植物

2024年4月17日 (水)

八重桜(駿河台匂、福禄寿など)・ レットヴィモ副作用

4月15日(月)26℃

レットヴィモ320mg29日目。

遅咲きの桜、駿河台匂(スルガダイニオイ)、御衣黄(ギョイコウ)、福禄寿(フクロクジュ)などを見に新宿御苑へ。

今朝はいよいよ副作用の倦怠が酷く、顔はパンパンにむくんで眼の奥や後頭部がずーんと痛んだが、今日を逃すと桜が散りそうなので頑張って出かけた。

駿河台匂は強い芳香がある。花弁がギザギザしていて旗弁(雄蕊が変化した花びら)があり、魅力的な桜。Sdsc08635

こんなことをしていていいのだろうか、という焦りもある。

桜を描くことはたぶんないのに、ただ現物を見たくて、体調が悪いのに歩き回っている。

ただ間近に会えた時にはっとするし、匂いを嗅いだ時に確かに気持ちが良くなる。植物の香気が見えるような気がする。

タンポポはだいぶ穂綿になっていた。まわりに高い草のない場所のタンポポはロゼットのまま小さく咲いていた。

隣には薄紫のサギゴケ。やはり紫のキランソウ(金瘡小草、別名「ジゴクノカマノフタ」)。可憐なキュウリグサ。かわいいオニタビラコ。

御衣黄と鬱金は満開を過ぎて、黄緑色の花の真ん中が赤く変化していた。

一葉(イチヨウ)と普賢象(フゲンゾウ)と関山(カンザン)も散りかけ。

園の端っこの関山。
Sdsc08674

今年もやっと会えた福禄寿。
Sdsc08716

レットヴィモを飲み始めてからすぐに右大腿の筋肉が違えたように痛くなってしまい、足を引きずるように歩いていた。

それから日増しに全身疲労感が増して、筋肉痛もあり、一度も走れなくなっていた。

今日は散る花びらのほうに少しだけ駆けた。

Sdsc08772

4時頃に園を出、急いで帰宅して食事して夜間卓球へ。

さすがに今日はきつかった。

睡眠は多すぎるくらいなのに、まるで立ったまま昏睡してしまいそうになる眠気。

朦朧として身体が動かなくてまともに打てない。

自分が何をしているのか、はっきり認識できないような頭の状態。

この異常な怠さは、だいぶ肝臓もやられているのかなと思う。

久しぶりに卓球に来たAさん(デザイナー)と少し話せた。

4月14日(日)

レットヴィモ320mg28日目。

今日は疲れて朝の服薬後にまた眠ってしまった。

頭が朦朧として眠くて仕事にならない。

小さな物忘れが酷い。口渇も苦しい。

そろそろ副作用も蓄積されてピークになっている感じ。

|

2024年4月14日 (日)

河畔林の新芽

4月13日(土)

レットヴィモ副作用のむくみと頭の濁りがある中でも、きのうと今日は比較的マシだった。

透き通った点々の新芽が見たくて出かけた。

朝起きた時は、全身倦怠と筋肉痛で、駅から歩いて行けるのかと不安だったが、今日は歩けた。先日の御苑に行った時よりは力がある。

早緑の点描の中に枯れ蔓の複雑な絡みの塊が残る。

Sdsc08437
枯れ蔓が絡まる枯れ木はほとんどがサイカチで、よくみるとすべての枝だけでなく幹までもが鋭い棘で覆われている。怪我しそうでとても危険。
Sdsc08516

Sdsc08464

昔、6月に来た時はぬかるんで運動靴がずぶずぶと沈んだ。

あの時は壮麗な花火のようなシシウドの花が美しかった。

林の中にはたくさんのカタツムリがいた。

2月にひとりで来た時は、凍えながら間近にアオサギを見た。

すべて、忘れることなく覚えている。私の好きな場所。

もう体力的に来られなくなるかもしれない。でも今日は来ることができた。

今日の乾いた原には雪の結晶のような、まだ若いカワラヨモギ。

Sdsc08540

近くの藪の中からキジが飛び立った。

Sdsc08387

前に沢渡さんと撮影した日曜日にもいたが、「ラジコン禁止」の看板があるのにラジコンを飛ばしている人たちがいる。

横を通ったが、けっこう年配の男性3人だった。看板はいくつか立っているが、ここは鳥獣保護区じゃないのだろうか?

