« ちゅびとチョビの記録 / イタリアの旅の記録10(9月26日) | トップページ | ちゅびとチョビの記録 / イタリアの旅の記録12(9月28日) »

2018年10月17日 (水)

ちゅびとチョビの記録 / イタリアの旅の記録11(9月27日)

10月17日(水)

きょうのチョビ。

私がここに来てから3日目だが、最初の日よりずっと元気になった。

13日(土)にワクチン1回目を打った時に、死んでしまうんじゃないか、と友人が不安になるくらいぐったりしたみたいだが、今は活力が出て来ている。

お腹空いた時は力強い声でにゃあ!にゃあ!おねだりして勢いよくミルクを飲む。

朝、陽が差し込む窓辺で日光浴。

Sdsc01309

紫外線で殺菌。
Sdsc01319

ケージの上やケージの外でもいっぱい遊び、お日様にうとうと・・・。
Sdsc01323

きょうのちゅび。

Sdsc00081_2

元気で甘えんぼ。
Sdsc00079

・・・・・

イタリアの旅の記録

9月27日(木)

この日の朝、6℃。ストーブにこの秋初めての火が入った。

昼食。 トンノ(ツナ)と黒オリーブとケイパーのフェットゥッチーネ。ジャガイモのカリカリ炒めロスマリーノ(ローズマリー)がけ。

Sdsc09787

きょうは昼過ぎからウンブリア州Orivieto(オルヴィエト)の街へ。

この街のドゥオモは絢爛豪華で、ゴシック建築の宝石とも言われているらしい。私の好みはもっとあっさりした建物だ。

Sdsc09802

オルヴィエトの街並みは12~13世紀の古い建物が多く残り、とても落ち着いた雰囲気。
Sdsc09806

街並みの壁に何気なく飾られているキリストの古い絵。
Sdsc09805

壁に貼り付けて売られていた紋章入りの盾と剣。子どもたちがちゃんばらごっごをして遊ぶおもちゃだそうだ。
Sdsc09809

Sdsc09811


Sdsc09819_2

Sdsc09822

大きなホテルの玄関の前にいただけで、怒られていた猫。バッタで遊んでいた。
Sdsc09833

Sdsc09837

けっこうな高さ。
Sdsc09839

街の端っこで見つけた古い学校の建物。
Sdsc09840

ジェラートを食べた店。緑、灰色、金茶、青磁。
Sdsc09847

明け方は寒いが、昼の光は眩しい。
Sdsc09848

二重螺旋階段(下りの人と登りの人が出会わない)のサンパトリツィオの井戸。
Sdsc09851

どこまで深いのか、限りなく深くて簡単に地上に戻って来れなそうで、下っている時、少し不安になる。
Sdsc09850

この井戸の入り口の壁面に、オルヴィエトの街の企画で現代作家の変な油絵が20点くらい飾られていたのが非常に邪魔だった。

せっかく大昔の煤けた暗い井戸の壁の肌触りを、存分に体感しようと思ったのに。入場料を取られて関係ないものを見せられるとは。

ウンブリア、トスカーナ地方は植えられている木が、高い丘の上から見て美しい模様になるようにできている。ルネッサンスの画家たちが魅せられたのも納得する。植えられ方、樹の形を毎日、どこに行っても注意して見ていた。
Sdsc09860

キュージ湖の夕映え。
Sdsc09897

積み残された葡萄が夕陽に透き通ってルビー色に輝いていた。触ろうとするとアシナガバチに怒られる。
Sdsc09905

9月27日のちゅび。ソフトキャリーがお気に入り。

S20180927_141547

9月27日のチョビ。

S20180927_144536

アア・・ずいぶんかぶれて赤くなっている。。今はこの時より、足も毛がはえてきれいになった。
S20180927_144832


S20180928_114618

|

« ちゅびとチョビの記録 / イタリアの旅の記録10(9月26日) | トップページ | ちゅびとチョビの記録 / イタリアの旅の記録12(9月28日) »

旅行・地域」カテゴリの記事

植物」カテゴリの記事

写真」カテゴリの記事

絵画」カテゴリの記事

ねこ」カテゴリの記事