« 父のこと 妹のこと (心の病) | トップページ | 代々木 古い建物 »

2015年1月11日 (日)

西新宿 四谷

1月10日

西新宿の家の写真を撮りに行き、そのあと四谷で食事。

花町の名残り、「ホテルニュー寿」のあったところに咲いていた去年の枯れ紫陽花。レースのようにすかすかになっていて、ところどころ鮮やかに残る赤紫だ美しかった。

Sdsc04696

四谷で天婦羅を食べた後、鈴蘭の灯りに誘われて「杉大門通り」を散歩した。
Sdsc04704

ここにも花町の名残り、料亭のあった狭い坂。
Sdsc04710


Sdsc04712

「ねこと薔薇の日々」という店の上に「喝采」という店がある。
Sdsc04715

Sdsc04724

罅割れから植物がはえている古い石段に座ると、とても落ち着く。

Sdsc04725

Sdsc04728

いろいろ悩みの多い毎日だが、最近年上の方たちに励まされることが多い。

T・Jさん、S・Sさん、 S・Kさん、S・T さん、H・Kさん、T・Tさん、M・Tさん、U・Sさん、Y・Fさん、S・Kさん・・・・・・人生の先輩方に支えられている。

私は人見知りで、まったく人付き合いが多い方ではないのだが、それでもこれだけ信頼できる人たちに言葉をかけてもらえている、ということに驚いた。

本当に助けられている、と感じるのは、通り一遍のなぐさめやきれいごとでなく、非常に具体的で経験に基づいたリアルな助言だ。

たとえば「心の病」の場合、治ることは難しい、相手が身内であっても巻き込まれないように逃げたほうがいいということ。たいがいのかたが「自分の身を守ることが一番大事」と言ってくれたことは大きい。

肉親だと嫌なのになんだかんだとずるずる巻き込まれてしまい、自分が誠実に正直に行動すればするほど、相手は甘えてきて暴挙に出る傾向にある。

だから尊敬する人たちが「身内でも捨てていいのだ」と言ってくれてほっとした。

|

« 父のこと 妹のこと (心の病) | トップページ | 代々木 古い建物 »

写真」カテゴリの記事

心の病」カテゴリの記事