« ちゅび2歳、チョッピーとプフ1歳と9カ月 | トップページ | 鵜飼哲さんとスカイプ / 血液検査と星状神経ブロック »

2020年6月16日 (火)

次の本(絵画作品集)のレイアウト / 頭痛、脳神経外科

https://chisako-fukuyama.jimdofree.com/6-iris-rose-pansy-violet-etc/

6月14日(日)

5月25日に緊急事態宣言が解除された次の日に、出版社の担当Tさんから、私の次の本のPDFが送られてきた。

デザイナーさんがやっレイアウトしてくださった絵の大きさなどをチェックし、細かく指摘する仕事をずっとやっていた。今日、修正をPDF上に書き込んだものを返送。

11日に激烈な脈動性頭痛の発作が起きてからは、PCの画面を見ると気分が悪くて、なかなか進まなかったが、少しずつ体調もいつもどおりに回復してきた。

6月15日(月)

7日、9日、11日の脈動性頭痛の発作について、私自身は偏頭痛(閃光などの前ぶれはないタイプ)と思っている。

発作が起きてからはずっと、普段よりは頭がほてり、首も痛い状態が続き、ネット検索するのも苦しかったが、調べれば調べるほど、慢性の緊張性頭痛と、たまにくる偏頭痛の混合に悩んでいる人は決して珍しくないことがわかる。

12日に行った高円寺のS宮クリニックでは「緊張性頭痛」と診断され、痛みの閾値を超えたから脈動性になったと言われ、SG顆粒(痛み止め)とテルネリン(筋肉弛緩剤)を出された。テルネリンは効いたが、SG顆粒は頭の締め付けにほとんど効かず役に立たなかった。

私が疑問だったのは、なぜ偏頭痛に効くトリプタン製剤を(次の発作の時のお守りとして)出してくれないのかだ。

何十年も緊張性頭痛に苦しんできたことは私本人がわかりきっていることで、軽い運動、ストレッチ、マッサージ、星状神経ブロック注射など、これまで自分なりにできることは考えてやってきている。

私が喫緊に求めているのは、次に激しい脈動性頭痛の発作が起きた時に効く薬であって、今更、首が細い(リンパ転移のために筋肉を切除しているのであたりまえの)ことを言われても何にもならない。

最初に病歴など記入する用紙に、レントゲンを希望するか、嫌か選べる項目が(わざわざ)あったので、前日にCTを撮ったばかりだから今は被爆したくないと拒否のほうに〇をしたのに「撮らないときちんと診断がつかない。年を経て、以前撮影したのはとっくに変化している」と強く言われ、結局7枚も首のレントゲンを撮られた。

ストレートネック気味なのは重々承知だが、「左右の肩の高さが違う」とは長年通った整骨院でも、ダンススタジオでも言われたことがない(むしろ後屈も一般人の中ではトップクラスで、バランスも柔軟もよかった)。「肩の位置が歪んでいる」としつこく言われ、返事をしないでいたら、こちらが「はい」と認めるまで「わかる?」としつこく繰り返すのに閉口。

最後はペラッとした(ヒサミツかなにかの、ごく平凡な)首の体操のチラシを渡され、「こんなので筋肉がつくんですか?」と言ったら「次の人が待ってるから、やり方の説明は外で(看護師に)聞いて。」と言われた。

発作のあった翌日、まだ私はフラフラしていて、はっきり言うべきことも言えなかったことを、後からとても悔やみ、今現在の症状の治療として役に立たないことを押し付けてくることに反感を持った。S宮クリニックにもう一度行って、はっきり自分の考えを言うか悩んだが、S宮院長の態度そのものが新たな頭痛のタネになりそうな気がした。

阿佐ヶ谷のH脳神経外科メディカルクリニックに行ってみることにした。

・・

阿佐ヶ谷のH脳神経外科メディカルクリニック、入り口のところで手と服の消毒。次亜塩素酸水のボトルを持参していたので、持参のものでやらせてもらった。建物は奥行があって、中は入り口から予想できないほど広くてきれい。

用紙に記入、検温、血圧測定(自転車で走ったのと、まだ少しほてりがあってやや高め)。

院長ではなく若いM島医師。自分が何十年も緊張性頭痛でいろいろ試してきたことと、今回の発作の状況を伝えた。

鎮痛剤は極力我慢して、酷い時にアセトアミノフェンのみ。たまにレキソタン1mgを飲んでいる(常用はしていないこと)も。

CTは撮影したけどMRIはまだでしょう、と即、勧められたが、とりあえず本日はやりたくない、と応えた(やるなら院長先生がいる時にしたいと思った)。

M島先生が言うには、緊張性頭痛と偏頭痛はふたつの交わる集合のようになっていて、どちらにも属する状態(両方の頭痛が共存している時)があると。確かに12日以降は、いつもの頭の筋膜が締め付けられる緊張性頭痛と首の痛みと、顔がほてってどきどきするのが共存している。

「うまく薬でコントロールしていくのは非常に困難ですね。もういろいろ試されてるようですし、漢方出しましょうか。僕にできるのはこのくらいです・・。」と力なく言われ、愕然。

頭痛専門外来のサイトで宣伝されていたのでここを選んだのだし、緊張性頭痛と偏頭痛の混在の患者は珍しくないはずだが・・。

「MRIを受ければ、もっと治療法が見つかるんですか?」と尋ねると「それはわからない」と。

とりあえず今回の目的、次の脈動性頭痛が起きた時のためのトリプタン薬を出してもらった。「薬価がすごく高いのでジェネリックでお願いします!」と言うと「あ、それは簡単にできますよ!」とM島先生はにっこり。

処方されたのは漢方の呉茱萸とエレトリプタン。

漢方では効果が自覚できないのではないかと思ったが、確かに、飲んで10~15分くらいである程度の頭痛緩和効果があるようだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

|

« ちゅび2歳、チョッピーとプフ1歳と9カ月 | トップページ | 鵜飼哲さんとスカイプ / 血液検査と星状神経ブロック »

植物」カテゴリの記事

」カテゴリの記事