« 『デッサンの基本』(ナツメ社)33刷り | トップページ | 世田谷ボロ市 »

2020年1月17日 (金)

真冬の多摩川、枯れ野

<https://chisako-fukuyama.jimdofree.com/japanese-style-paintings-1-膠絵/p> 

だいぶ遅くなってしまったが2019年大晦日の記録。

12月31日

川沿いの立ち枯れた植物を見たくて多摩川へ。

川が分かれてできた水溜まり。

Sdsc05016

Sdsc05031-2 
水は透き通っていて緑の水草が青い空をさらに濃い色にし、細い枝を映していた。

Sdsc05043 

Sdsc05052-2
大きな台風で川が氾濫した時に流れて来た枯草たちが樹の根元に引っかかったまま。

Sdsc05088-2

建物もない、人も見えない、吹きっ晒しの川べりの草の中。風の音と鳥の声。私の大好きな風景。

Sdsc05095-3

Sdsc05101-4

だいぶ穂綿は飛んでしまった光るススキが揺れていた。

Sdsc05102-2

西武線の駅から京王線の駅へと3時間半ほど川沿いを歩いた。

枯草の中には小さなイヌフグリの空色の点々、斜面の陽だまりにはハルノノゲシの花が元気に咲いていた。

乾いた木陰には思いっきり派手なネックレスのような、こんがらがったヤマノイモの蔓。

夢中で撮っていたらメモリーカードの空きが無くなってしまった。

きょうは暖かくなるという予報に騙されたように、午後から強い北風になり、吹き飛ばされそうになる体を踏ん張りながら土手を歩いた。

耳がキーンと凍えてガチガチ、鼻水ダラダラ、温かい食べ物が恋しくてたまらず、よくやく駅に着いてすぐ蕎麦屋を探した。

まだ夕方だが年越し蕎麦になった。

 

|

« 『デッサンの基本』(ナツメ社)33刷り | トップページ | 世田谷ボロ市 »

旅行・地域」カテゴリの記事

植物」カテゴリの記事

写真」カテゴリの記事