« G先生からお返事 / 自己中心的な人/ 白州から贈り物 | トップページ | 神代植物公園 日本固有のユリ »

2019年7月20日 (土)

神代植物公園 / 新宿御苑

<https://chisako-fukuyama.jimdo.com/p> 

7月19日

台風が近づいて来ていて雨もよいの曇りだから出かけよう、という友人に誘われて神代植物公園へ。

しかし昼過ぎには雨どころか青空。強い陽射し。JRの駅へ向かっただけで、むっとする湿気に全身汗がふき出してくる。

吉祥寺から4番のバス。

深大寺の西参道、苔むした樹々と水車、蕎麦屋と土産物屋が並ぶ道を歩いて、まずは水生植物園へ。

沼の中に白いハンゲショウの葉と赤紫のミゾハギの花、朱色のヒオウギズイセンの花が絡まって咲いていた。

 

Sdsc00988-2

壊れていて、渡ってはいけない木橋。

Sdsc00991

色あせた紫陽花。
Sdsc00994-2

深大寺城跡へ登る道で、美しい声でさえずっている鳥を撮影している人がいた。名前を尋ねると「ガビチョウ」と教えてくれた。中国から来た鳥だと。

Sdsc01003-2

城跡へ登る道は木漏れ日がきれいで気持ちよかった。てっぺんには遺跡のようなものは何もなかったが、この小さな丘が好きになった。

Sdsc01010-2

湧き水の情景。

Sdsc01013

水生植物園を出、深大寺の脇の坂道を登って神代植物公園へ。3時くらいに深大寺門から入場。

武蔵野の原生林。

Sdsc01016

林を出て、薔薇園を見渡す休憩所でおにぎりを食べる。とにかく暑い。台風のニュースのせいと平日だからか、ほとんど人がいない。

とりあえず今日の目標はヤマユリ、ハス、ショクダイオオコンニャク、バラ。まずは林の中を見て、4時15分くらいまでに大温室に入り、4時半から5時の閉園までに薔薇を撮る計画を立てる。

山野草園(雑木林の中の道)には山百合がいっぱい。まだ6~7割は蕾だった。

Sdsc01022
案の定、蚊に刺される。

Sdsc01019

山野草園を抜けて花蓮園へ。ここでは池や沼ではなく、一種類ごとに大きな鉢に栽培された蓮が並んでいる。

八重でぼかしの華やかな蓮。

Sdsc01034

ノコギリソウやキクイモ、紫陽花や向日葵が咲き乱れる畑を抜ける。

Sdsc01046

まったく人気のない「せせらぎの小道」の水辺に、ひっそりと咲いている大きな山百合を見つけた。あまりの美しさにしばしうっとりする。

Sdsc01050-3

4時を過ぎたので大温室(4時半閉園)へ。

これが世界最大級の花(仏炎苞に覆われている部分に、小さな雄花郡と雌花群のたくさん集まった花序がある)、ショクダイオオコンニャク(燭台大蒟蒻)。なんとも奇妙な姿。

付属体(黒い塔のような部分)は「死体花」と呼ばれるほど強烈な悪臭を放つと言われるが、今は臭いがない。開花すると強烈な臭いを放ち、たった2、3日でしぼんでしまうという。

Sdsc01092

 

私の大好きなロバート・ジョン・ソーントンの『フローラの神殿』(最も美しい植物図鑑)の中のドラクンクルス・ウルガリスの絵を見た時の衝撃はすごかった。

その(仲間の?)植物をこの眼で間近に見ることができることの感激。動物の死体のような臭いを発してハエを集め、受粉してもらおうとする巨大にして珍奇な植物。

Sdsc01074-2 

睡蓮も満開。紫の花弁がねじれた花が神秘的で美しい。

  Sdsc01090

ベゴニア園は色といどりの花が満開。吊り下げた鉢から垂れる花がかわいらしかった。

Sdsc01070

4時半に大温室を追い出され、閉園まで30分、やっと陽が陰って過ごしやすくなった薔薇園でいろんな花を撮影。

青紫や白の薔薇が好き。ベージュ色のバタースコッチはもう花がなかった。

Sdsc01118

Sdsc01107-2

7月17日

新宿御苑へ。

私の好きな倒れかかった山桜の樹の夏。

 

Sdsc00931

ナンバンギセル(寄生植物)が今、盛りだと表示されていたので期待して行ったら、上の池のススキの根元に看板が立っているだけで、まったく生えていなかった。

ヒオウギズイセンの花に舞うクロアゲハ。

Sdsc00956-2

 

 

 

 

|

« G先生からお返事 / 自己中心的な人/ 白州から贈り物 | トップページ | 神代植物公園 日本固有のユリ »

旅行・地域」カテゴリの記事

植物」カテゴリの記事

写真」カテゴリの記事