« 神代植物公園 秋薔薇 | トップページ | 次の本の制作、アミアタ山の猫 »

2019年10月24日 (木)

コスモスの丘

10月23日

今年もまた、多くの傷を残した暴風雨だった。

コスモスはずいぶん開花が遅れた。待ちわびた久しぶりの陽光に光るコスモスの丘。

Sdsc03414

きれいに咲きそろった状態よりも、私はいつもしだかれたうねりに惹かれる。

Sdsc03455

まぶしいほどの陽射しが3時過ぎに陰った。

不穏な曇り空を割って小さくのぞく青。

Sdsc03499-3

果てしなく続く風に揺すられるコスモスの向こうには空と雲だけ。

Sdsc03498

「果て遠き丘」という言葉が浮かぶ。

秋吉久美子が演じたドラマのヒロインのイメージに寄せて荒井由実が「あの日に帰りたい」の歌詞を書き直したと、昔どこかで読んだとき、てっきり『果て遠き丘』というドラマの主題歌だと思い込んでしまっていた。

「光る風 草の波間をかけぬける私が見える」という歌詞が、私の中で、わがままで人を傷つけずにはおかないがどこか少女っぽい『果て遠き丘』の主人公に重なっていた。

「あの日に帰りたい」が『家庭の秘密』の主題歌だと知って(そのドラマは見たことがないが)、え?・・と驚いた。

風に揺れる一面のコスモスの原っぱは、貧しく人見知りな幼いころの私の、秘密の記憶から果てしなく広がっている。

 

黄色いコスモス、イエローガーデン、イエローキャンパス。

Sdsc03548-2

花の写真を撮るために、シャボン玉を飛ばしている人が何人かいて気になった。洗剤を植物にかけると枯れてしまう。私自身も敏感肌なのでシャボン玉が皮膚に触れるとかぶれて痛くなってしまう。生きている植物に合成界面活性剤を飛ばして何が素敵だと思うのだろう。

花にシャボン玉を飛ばせば、ファンタジックでSNSでもてはやされる写真になると思う(あるいはそうした写真をほめる)陳腐なセンスが、我慢できないほど嫌だ。

 

 

 

|

« 神代植物公園 秋薔薇 | トップページ | 次の本の制作、アミアタ山の猫 »

旅行・地域」カテゴリの記事

植物」カテゴリの記事