« 自転車、西新宿、中野区本町、細い猫道 | トップページ | 太田快作先生の「ザ・ノンフィクション」、プフの眼、阿佐ヶ谷、薔薇 »

2020年5月28日 (木)

プフの眼、松の木、阿佐ヶ谷、八重チューリップ、薔薇、ザボンの花

4月29日(水)

4月からずっと見てきた(高円寺北の公園前の)紫の八重、大輪のチューリップが散り始め、一部は雨で腐り、しどけなく美しくなってきた。調べたが種類の名前はわからない(知っているかたは教えてください)。
Sdsc09758-2

ナニワイバラ(難波薔薇)とジャスミンの絡んだ一角がほころび始めた。ジャスミンはまだ蕾が多い。
Sdsc09776
イヌバラ(犬薔薇、ロサ・カニーナ)とナニワイバラはよく似ている。ナニワイバラの葉はつるつるしておうとつがなく、濃い深緑。イヌバラの葉はいわゆる薔薇らしく表が膨らんでいて葉脈もおうとつがあり、柔らかな印象。色はやや明るい草緑。
花はほとんど区別がつかないが、ナニワイバラは白のみ?イヌバラは白と薄ピンク。

タンポポは半分が穂綿になった。

プフの眼、抗菌目薬プラノプロフェンをさしているが涙と目やにがあまりよくならないので心配。
Sdsc09802

5月1日(金)

ナニワイバラとジャスミン満開。ラッフルパンジーの花が終わりかけ。紫の八重のチューリップ、雨で腐って爛熟。

ハルジオン、キュウリグサ満開。

プフの眼、目薬で少し良くなった?
Sdsc09891-2

5月3日(日)

きょうのプフの眼、わりといい?
Sdsc00008-2

5月4日(月)

ジャスミンは茶色く枯れかけ、ナニワイバラは少し散りかけ。

毎年気にして見ている、人ひとりすり抜けるのがやっとの猫道にあるサクランボが熟してきた。

Sdsc00053

近所2~3kmを自転車で周ると、素敵なイングリッシュローズを育てている家が増えている。花の形は、やはりクォーターロゼット咲きに惹かれる。

Sdsc00056

植物園が閉鎖していても、近所を見て周れば山ほどの薔薇。

5月8日

薔薇、薔薇。町中に薔薇の香りが溢れかえる。

Sdsc00120

Sdsc00153 
この剣弁の白薔薇の咲く一丁目一番地から、細い暗渠の道を辿って阿佐ヶ谷北を行くと、どこまでも続いている。
Sdsc00172

Sdsc00173


Sdsc00188 
暗渠を辿って中杉通りまで 出た後、折り返して善福寺川へ下った。

松の木の住宅街の薔薇。
Sdsc00211-2 

やっぱり涙と炎症があるプフの青い眼。
Sdsc00247-3

5月9日(土)

阿佐ヶ谷北の大きな屋敷森。
Sdsc00252

「Aさんの庭」の垣根の白薔薇も満開。小輪の蔓薔薇はまだ蕾が残っている。

5月10日

ずっとうちの子たちがお世話になっているハナ動物病院の太田快作先生の「ザ・ノンフィクション」の前編。花子と20年一緒だった、何もかも花子のおかげ、花子を自分で看取るために開院した、と・・・私も20年ずっと一体だったちゃびのことを思い出して激涙。

夕方、善福寺川でシラサギを見てから、松の木の坂道のたくさんの薔薇を見る。

Sdsc00361

Sdsc00383-2

人っ子ひとりいない夕暮れに、こっそり秘密のポランの広場を発見。
Sdsc00415

ここの草花たちも、すぐに潰されてしまうのだろうけど・・。
Sdsc00404-3

5月11日(月)

プフ、やはり少し涙。目やにを拭いてあげないと眼のまわりが汚れる。抗菌目薬が効かない。不安でたまらない。

5月12日(火)

近所の薄紫の薔薇レイニーブルー満開。

Sdsc00517
スズラン満開。

待っていた近所の柑橘(朱欒 ザボン)の花、満開。大好きな香り。
Sdsc00534
 
ネロリ、まだ残っているジャスミン、薔薇の香りが混じりあう、この眩暈する陶酔は一年のうちで今だけ。

 

 

|

« 自転車、西新宿、中野区本町、細い猫道 | トップページ | 太田快作先生の「ザ・ノンフィクション」、プフの眼、阿佐ヶ谷、薔薇 »

植物」カテゴリの記事

写真」カテゴリの記事

動物」カテゴリの記事

ねこ」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

社会」カテゴリの記事