« ちゅび(ぴょんすけ)の記録 9月16日 白血病検査 | トップページ | ちゅびとチョビの記録 / イタリアの旅の記録 1(9月17日) »

2018年9月17日 (月)

『デッサンの基本』 第31刷り

9月17日

『デッサンの基本』(ナツメ社)増刷、31刷りになっています(5月15日に増刷のお知らせをいただいていましたが、記事にするのが遅れました)。

自分が気になったもの、心を動かされたものを、その時その時の感覚でとらえて描く「素描(デッサン)」や「スケッチ」は、楽しくて、思い出の記録にもなります。

マチエールに凝り、何か月も描き続け、どこを「絵の完成」とするのか、それ自体に苦しむことも面白いけれど、

見ているものの変貌、自分のものの見方の変化、そうした対象と自分の身体との関係性を、もっと短い時間で紙に残すことのできるデッサン(素描)は、なお面白いと思います。

私はデッサン(素描)というものを、言語ではとらえきれないものと関わる手立て、そこに在るものを発見する行為だと思っています。

私ににとって「絵」は、生命的なものとの交接、収奪ではなく受容、静かな愛情関係であり、その痕跡です。

・・

私がチューリップを好んで描くのは、世間一般に広く浅く共有されている「チューリップ」という言葉とそこから喚起されるイメージをはるかに超えた、劇的で妖しい変容を見せる花だからです。

丸くてかわいい観念の「チューリップ」ではない、自分が体験した奇妙な生命を描きたい。そういつも思っています。

なかなか花屋に出ないチューリップ「エステララインベルト」。4月5日に購入。

Sdsc07620
(Tulip drawing, Dessin )
Sdsc07621

上が4月6日、下が5月15日のチューリップ(エステラ・ラインベルト)。萎れてかさついていくことによって、妖艶に変身する。
Sdsc07622

八重の少し萎れかけたフランスギク。
Sdsc07623

濃い紫のアジサイ。
Sdsc07625

植物の変容、緩やかな運動、微妙な色、細部の不思議に飽きることはない。

動物たちの愛らしい仕草にも限りなく魅せられ、飽きることはないです。

レッサーパンダ(ソラ。♀)の素描。ふっくら、おっとりしている。
Sdsc07626

グルーミングするソラ。しっぽが長く、しっぽの先が細い。
Sdsc07628

レッサーパンダ(ラテ。♂)の素描。
Sdsc07630

くるりんしっぽで後ろ姿がかわいいラテ。
Sdsc07631
レッサーパンダ(メイタ ♀)の素描。愛嬌たっぷり。生まれた時は男の子に間違えられていた仔。
Sdsc07632

うちの猫、ちゅびが赤ちゃんだった頃の素描。

Sdsc08005
(Cat drawing, Dessin)

Sdsc08067

うちに来た日。まだ眼が見えていなかった頃のちゅび。
Sdsc07637

おなかだけが張って、手足が恐ろしく細く、汚れていて、ネズミの子みたいだった。

Sdsc07634_2

素描(スケッチ)と同時に、画面右下にはその時のちゅびの授乳、排泄の記録をメモした。

Ssdsc07636

きょうのちゅびの素描(デッサン)。やせているが筋肉質で重く、運動能力抜群の甘えん坊。

Sdsc08063

|

« ちゅび(ぴょんすけ)の記録 9月16日 白血病検査 | トップページ | ちゅびとチョビの記録 / イタリアの旅の記録 1(9月17日) »

植物」カテゴリの記事

絵画」カテゴリの記事

動物」カテゴリの記事

ねこ」カテゴリの記事

デッサンの基本」カテゴリの記事

レッサーパンダ」カテゴリの記事