライマックスのステップ。最後は見たこともないような速さで、怒涛の中を疾駆した。

以前と同じことではない、新しい高みに挑戦すること。最もリスキーな高難度の構成を組み、かつフィギュア史上最高の芸術性も達成すること、多くの人の心に強烈に残るプログラムを滑りきること。自分にしかできないことをすべてやりきって見せること。

浅田真央は自らの望む最高の滑りをやりきって、世界中の人の息を止めた。

・・・・

フリー当日の朝、練習の時の浅田真央は憔悴しきってまだ茫然としていて、ショックの大きさから立ち直るには時間が足りなすぎるだろうと思わせた。

しかし直前の6分間練習の時の浅田真央は本来の姿を取り戻していた。

短い時間の中で、いったいどのような「秘儀」が行われたのか。

コーチからの言葉、家族からの言葉をまっすぐに受け止める素直な心は、そのまま身体という巨大な闇をかかえ、それとつねに対峙している。彼女のみずからの身体との対話は、その核心に孤独な深い「無言」を孕んでいる。どんな言葉も尽きはてた奈落の底から、彼女は「奇蹟」のように甦った。

浅田真央の持つ意志の強さ、忍耐強さと同時に、表現者としての感受性の鋭さは脆さにも繋がるだろう。最大振り幅を生き抜くこと。それがあるから私は浅田真央の演技に惹かれるのだと思う。

浅田真央の一途さを見ていると(もちろん浅田真央は若くして世界中に認められ、多くの人に愛され、これからも幸福な人生を歩むだろうが)、自分の運命と向き合う勇気やしんぼう強さという共通点において、非凡ゆえに生きている間には評価されず、素晴らしい作品を残して不遇な生涯を閉じた過去の芸術家たちに思いを馳せてしまう。さらに、その芸術家たちの傍らに影のように寄り添う、なにひとつ作品など残さなかった、もの言わぬ人々をこそ思うのだ。

追い詰められ、崖っぷちで浅田真央の演じるタラソワの挑戦的、芸術的なプログラムは、いつも私には過去の不遇な魂の救済のように感じられた。

・・・・

また、前回のオリンピックでも強く感じたことだが、「全体主義」はよくない。私たち一人ひとりに問われているのは、自分の存在証明、アイデンティティをどこに求めるかだ。

どこの国の選手であれ、素晴らしいと感じたものを素直に素晴らしいと言える状態でありたい。

・・・・

アネモネ・モナーク(小ぶりの八重のアネモネ)。

Sdsc02648_2

アネモネと言えば一重咲きのモナリザやデカンが一般的だ。ルドゥテの描いた八重のアネモネの絵を初めて見た時、工芸品のように精緻な花だと思った。花屋で実際に手に入れることができた時には感激した。

Sdsc02644

色を記憶しながら線だけで描いた。

Sdsc02654_2

|

« 高橋大輔 ソチオリンピック | トップページ | 浅田真央、高橋大輔ドキュメンタリー / ミステリアスパロット »

絵画」カテゴリの記事

デッサン」カテゴリの記事

フィギュアスケート」カテゴリの記事