絵画

2020年7月10日 (金)

花輪和一さんから猫草守の絵が届く

7月8日(火)

雨が上がった瞬間に外に出ようとしたら花輪和一さんから手紙が来ていた。

なんと「猫力」「火水風土」「身強清心」「猫草守」と文字が入った猫の絵!!!

これは私の愛した「ちゃび」の絵らしい。手紙にはあいかわらずちゃびへの嫉妬まじりの花輪節。

「(略)・・・かわいかったんですが、やはり猫は猫。自分は死んだとはっきり認識できないんです。今も眠っているような気分でいるんですね。しぶと・・・かった。まあ生命力強いというか飼い主の影響力も大きかったんです。猫っかわいがりも度が過ぎた。今もそのつもり、ウトウトしつつこの地上にとどまって、旅立ってないんです。」

「杉並一、東京一、猫可愛がりされた幸福な、猫のぶんざいでそこまでいったんですから、幸福すぎたヤツでした。困った時など、幼児に語り掛けるように、状況が理解できるように、繰り返し説明すれば、やつもホッコリ片目を開けて力になって動いてくれるでしょう。」

「一生で使い切れないほどの愛情を注がれて「猫生」を終わったんですから、受けた「愛」を返してくれる・・」

「ということなので、「猫草守」は、折ってカバン等に入れていれば、あのしぶとかったチャッピピピイ~~~!のお力があり、健康体、長生き体になれます。」←(キッパリ)

Sdsc01805

3日に肺のがん転移が増大してしまったことを電話した時、「なにかお守りの絵を描いてほしいけど、不動明王はかわいくないから嫌。動物がいい。」とわがままを言ったのにすぐに応えてくれた。

花輪さんも小学生の時に、友達の家で生まれた子猫をもらってかわいがって育てていたそうで、

「今でも夜、眠る前、心が落ち着いた時に呼べば来るなあ、と思う」と。涙。。。

「うちの長男のちゅびがDV男っぽいんだよね。朝4時からにゃあにゃあうるさくて、最近、安眠できなかったの。そうかと思うと私にべったりくっついてきて。ほかの2匹はおとなしいんだけど。」

「そんなバカ猫はビシィイ!!とやってやんなきゃだめだよ~!ペットホテルに預けるとか、他人様のめしを食わせて性根を叩きなおしてやんなきゃ!かわいがりすぎなんだよ~」

「そんなのかわいがるくらいなら花輪さんに愛情注いだほうがいいよね~」

「そうですよ~」

たくさん笑わせて、泣かせてくれて、勇気とやる気が湧いて来た。

花輪さんとのつきあいは、もう30年。彼の態度は出会った時から少しも変わらない。はかりしれぬ才能で、いつも私を驚かせてくれて、少しも偉そうなところがなくて正直で。

童心と、並外れた感性を潰されずに、地獄の苦しみをくぐり抜けてきた稀有な芸術家。

花輪さんは幼少の頃から虐待されて親の愛情不足のまま育ったが、決して自分が弱い者を虐待する側や、卑怯でセコイ搾取をする側にはならなかった。

(私は承認欲求ばかりが肥大したいんちきハリボテ野郎が大嫌いだ!すっこんでろ!と思う。)

 

私の永遠のちゃび。

Sdsc06519

7月6日(月)

ちゃぶ台で猫背になってPC作業をするのは非常に内臓が圧迫されて身体に悪いそうなので、LANケーブルの長いのと、ソケット2本を買って来て机とちゃぶ台の配置を変え、机と椅子で作業するようにした。

壁に立てかけていた50号と30号の木製パネルの後ろを掃除。3匹のすごい毛と埃。50号に張っていた雲肌和紙が黴ていたので破って捨てた。壁の汚れを薄めたハイターで拭く。

本の詰めの作業と同時に、今まで途中にしておいたたくさんの絵の制作にとりかかる。

|

2020年6月30日 (火)

