« 緘黙のトークイベント | トップページ | 白州の友人宅へ »

2019年11月11日 (月)

古典菊と秋薔薇 / 高円寺再開発反対デモ

11月10日

江戸菊、嵯峨菊などの古典菊を見たくて、神代植物公園の菊花展へ。朝10時に家を出る。

江戸菊・・・江戸中期から後期にかけて発達。「狂菊」。
Sdsc03803

嵯峨菊・・・京都の嵯峨地方(京都市右京区)で作出されたもの。
Sdsc03789

伊勢菊・・・伊勢松坂(現三重県)で改良され、今日も栽培が続けられている。花弁が細く、ねじれ、垂れさがったりする。これのナデシコ版、伊勢ナデシコという花を花屋で買ったことがある、ナデシコの花弁の裂が細長く、ねじれて垂れさがっていて、息をのむほど異様な美しさだった。
Sdsc03802

丁子菊・・・内側の花弁が発達して筒状となり、花の中心が盛り上がる。最近よく見る丁子咲きのマーガレットに似ている。
Sdsc03792-2

肥後菊・・・武士が好んだという一重咲き。管弁、サジ弁など。
Sdsc03777

 

陽射しが戻って来たせいか、この前来た時よりも薔薇は多く開花していた。

フラウ・カール・ドルシュキの上に大きなカマキリ。薔薇の中心に集まってくるコバエを捕食しているのだろうか。
Sdsc03833 

こちらの濃いピンクの薔薇にもカマキリ。
Sdsc03845

クラウス・シュテルテベガー。萎れかけの黒紫がかった色に惹かれる。きょうはとても陽射しが眩しく、そのまま撮ったらコントラストが強すぎて色が出なかったので、日傘で完全に蔽い、影を作って撮った。
Sdsc03875

グリーンローズ。19世紀前半、米国で発見されたチャイナローズの枝変わり品種。花弁がすべて萼片化している。
Sdsc03860

 

Sdsc03857
眩しくて目を開けていられないほどの光に満ちた野生種・オールドローズ園。

Sdsc03850-2 

今日は高円寺再開発反対デモがあるので、午後1時にあわただしく植物園をあとにする。

細い路地に小さくて怪しげなお店がひしめき合う高円寺、ふらふら散歩するだけで楽しい雑多な魅力のこの街が、どこにでもあるつまらない街になってしまうのは耐えられない。

2時過ぎに帰宅。2時半高円寺南中央公園スタートのデモ隊に、近所の高円寺南通りから参加した。

Sdsc03925

新高円寺駅の手前。高南通りから右折し、青梅街道に入る。

Sdsc03928

素人の乱。
Sdsc03937

Sdsc03940 
ねたのよい(バンド)。サウンドカーはバンドカーとDJカーの2台。
Sdsc03952

南阿佐ヶ谷の区役所前を通り、欅通りをJR阿佐ヶ谷駅へ向かう。
Sdsc03956 

阿佐ヶ谷駅に着き、神明宮の前辺りで解散。

きょうはたくさん歩いて疲れた。最近、ずっと胃腸の調子が悪く(毎日、耐性乳酸菌とミヤリサン、時々下痢止めを飲んでいる)禁酒していたのに、帰宅してついビールを飲んでしまった。

|

« 緘黙のトークイベント | トップページ | 白州の友人宅へ »

旅行・地域」カテゴリの記事

日常」カテゴリの記事