さらに林全体に響く大音量で音楽を流していたのですごく腹が立った。青江三奈の「伊勢佐木町ブルース」だった。

ウグイスやシジュウカラのかわいい鳴き声が聞こえない。

わざわざドラムセットを車で運んで来て、土手で反響するように大きな音で叩いて喜んでいる人にも何度か会っている。

静かな空気を壊す勝手で汚らしい自己顕示。そういう人たちが本当に嫌。

 

 

 

|

2024年4月11日 (木)

十二月桜(太白)、レットヴィモの副作用がきつい

4月10日(水)

レットヴィモ320mgを飲み始めて24日目。

きのうくらいから副作用が強く出て体調が悪い。

眠気と倦怠感が酷くなり、顔の浮腫も確実に増し、右目の瞼が眼にかぶってきた。

「十二月桜」(以前は「太白」の札が付いていた)が見たくて新宿御苑へ。

http://chitaneko.cocolog-nifty.com/blog/2022/04/post-690bf6.html 

混雑を避けて大木戸門から入場。「今日は予約なしで入場できます」の看板。

もうソメイヨシノはほとんど散っていたがそこそこ混んでいた。

中央広場のすぐ手前の鬱蒼とした林の中の、愛着のあった山桜の古木が無くなっていた。

てんぐ巣病の枯れ枝が増えていたから切られてしまう気はしていたが、淋しい。

池の手前の「琴平」は咲きかけ。「十二月桜」(ほぼ「太白」)は終わりかけ。「駿河台匂い」はまだ莟。
Sdsc08335
「十二月桜」(ほぼ「太白」)

好きな桜に会えて嬉しいが、いつものわーっと胸が躍るような快感が湧いてこない。頭の重い靄に圧迫されている。

通常の私なら何種類もの桜を見るためすごい勢いでがんがん歩き回るのだが、とにかく眠くてだるくて早く歩けない。

千鳥足ではないにしろ、まるで泥酔しているような疲労感。

そのあと千駄ヶ谷門の方に行こうとして方角に迷ってしまった。

千駄ヶ谷門近くの高いソメイヨシノの森はほぼ散っていた。

「鬱金」と「一葉」は5分咲きで美しかった。

Sdsc08332
「鬱金」

途中、ベンチが空いていなくて座れなくて、太腿や肩も痛いし、本当にちゃんと歩いて帰れるのだろうかと心配になるくらい怠かった。

なんとか新宿門から出て、新宿高校のフェンスの咲き始めたモッコウバラを見ながらヨタヨタと新宿駅へ。

塀の隅のハルノノゲシが美しかった。

4月9日(火)

眠くて怠くてたまらない。むくみで眼が大きく開かない。

16時にWさんにマッサージしてもらったが、Wさんが言うには足は(病的ではなく)普通のむくみかた。これくらいのお客さんはよくいると。

顔はむくんでいるが知らない人が見たら皮膚が張っているから若く見える、と。

ただ頭から額はがちがちに凝っているそうだ。

私としては眼や後頭部が重く痛くて顔も苦しい。

マッサージしていただいたあと、仕事。

とにかく手仕事に集中して少しでも脳の血流をよくしたい。

|

2024年4月 9日 (火)

神代植物公園 桜

4月7日(土)

