« 宇野昌磨、高橋大輔 2018全日本 | トップページ | 新年の散歩、盗まれた自転車が見つかった »

2018年12月29日 (土)

猫の絵、枯れたアネモネ

12月29日

年の暮れは嫌いだ。とても働き者だった元気な頃の母と祖母を思い出して、胸が苦しくなるから。

おせちは味が濃すぎておいしくないし、初詣も人が多くて疲れるので私は好きではなかったが、母や祖母の楽しそうな顔を見ることだけが嬉しかったのだと思う。

大きな鍋にいっぱいの煮物をつくっていた祖母の姿や、母と正月に飾る花を買いに行った時のことばかり思い出してしまう。

しゃれた高級な食べ物に私自身は興味がないが、華やかに飾られているスーパーに行けば、あれもこれも、母が今まで食べたことのないおいしいものを、食べさせてあげたかった、と涙が出てしまうから。とても辛いので年末とお正月は嫌い。

・・・

猫の絵。

赤ちゃんの頃のちゅび。

Sdsc04603
(Cat drawing, dessin)
Sdsc04607
生後3か月目の時のちゅび。運動能力抜群のやんちゃっ子。
Sdsc04611

現在に比べるとずいぶん細かったちゅび。
Sdsc04614

禿げていた毛も生えそろい、日ごとにたくましくなってきたチョビ。毛の質はちゅびと違って柔らかくベルベットのよう。薄茶の縞のしっぽだけが長毛。
Sdsc04906

ちゅびとチョビ、プフ。対面して3日目にはお互いをなめてあげるほど仲良しになった。特にちゅびとチョビはオス同士なのに、じゃれあいのボカスカはするがまったくいがみ合わず、お互い優しいのに驚いた。
Sdsc04911

大きいちゅびにのっかるプフ。恋人同士のような(実は4つ子のうちの別々の日に落ちていた2匹)プフとチョビ。
Sdsc04913

去年のすっかり乾いたアネモネ(冷蔵庫に保存していた)。
Sdsc04916
(dead and dried anemones, watercolor painting)

|

« 宇野昌磨、高橋大輔 2018全日本 | トップページ | 新年の散歩、盗まれた自転車が見つかった »

植物」カテゴリの記事

絵画」カテゴリの記事

動物」カテゴリの記事

デッサン」カテゴリの記事

ねこ」カテゴリの記事