« 多摩の丘のヤマユリ(山百合) / 大妖怪展 | トップページ | 花輪和一 子どもの頃に親から受けたストレスと表現 »

2016年7月26日 (火)

愛しのちゃび 19歳 /  書道

7月24日

きょうは、1997年にちゃびがうちの子になってから19年目の日だ。

最近のちゃび。私の膝の上でゴロゴロ爆裂中。便秘がちだがまあ元気です。快作先生には「ジャンキー」と呼ばれている(食欲増進剤を飲んでいるから)。

Sdsc08768

19年間も一緒にいてくれて本当にありがとう。ちゃびから、どれだけ多くのものをもらったことか。これからもずっと元気でいてね。

Sdsc09194

Sdsc09194_2


Sdsc09194_3

Sdsc09195

うちに来た日のちゃび。

Ss0010

S0013

うちに来て数日後のちゃび。

S0023

S0013


S0019

S0036

S0010

S0025

7月19日に動物病院にちゃびの薬をとりに行った際に、診療時間が終わるのを待って、駅近くのお寺の脇道に子猫が数匹ぴょんぴょんしているのを見たのだけれど、野良の子猫を見つけた時にはどのように対応したらいいのか快作先生に聞いた。

「簡単だよ。ケージを持ってってつかまえて、保護して、生後2か月になったら避妊手術して。」とにっこり言われる。最低でも1kgにならないと手術できないそうだ。

正直言って今の私には体力的(紫外線アレルギー、右腕の負傷など)、時間的、経済的、今の住居の条件的に無理なので、すごく悩んでいた。

出来る範囲でどうしたらいいか、と聞くと、快作先生はその時ちょうど最後の順番で子猫を連れて来ていたご婦人に向かって「ねえ、簡単だよね!」と声をかけた。

そのご婦人はM上さんという、もう40年も野良猫の保護活動をやってらっしゃるかただった。

M上さんは谷川俊太郎さんと小学校の同級生だったという。見るからに私よりずっとずっとお元気。

M上さんは「きょう、鳥越さんが阿佐ヶ谷に来てたから自転車で応援に行ってきたのよ。」と言う。「山添拓ちゃんがしゃべってたのよ。あの子は私の孫と同い年だからすごく応援してるの。ストップ安倍でがんばってもらわなくちゃいけないから。」と。

快作先生も「鳥越さんは今ひとつなんだけどね~、でも今の選択では鳥越さんしかないでしょう。」とはっきり言われる。

「子猫がいたのどの辺?」とM上さんに聞かれ「K寺のあたりです。」と言うと「ああ、K寺ね。私、昔、自転車を盗まれてね。そしたらK寺の前の交番から自転車が見つかったって電話かかってきたのよ。」とM上さん。

すかさず「わあっ!それはご縁だねえっっ!」とアピールする快作先生に思わず笑ってしまった。

そのあと快作先生が仕事で奥にはいり、M上さんとしばらくふたりで話していたが、私が自ら労力やまとまったお金を提供できない分際で、なんとかしてくださいと図々しく人に頼めるわけもなく、とりあえずM上さんのお話を伺っていた。快作先生が奥から出て来て「どう?話まとまった?」と言われ「いいえ。」と応える。

M上さんと住所と名前を交換した。出版関係の仕事をしていたかたで「うちはね、典礼聖歌っていう本、出したのよ。」とおっしゃると、すかさず快作先生が「テンレイサンカねっ!!うんうん!」と(笑)。

そのあとM上さんと快作先生から、関わりがあったいくつかの野良猫愛護団体のメンバーの人についての雑談をうかがう。某会は自然消滅したとか、○○さんと●●は性格がきつくて、とかいろいろ・・・。

「(野良猫レスキューの)仲間になっちゃえ!」と言う快作先生に「ええ。。。性格が強い人とか、聞いただけで胃が痛くなっちゃう・・・無理ですよ私は。」と言うと、M上さんに向かって私のことを「この人は対人恐怖症だからね。」と。快作先生、ちゃんとわかってるじゃないですか。

結局、地元の野良猫レスキューのS藤さんに電話して相談したら、そのK寺のあたりは、保健所からも言われていて、近々行くつもりだったと言われた。さすが快作先生が「仏のS藤さん」と呼んでいるかただ。保健所と連携して殺処分されないようにしているのもさすがだ。

保護活動をされているかたには、本当にありがたく申し訳ない。これからちょこちょこ寄付をするつもりだ。

7月25日

書道の日。帰宅してからすぐに復習。「白砂青松」。「砂」のつくり、「少」のはらいが難しい。なぜか右の点より上からはじめる。はらいは「石」の下すれすれくらいにつけて左真横にはらうとのこと。

これは「松」の木偏の下の「とめ」ひどく失敗。
Sdsc09190

下のほうが「白」はうまくいったような気がする・・・。「青」という字が難しいです。「松」の字もうまくいかない。「公」の字、きたない。要練習。
Sdsc09192

先生の朱墨のお直しを見ていると、下手な人ほどお直しがはいるわけではなく、むしろその反対だ。

当たり前だが一流の眼から見たら、どこまでも無限にお直しがはいるに決まっている。厳しくお直しをしてくださるのはありがたいことだ。

|

« 多摩の丘のヤマユリ(山百合) / 大妖怪展 | トップページ | 花輪和一 子どもの頃に親から受けたストレスと表現 »

絵画」カテゴリの記事

デッサン」カテゴリの記事

ねこ」カテゴリの記事