ずっと雨ばかりの春。久しぶりの晴れ間に神代植物公園へ。

朝が一番だるくて頭重が辛いが、お風呂に入り、むくんだ眼がしらや頭をマッサージしてなんとか眼を開けた。

昼頃に着く。

スミレ展を見たり、薄紅に霞んだ景色を見たりで興奮。

桜はちょうど満開でビニールシートを敷いた人たちがいっぱい。

誰もいない梅園で休憩。できたばかりの小さな梅の実はまだ肉がなくて固い種のかたちをしている。

椿園は雨でほとんどの花が茶色くなっていたが、日陰にはぽつぽつと満開の花もあった。

Sdsc08132

植物の中を歩き回っていたら、明らかに脳浮腫の頭重と倦怠感が少しよくなったのを感じた。

Sdsc08110
Sdsc08268_20240408161401
八重枝垂桜

Sdsc08276
浮腫が始まっている顔。
Sdsc08306

桜は私の大好きな「白妙」と「白雪」「太白」「鬱金」を発見。いつも新宿御苑で見ていたが、神代にもあったことに感激。
Sdsc08198
白雪

Sdsc08322
陽が翳った時の桜。
Sdsc08323

4月8日(月)

夜間卓球へ。

きょうはまったくのすっぴんで、むくんだ顔をしているせいか、何度か「だいじょうぶ?」と皆さんからお気遣いいただいた。

私としては卓球をしている瞬間は楽しくて頭重も倦怠感も忘れてしまう。

ダブルス(8人で毎回違う組み合わせ)8試合して6試合勝っているので調子もいいほう。

絶対に勝てないのは相手チームにM原先生がいる時。

M原先生の次に上手なのが40歳代から始めた(今は80歳代)というT原さん(男性)。

T原さんの次に上手なのが中学時代にやっていたというK田さん(男性)。

今日はT原さんとK田さんチームに、私とK堺さん(女性初心者チーム)が初めて勝つことができた。

勝因は、T原さんの苦手なバックに私がポロリポロリと短い球で返球したこと。

「頭が使えてる」とT原さんにほめられた。脳浮腫でもまだ少しはいけるみたい。

卓球をやって帰宅してからのほうが、何も運動しないより血圧も安定するようだ。

 

 

 

|

2024年3月18日 (月)

沢渡朔さんと撮影

3月17日(日)21℃ 風やや強い

緊張して何度も目が覚めた。

7時すぎに起床。昨夜のリゾットの残りを茶碗に半分くらい食べ、お風呂に入る。

9時半に家を出て沢渡さんの事務所へ。

そこからアシスタントのS原さんの運転で沢渡さん宅へお迎えに行き、高速に乗って目的地へ。

「なかなか暖かい日がなかったけど、今日は暖かくなって本当に良かった。風もあるし。」と沢渡さんが窓を開けて手のひらで風を確かめながらおっしゃった。

沢渡さんのケイタイに電話が来て「ああ、カズオちゃん?」とお話されていた。

電話を切ってから「従兄弟。こないだ山形に行ったんで会ったんだよ。向こうの新聞に俺の親父のことが載ってね。」と。

沢渡さんのお父様は詩人だったと聞いている。

明日から分子標的薬を始めること、そうしたら副作用でむくみが出、倦怠感や吐き気、頭痛などで元気に走り回れなくなりそうなことをお伝えする。

「今日みたいなのは楽しいから病気にはいいんでしょ。」と沢渡さんはわかってくださっている。

現地には12時頃着。

朽ちた樹と枯れ蔓の絡まる中で撮影。

少し撮ってから「自分で写真を作っていって。」と言われ、じゅうじゅうわかっているはずなのに

すごく緊張してしまって、きれいな動きができない。

うまくできない自分がもどかしく、苦しい。

私はこれほどの憧れの人と相互作用で奇跡を起こせない自分を憎んでしまう。

けれど、とても楽しい、生きている感覚に充ちた一日。

 

