« 下高井戸でグラフィックデザイナーさんと打ち合わせ | トップページ | コスモスの丘 »

2019年10月21日 (月)

神代植物公園 秋薔薇

10月20日(日)

銀の雲が折り重なった空。久しぶりの光。

神代植物公園に秋薔薇を見に行った。

おりしも今日、調布のスタジアムでラグビーの試合が行われるらしく、そのついでに公園に来る人で混雑しているかと思ったが、そんなに混んでいなかった。

一番気になっていた原生種とオールドローズ園は、ほとんど花がなく、実がオレンジ色に熟してきていた。

濃いピンクの絞りの花が咲くロサ・ガリカ・ウェルシコロル。
Sdsc03217

薄ピンクの一重の花が咲くロサ・カニーナ。
Sdsc03226

メインの薔薇園はちょうど見ごろ。

夕霧。
Sdsc03244-2

名前を確認するのを忘れた深紅の薔薇。
Sdsc03215-2

7月に来た時は暑くて具合が悪くなり、長く歩けなかかったのだが、きょうは一番歩きやすい気温だった。

Ssdsc03240

萎れてうつむいた姿が妖艶なクローネンブルグ。
Sdsc03269

Ssdsc03336

カラスウリの朱も、叢の中でちょうどきわだつ頃。

Sdsc03314-2

4時半前に植物公園の外に出て、まわりの生産緑地に沿った小道を散歩。3mくらいの大きな金木犀の木がどこも満開。

毎年、金木犀の香りが充ちる頃に、ちょうどコスモスも満開になる気がする。昔は9月20日くらいにピークが来ていた。今年は台風のせいなのか、どちらも遅れた。


高円寺に戻り、駅前のガード下「高円寺ストリート」。以前、ここは「エンジー」という名前で、RAREレコードや靴の修理のお店などが入っていた。仲屋むげん堂とRAREを続けて見るのが大好きだったのに。仲屋むげん堂は通りに面した側に移ったけれど、なんとも淋しくなってしまった。

Sdsc03353

通り側に面していた東京宝石が無くなってから、あの「輝きをあげよう~君~は明日の女~」という高円寺放送からくり返し流れる歌も無くなっている。

そう言えば「ピンホー、ピンホー」とか「男ならバーボンを飲め。バーボンハウス。」という放送も最近、聞いてないような。。

10月19日(土)

鈴木創士さんから英訳の件で電話で話したいとのメールが来る。

なにかたいへんなことを言われるのかと緊張してすごくドキドキしたが、基本的に校正は翻訳者におまかせします、という旨だった。

10月18日(金)

眼科健診。緑内障などの検査だったが、眼に毛が入ったようで痛いので、検査より先に診察してもらう。

「最近、やたらに目にまつげが入るんですよ。」と言ったら、女医の先生が

「あら、これまつげじゃないわ。白い毛よ。なにか飼ってる?白くて見えにくくてなかなかとれないわね。」と。

歳をとったせいでまつげが抜けやすくなっているのかと思っていたが、チョビ、プフの長毛コンビのだった。

緑内障などの疾患は無事。

|

« 下高井戸でグラフィックデザイナーさんと打ち合わせ | トップページ | コスモスの丘 »

旅行・地域」カテゴリの記事

植物」カテゴリの記事