« 今後の治療について | トップページ | 分子標的薬、レットヴィモと適合 »

2024年1月21日 (日)

分子標的薬の話

1月19日(金)

国立がんセンター中央病院、内科のH間先生に薬の話を聞く。

最初にご挨拶し、「僕は昔外科でA井先生に指導を受けてたんですよ」と言われて驚く。

抗癌剤よりも先に分子標的薬をやるということ。

分子標的薬は抗癌剤よりは副作用が軽い。

甲状腺癌に効く分子標的薬の種類

1.BRAF  V600E遺伝子変異(全体の80%)タラブフェニブ・トラメチニブ

2.RET  融合遺伝子(10~20%)セルベルカチニブ(2023年11月承認)

3.NTRR 融合遺伝子(2~3%)ラロノルクチニブ・エヌトレクチニブ(2022年承認)

4.ALK 融合遺伝子(2~3%)未承認(臨床試験)

1のBRAFは脳には効かないが、2~4の薬は脳にも効くし、1よりも長く使うことができるとのこと。

1は他の検査、MEBGENが必要

4は遺伝子パネル検査が必要

(面談要旨の紙に先生が書いてくれた字が判読できないので、間違っているかもしれない。)

私は手術後に分子標的薬は陰性と聞いて、もう抗癌剤(レンバニチブ)しか治療法はないと思っていたのだが、

手術後には摘出した腫瘍の簡易な遺伝子検査しかしていないので、オンコマイン(細かい検査)をすれば、

甲状腺癌であれば、おそらくどれかに当てはまると言われた。

サイログロブリンの数値が上がってもすぐに死ぬということではないようだ。

サイログロブリン(甲状腺癌のマーカー)が高いということは、CTなどに映らない細胞レヴェルで身体中に癌が蔓延していると思うととても怖いが、身体が具合悪くない限りはあまり気に病まないことが重要。

レンバチニブなどのブログ(数が少ない)は、あまり読まないほうがいい(精神的に不安になるから)と言われた。

スポーツはいいとのこと。

がんセンターを出たあと、コンビニでおにぎりとビールを買って築地本願寺の裏の緑道で飲食。

ベンチが冷たかったが、気の早いハルノノゲシが咲いていた。

 

 

 

 

 

|

« 今後の治療について | トップページ | 分子標的薬、レットヴィモと適合 »

がん」カテゴリの記事