« 太田快作先生の「ザ・ノンフィクション」、プフの眼、阿佐ヶ谷、薔薇 | トップページ | ジョージ秋山さん / F »

2020年5月30日 (土)

鷺の宮、細田家、三岸好太郎・節子アトリエ

5月24日(日)

自転車で中野区鷺宮方面へ。

阿佐ヶ谷北6丁目で、私の生まれてからの経験で最も繁茂したスミレの群生を見つけた。今はとうに花は終わり、長三角披針形の葉と風力発電の羽のような種の莢だけ。来年の4月にきっと見に来よう。

・・

初めて来た鷺宮で、素敵な緑の小道と、大好きだった阿佐ヶ谷住宅の面影のテラスハウスを発見して胸が熱くなる。

Sdsc01015

前川國男と関係あるのか、と帰宅してから調べたら、はたして前川國男設計の、昭和32年に阿佐ヶ谷と烏山と同時に建てられたテラスハウス「鷺の宮住宅」だった。

Sdsc01017

Sdsc00911
大好きだった阿佐ヶ谷住宅が壊される時はすごいショックだったけれど、こんなところで偶然に姉妹の建物たちに巡り会えて感激。

Sdsc00908

・・

中野区に唯一残る江戸末期からのかやぶきの古民家、細田家の屋敷森。

Sdsc00920

しんとした巨樹の森の周りの道を通るだけで、ひんやりと涼しい森の呼気に満たされる。

Sdsc00919

森は3250㎡もあるらしい。道路拡張で無くなってしまう話があるらしいが、これだけの素晴らしい屋敷森と古民家が、どうか残りますように。

Sdsc01005


細田家からほど近く、こちらはレンタルもしている古民家、浅五郎邸。築100年だそう。
Sdsc00929

きょう最後の目的地、三岸好太郎・節子アトリエ。こちらもレンタルしているらしい。内部公開の日に来てみたい。
Sdsc00958

いかにもバウハウスなモダニズム建築。1934(昭和9)年、山脇巌の設計。
Sdsc00975

Sdsc00961

建てられた当時、農村の中でさぞ目立っただろう。『豆腐の家』と呼ばれていたそうだ。

Sdsc00963-2

しみとかすれのニュアンスが美しい壁。花が散ったあとの雛罌粟の芥子坊主と、今を盛りのドクダミの花。

Sdsc00962

中野区鷺宮、上鷺宮、白鷺、西武線寄りの、うちから2~3km内に、中央線沿いよりも時がゆっくり流れている場所があった。大正から昭和初期に建てられたような洒脱な家をたくさん見た。

|

« 太田快作先生の「ザ・ノンフィクション」、プフの眼、阿佐ヶ谷、薔薇 | トップページ | ジョージ秋山さん / F »

旅行・地域」カテゴリの記事

写真」カテゴリの記事

絵画」カテゴリの記事