『デッサンの基本』34刷りとなりました

https://chisako-fukuyama.jimdofree.com/6-iris-rose-pansy-violet-etc/

6月の初めに『デッサンの基本』増刷、34刷となりました。

購入してくださったかたがた、読んでくださったかたがたに心より感謝申し上げます。

(受験のためのデッサンには傾向があると思いますが)デッサン(素描、スケッチ、写生)には正解の描き方はありません。

対象の姿、構造をよく知るためであれ、その魅力を紙に留めるためであれ、自分の外にあるものを見て描くことで、あらゆる意図を超えた未知のものに触れ得ることがデッサンの喜びではないでしょうか。

林檎の花(鉛筆デッサン、水彩、スケッチ)

Sdsc01649

パンジー Pansy (鉛筆デッサン、スケッチ)
Sdsc08912

猫 ちゅび(鉛筆デッサン スケッチ)
Sdsc08871

薔薇 Rose (水彩)

Sdsc01688

薔薇 Rose(鉛筆デッサン、スケッチ)

Sdsc01495

|

2020年6月17日 (水)

鵜飼哲さんとスカイプ / 血液検査と星状神経ブロック

https://chisako-fukuyama.jimdofree.com/pencil-drawing-watercolor-painting-1-tulip-anemone/

6月16日(火)

鵜飼哲さんと夜10時にスカイプのお約束をいただいていた。

次の本についての相談。

画集をこの秋に出すべきか来春まで伸ばすか迷いもあったのだが、コロナを含め、あらゆる状況がどうなるのか一切読めないので、出せる時に出しておくほうがいいとのこと。

イベントのことなども心配してもしかたないので、とにかくやれることをやれる時にやること。

鵜飼さんが退職とともに遠くに引っ越しされることを聞いてショックを受けた。頻繁にお会いするわけではないが、近くにおられるだけで何か安心していた。

時がどんどん過ぎていく。

6月17日(水)

新高円寺のかかりつけのクリニック(脳神経科はないが頭痛には対応している)に星状神経ブロックと今回の頭痛の相談に行く。

Sクリニックの待合室はコロナ対応でずいぶん変わっていた。待合室のベンチがひとり分のスペースごとにプラスチックの板で仕切られ、背中部分もプラスチックの板で遮断されていた。待っている人数も4人くらいで通常の2割くらいしかいなかった。

今回の頭痛発作の経過とかかったクリニック、薬のメモを渡す。先生も看護師さんも住友3MのN95マスク。

O院長先生はまず私の血圧を疑った。その場で計測すると上が180超あった。家から5、6分の距離を歩いて来ただけで、どきどきして明らかにおかしい。

なぜこんなにも血圧が急上昇するのか自分でもわからない。私は4歳くらいから肉食をしていないし、魚と野菜と果物、オリーブオイルやDHA,EPAも採っている。塩分控えめ。ジャンクフードも甘いものも食べない。162cm、47kg。内臓脂肪は平均より少ない。ストレッチもしている。

「自律神経かなあ。あなたの神経の細かさは異常よ。」と(毎回のことだが)言われる。「はい・・」としか言いようがない。

「カテコールアミンが高くなってるかもしれないから血液検査をしていい?もしかしたらお腹の腫瘍(褐色細胞腫)かもしれない」と、考えていなかった病気を出されて少し不安になる。

その前に動脈の硬さをみる検査。仰向けに寝た状態で両手両足の血圧を測定するとやや高めだが正常範囲だった。

星状神経ブロックのあとに検査のための血液採取。結果は一週間後になるそう。

「自粛期間中、特にがんばって運動をしていたんですよ。かえって悪かったのかな?」と言ったら「やんなくていいんじゃない?もともと運動なんてやってないでしょ。」と。しかし元気に運動できていた時は、確かにこんなにどきどき頭がほてっていなかったはずだ。

帰宅してから褐色細胞腫について検索して恐ろしくなった。

高血圧になる病気を調べて、もしかしたら常用しているチラジンの量が過剰で甲状腺機能亢進症なのかもしれない、とふと思った。チラジンの量を少し減らして、それで血圧が安定して普通に戻ればいいのだが・・。

 

 

 

|

2020年6月 3日 (水)