これは手伝ってくれた友人が撮った休憩時の写真。
Sdsc07718 

きれいな蔓を見つけたらイケマの名残の鞘がついていたので歓喜。さっそく身に絡めた。

草原はまだまだノイバラの蔓が渦を巻くようにはびこっていて、もこもこちくちくして足を取られて小走りにも走ることができない。

樹の枝は棘だらけのサイカチが多く、それに絡まったカナムグラの蔓の細かい棘もやられ、

撮影が終わった時には手も腕も脚も足も引掻き傷だらけ。血だらけ。

イガイガトゲトゲだらけの草の上に倒れこんだりもしたのでもうたいへん。

一歩一歩が絡み取られるようなぼこぼこの草地を無理やり走ったので、帰り道ではふくらはぎが痙攣。

<

沢渡朔さんはいつでも自由でそよそよしていて、気取りのない芸術家で、ほんとうにかっこいい。

19年前にこことは別の廃墟(私がほれ込んだ場所)で撮っていただいてから、また沢渡さんと一緒に作業できた夢のような一日。

 

 

|

2024年3月 2日 (土)

神代植物園 梅園 書肆山田展

3月1日

神代植物園の梅園へ。

正門の近くにある、私の好きな大輪緑萼は散ってしまっていた。

薔薇園の中を通ると、薔薇苗は全部切り詰められた茶色い枝だけ。花も葉もなく棘ばかりが目立つ。

ところどころに赤い新芽が吹き出しているものもあるが、造ン作業で働く人しかいない閑散とした風景。

梅園はもうほとんど花が無いのかと思っていたが、意外にもまだ華やかに咲いている樹が多く、素晴らしい匂い。

メジロたちの天国だった。

Sdsc07349

私の好きな「塒出の鷹枝垂」は散っていたが、「輪違い」や「白牡丹」、「見驚」などが満開。

Sdsc07389


鳥の声ばかりが響く静かで清涼な花の香りに満ちた空間で、

地面に腰を下ろしてうねっている古木のそばにいると、とても心が落ち着く。
Sdsc07391

Sdsc07398_20240302185101

椿園のほうは「有楽(侘助・太郎冠者)」はもう散ってしまって地面のほうが華やかだった。
Sdsc07354

ほかに満開だったのは柔らかな色とぽってりした花弁の「曙」。

ほとんどの椿がまだ莟だったが、光だけはとてもまぶしい一日。

Sdsc07409

帰りは吉祥寺に出て、佐藤美奈子(フリーの編集)さんが企画した書肆山田の展示&販売へ。

2024年 3月1日(金)~3月10日(日)「凝て、触れて、読む――『書肆山田の本』展」 | Gallery ナベサン

Sdsc07452_20240302190801

 

 

 

 

|

2024年2月25日 (日)

フキノトウ ペタシン

2月25日(日)小雨 6℃

Sdsc07332

神奈川に住む友人の愛子ちゃんに「近所にフキノトウが出ていたら送って。」とわがままなお願いをしたら、きのうすぐに採りに行って、今日の午前中に届くように送ってくれた。

こんなにいっぱい!しかも愛子ちゃんお手製のフキ味噌も。植えられるように根がついたフキも。

さらに近所の有機農家さんからもらたっという大根、葱、柚子、珍しい生のウコンまで段ボールにいっぱい。

温かい友情に感謝してもしきれない。

「岐阜大学の研究で日本原産植物フキノトウに多く含まれるペタシンが、がんの増殖と転移を強く抑制することを発見しました。
また、ペタシンはがん細胞の特異的なエネルギー代謝を阻害することで、正常組織への副作用を抑えつつ効果的に抗がん効果を発揮することを明らかにしました。本化合物を起点として一群の副作用の低い革新的な抗がん・転移阻害薬の開発が期待されます。 」というニュース。

https://www.gifu-u.ac.jp/news/research/2021/09/entry02-10993.htmlp

子供の頃からフキノトウは大好きだが、最近は近所に生えているところがなくて、スーパーではひとつ100円している。

さっそく素揚げと茹でたものをおいしくいただいた。 

フキノトウのペタシンはがんに有効でも、あく(アルカロイド系)は身体に悪いので、1日に5、6個にしておこうと思い、あとは冷凍。

茹でてあくを抜いたものと生のままのものをそれぞれのパックに入れて冷凍してみた。

 

|

2024年2月16日 (金)

