« 分子標的薬、レットヴィモと適合 | トップページ | フキノトウ ペタシン »

2024年2月16日 (金)

ロケハン 枯れ蔓

2月14日(水)

20℃近くになる予報だったので、さっそく枯れ蔓のある風景を求めて出発。

午前中、空気が澄んでいて電車の窓から西の方の山々がきれいに見えた。

私の大好きな場所。

Sdsc07260

私が冬の枯れ蔓を好きなのは、予想外のうねり、絡まり、曲線の変容にたまらなく官能を感じるからだ。

雨風、雪、霜に翻弄されて、折れたり、近くのものにしがみついたりしながらできた奇跡の造形。

それらといると心が躍る。

Sdsc07210 

寒くも暑くもなくて、風が優しくて、人がいなくて、生き生きした鳥たちがいて、蚊やアブもいない今日のような日は特に幸せ。

冬の枯れ蔓、金属の錆、壁のしみ、亀裂、塗料の剥落、朽ちた木の窓、煤けたガラス、浜辺での拾い物、廃園、廃庭・・・

私はそういった「時にさらされたもの」が大好きで、「人工の極み」のアートが本当に嫌い。

Sdsc07194   

そして私の好きなものや風景をわかちあえる人と一緒に歩けたら最高に楽しい。

観念や世間的な意味で「読む」のではなく、そこに「在るもの」の不思議さを見つけることのできる人を私は好きになる。

Sdsc07188

昔、関東のある県で、イベントがあって車で案内していただいた時に「面白い樹木がはえているところ」をリクエストしたら、市中の凡庸な公園に連れて行かれて唖然としたことがあった。

その人たちは詩人だったのだけど、言葉は駆使できても眼からはいる造形や蝕感はまったく通じないのだな、と落胆した。

私にとっては絵も風景も、面白いもの、斬新なものには激しく心が動くし、つまらないものはすごくストレスになる。

大好きなものに出会う時、感覚が通じない人と行くならひとりで行った方がいい。

30cmもある平たい蛇のような茶色いサイカチの鞘がびっしりと落ちていた。

根につまづいて転ぶとサイカチの大きな棘がいくつも手のひらに突き刺さって血が出た。

野茨の茎は真冬も枯れないで、服にちくちくとまとわりつき、そのたびに慎重にはがしていかないと服が裂けてしまう。

樹々にはまだ緑が見られないが、陽を吸った地面には小さな青い星のようなイヌフグリの花が開いていた。

|

« 分子標的薬、レットヴィモと適合 | トップページ | フキノトウ ペタシン »

植物」カテゴリの記事