ジョージ秋山さん / F

6月1日(月)

ジョージ秋山さんが5月12日に亡くなっていたというニュース。

とても淋しい。

もうずいぶん前になるが事務所でお話しした。床にずらーっと同じ銘柄の空の酒瓶が並んでいた。40~50本もあるように見えた。

若い編集さんに「ウイスキーですか?」と聞くと、「ジンです」と答えたような気がする。

子供の頃に読んだ『現約聖書』がすごく強烈だったことをお伝えした。

金持ちの若旦那が、好いた娘が見ている前でみすぼらしい乞食に恵んでやる。娘は「なんて心の優しいかた・・」と若旦那との結婚を決意する。乞食は若旦那に感謝して涙を流す。しばらくして若旦那が病に倒れたと噂に聞いた乞食は高い山に薬草を採りに行き、何度も崖から落ち、瀕死の状態でやっと手にした薬草を届けに行き、お屋敷の前で息絶える。若旦那は「汚い乞食が死んでいる。さっさと片付けなさい。」と召使に告げる。

これほど残酷な話を小学生が読むまんが雑誌に書くとは・・・ショックだった。大人になって思い出せば、どこにでもある、しかしだれも直視しない当たり前の〈リアル〉でしかないのだろうが。

あの日、私に「絵を描くなんて、暗闇を手探りで歩くようなもんで、ものすごく苦しいだろうな。」といきなりおっしゃったジョージさんが忘れられない。

そのあとだったか、ジョージさんの奥様が癌で亡くなられて抜け殻のようになってる、と(「少女コミック」編集長だった)山本順也さんからうかがった記憶がある。

そして私のところにジョージさんから宅急便が届き、開けてみると奥様のために買った鮫の軟骨の健康食品が入っていた。ありがたくいただいた。

映画『美しき諍い女』のVTRを送ってくださったこともあった。画家のモデル(マリアンヌ)役のエマニュエル・ベアールの巨大に張ったおしりが、ジョージさんの描く女のようだと思った。

・・・

深夜12時すぎにFさんから電話。Fさんの次の本の装丁を私に頼みたいという。それと私の絵を50万円から100万円で買いたいと。

Fがなにか夢見ているようでおかしい。昔の記憶ばかりが鮮明で、今現在の現実感覚や問題意識が希薄。明らかに感覚も鈍麻していて以前の明晰さがない。

ここ何年も、Fが私との約束を反故にし、こちらがどんなに連絡しても無視して電話にも出ないで、しばらくすると少しも悪びれずに電話してくる神経が理解しがたく、私の強いストレスになっていた。

私の展覧会に来なかったことについて謝りもせず、あるいは弁解もせず、今になって平気で私の絵を買いたいと言う。私のことを生涯で最高に才能を感じる人だと言う。

耐えられなくなって、あれだけ待っていたのに展覧会にどうして来てくれなかったの?展覧会で新作を見てもらうことほど嬉しいことはない、それを無視しておいて今更なんなの、と責めてしまったが、F本人は記憶にないという。

私が本を作る時にも、自分から手伝うと言いだしておいて急に一切の連絡を絶ったり・・、今まで不気味すぎてはっきり聞けなかったけれど、なぜそんな不誠実なことをするのか、と問い詰めると、自分でもわからない、思い出せない、自分の行動が不可解だ、と言う。

恐ろしいことにFは、ここ数年の私に対する自分の言動を記憶していなかった。今日、私に強く問い詰められなければ、Fさんのために私が酷く傷ついていることを、F自身が知ることもなかった。F自身は昔から何も変わらず、私と信頼関係があると信じ込んでいた。

私は、Fの私に対する態度が酷く変わってしまったのは、もう私の才能を認めていないから、私に関心が無くなったからだと思っていた。そのことは私にとって酷く惨めで悲しいことだったが諦念するしかないと思っていた。