ロケハン 枯れ蔓

2月14日(水)

20℃近くになる予報だったので、さっそく枯れ蔓のある風景を求めて出発。

午前中、空気が澄んでいて電車の窓から西の方の山々がきれいに見えた。

私の大好きな場所。

Sdsc07260

私が冬の枯れ蔓を好きなのは、予想外のうねり、絡まり、曲線の変容にたまらなく官能を感じるからだ。

雨風、雪、霜に翻弄されて、折れたり、近くのものにしがみついたりしながらできた奇跡の造形。

それらといると心が躍る。

Sdsc07210 

寒くも暑くもなくて、風が優しくて、人がいなくて、生き生きした鳥たちがいて、蚊やアブもいない今日のような日は特に幸せ。

冬の枯れ蔓、金属の錆、壁のしみ、亀裂、塗料の剥落、朽ちた木の窓、煤けたガラス、浜辺での拾い物、廃園、廃庭・・・

私はそういった「時にさらされたもの」が大好きで、「人工の極み」のアートが本当に嫌い。

Sdsc07194   

そして私の好きなものや風景をわかちあえる人と一緒に歩けたら最高に楽しい。

観念や世間的な意味で「読む」のではなく、そこに「在るもの」の不思議さを見つけることのできる人を私は好きになる。

Sdsc07188

昔、関東のある県で、イベントがあって車で案内していただいた時に「面白い樹木がはえているところ」をリクエストしたら、市中の凡庸な公園に連れて行かれて唖然としたことがあった。

その人たちは詩人だったのだけど、言葉は駆使できても眼からはいる造形や蝕感はまったく通じないのだな、と落胆した。

私にとっては絵も風景も、面白いもの、斬新なものには激しく心が動くし、つまらないものはすごくストレスになる。

大好きなものに出会う時、感覚が通じない人と行くならひとりで行った方がいい。

30cmもある平たい蛇のような茶色いサイカチの鞘がびっしりと落ちていた。

根につまづいて転ぶとサイカチの大きな棘がいくつも手のひらに突き刺さって血が出た。

野茨の茎は真冬も枯れないで、服にちくちくとまとわりつき、そのたびに慎重にはがしていかないと服が裂けてしまう。

樹々にはまだ緑が見られないが、陽を吸った地面には小さな青い星のようなイヌフグリの花が開いていた。

|

2024年1月14日 (日)

寒中お見舞い申し上げます

1月14日(日)

Sdsc07145_20240114205901
アネモネ(鉛筆、水彩)花弁はほぼ白い地にきれぎれの紫の線が脈に添って現れていた

寒中お見舞い申し上げます。

年末はエネルギーが切れてしまい、今年は1枚も年賀状を書くことができませんでした。

年賀状をくださったかた、ありがとうございます。申し訳ありません。

今年は私にとっては益々厳しい闘病の年になると思う。

 

 

 

|

2023年12月 1日 (金)

多摩川

11月29日(水)

多摩川へ冬の初めの色づいた植物たちを見に行く。

川べりの建物にあった黒い一反木綿の眼をしたぬりかべのようなイラスト。
Sdsc06763jpg

黄色に光る葛の葉。
Sdsc06772_20231201215601

叢にカヤネズミの巣らしきもの。
Sdsc06781

浅瀬に並んでいるサギたち。
Sdsc06816
アメリカセンダングサの棘(種子)が今ピークで、少し叢を歩いただけでびっしり服やバッグや靴に突き刺さってしまう。

あまりに繁殖していたので、水際まで進めなかった。

野葡萄の紅葉。
Sdsc06855jpg2jpg

あっというまに日が落ちた。
Sdsc06945

橋の上からの多摩川。
Sdsc06956

|

より以前の記事一覧