ことの次第が呑み込めなくて、私自身、困惑して朝7時まで眠れなかった。ビールを飲んでやっと寝た。

昼になり、共通の友人にそのことを話すと、「それは怒るようなことじゃない。Fは自分が鬱状態の時のことを覚えていない。乖離症。記憶障害。」と言われた。

夕方、Fに電話して、昨日の話を覚えているかと聞き、私が話すことをメモしてほしい、きちんとメモして数日後に忘れていないか確認してほしいと告げた。

それから、昼間友人が言っていたことを伝え、「鬱病、あるいは認知症、アルツハイマーの前段階。とにかく脳の活動が著しく抑えられていると思う。」ともはっきり告げた。

そして話しているうちに、はっと気づいたのは、Fさんが常用している睡眠薬も関係あるのではないかということ。

ゾムビデム。「脳の活動を抑える」。「精神症状や意識障害が起こる危険性がある」「もうろう状態、睡眠随伴症状(夢遊症状)」と副作用に注意喚起が追記された薬。

重大な副作用に

離脱症状 、 薬物依存 、 反跳性不眠 、 いらいら感 、 精神症状 、 意識障害 、 譫妄 、 錯乱 、 夢遊症状 、 幻覚 、 興奮 、 脱抑制 、 意識レベル低下 、 一過性前向性健忘 、 もうろう状態 、 服薬後入眠までの出来事を覚えていない 、 途中覚醒時の出来事を覚えていない 、 呼吸抑制 、 炭酸ガスナルコーシス 、 肝機能障害 、 黄疸・・・などなど記載されている。

確かにFさんの言動が私に理解できないほどおかしくなったのは、睡眠薬を飲み始めて少ししてからだ。おそらく年齢に対して薬物過剰摂取で、日中も十分に代謝されずに残っているのではないかと思う。

鬱自体が脳の活動を抑えられた状態であり、(鬱だから苦しくて不眠になり、睡眠薬を飲むのだが、)さらに睡眠薬が脳の活動を抑える。結局認知症と似た症状になる。

とりあえず糖質、揚げ物、添加物をなるべく摂らずにたんぱく質と野菜を多く摂ることをすすめた。おいおいナイアシンやメラトニン、DHAなど、不眠や不安、脳に効くサプリを送ると。

薬をやめる方向に持って行ったほうがいいと思うが、私は経験者ではないので、離脱症状についてはよく調べないとまだわからない。

 

 

 

 

|

2020年5月30日 (土)

鷺の宮、細田家、三岸好太郎・節子アトリエ

5月24日(日)

自転車で中野区鷺宮方面へ。

阿佐ヶ谷北6丁目で、私の生まれてからの経験で最も繁茂したスミレの群生を見つけた。今はとうに花は終わり、長三角披針形の葉と風力発電の羽のような種の莢だけ。来年の4月にきっと見に来よう。

・・

初めて来た鷺宮で、素敵な緑の小道と、大好きだった阿佐ヶ谷住宅の面影のテラスハウスを発見して胸が熱くなる。

Sdsc01015

前川國男と関係あるのか、と帰宅してから調べたら、はたして前川國男設計の、昭和32年に阿佐ヶ谷と烏山と同時に建てられたテラスハウス「鷺の宮住宅」だった。

Sdsc01017

Sdsc00911
大好きだった阿佐ヶ谷住宅が壊される時はすごいショックだったけれど、こんなところで偶然に姉妹の建物たちに巡り会えて感激。

Sdsc00908

・・

中野区に唯一残る江戸末期からのかやぶきの古民家、細田家の屋敷森。

Sdsc00920

しんとした巨樹の森の周りの道を通るだけで、ひんやりと涼しい森の呼気に満たされる。

Sdsc00919

森は3250㎡もあるらしい。道路拡張で無くなってしまう話があるらしいが、これだけの素晴らしい屋敷森と古民家が、どうか残りますように。

Sdsc01005


細田家からほど近く、こちらはレンタルもしている古民家、浅五郎邸。築100年だそう。
Sdsc00929

きょう最後の目的地、三岸好太郎・節子アトリエ。こちらもレンタルしているらしい。内部公開の日に来てみたい。
Sdsc00958

いかにもバウハウスなモダニズム建築。1934(昭和9)年、山脇巌の設計。
Sdsc00975

Sdsc00961

建てられた当時、農村の中でさぞ目立っただろう。『豆腐の家』と呼ばれていたそうだ。

Sdsc00963-2

しみとかすれのニュアンスが美しい壁。花が散ったあとの雛罌粟の芥子坊主と、今を盛りのドクダミの花。

Sdsc00962

中野区鷺宮、上鷺宮、白鷺、西武線寄りの、うちから2~3km内に、中央線沿いよりも時がゆっくり流れている場所があった。大正から昭和初期に建てられたような洒脱な家をたくさん見た。

|

2020年5月 8日 (金)

自転車、西新宿、中野区本町、細い猫道

4月26日

新宿まで自転車で届け物。風が強い日。

山手通り近くの、私の幼い日の記憶のままの土手にもう一度行き、登ってみる。この草ぼうぼうの崖は、当時は何かが潜むようにどっしりと高くそびえていた。

Sdsc09939

鼠色のセメントの上のギザギザ。歪み。罅割れ。黒カビのはえた青磁色の大谷石。ザラザラ。僅かな土から旺盛に伸びる草たち。それだけで私の遥か昔の、個人的な質感と触感の記憶が充ち満ちて、内側から皮膚が張るようにピリピリ汗ばんでくる。
Sdsc09443 

決して幸せな幼年時代だったわけでもなく、幼い頃に戻りたいという懐古でもないのだけれど、ごく個人的な原初の(絵につながる)身体感覚を確かめたい欲求がある。

この土手の上の、母に手を引かれて入った小さなアパートの場所は、今は坂の下の道から見えるマンションになっている。

そのマンションの向いには空き地で、赤茶色に錆びた鉄の扉。大谷石とブロックの塀も、昭和40年代からずっとそのままの様子。塀についた表札に「新羽衣第二アパート」と書いてある。すぐ近くの羽衣湯(銭湯)と関係ある土地・・?

Sdsc09439
その先に進むと、西新宿5丁目につながる平坦な道はなく、小山をくるっと一回転して初めに登った坂の隣の坂から下るしかない。小さな山としてここだけ完結している不思議な地形。

元来た坂を下りる時、あまりに急で、荷物を載せた古い自転車が滑り落ちそうで怖くて、両足をつきながらとぼとぼ降りる。

Sdsc09445
私が5歳の頃、母の手を握ってこの坂を下りる時、すごく怖がって足がすくんで泣いた・・・ふとそんな記憶がよみがえる気がする。

それから、神田川から始まる細い暗渠の道を始まりから終点まで辿った。

途中に、先日も来た「はっぴいえんど」の1stアルバムの『ゆでめん風間商店』撮影跡の看板と柳橋にちなんだ柳の木がある。

柳の木の向かいの古いアパートの屋根に茶白の猫がいた。

Sdsc09468

暗渠の正面に見える高層マンションが「シティタワー新宿新都心」(福山家が昔お世話になっていた吉野湯跡に建つ)。

Sdsc09460

暗渠の中の蔦に絡まれた古い家が花屋になっていた。
Sdsc09490

暗渠の道を方南通りに出るとすぐ横に「西新宿5丁目駅」。方南通りを渡り、果たしていまだに存在しているのか確かめたい裏道があった。

駒ヶ嶺病院(現在は介護付有料老人ホーム「ねむの木」)の横から清水橋交番の方へつながる細く薄暗い猫道。幼稚園くらいから小学生の時、ぞくぞくしながら通った道。

片側がすっきりしてしまったがその道はまだあった。きょうは逆から辿る。

Sdsc09510

正面左に都庁のビルが見える。昔はもっと細くて鬱蒼と暗くて、この道をすり抜けていくのが大好きだった。隅にドクダミがはえた黒く苔むした塀は私が幼稚園の時から同じ。
Sdsc09516

西新宿から十二社通りを新宿中央公園の縁に沿って進む。角筈区民センターの前を左折。

中央公園の子ども広場は、4月19日に見た時は子供で賑やかでびっくりしたが、きょうは遊具すべてに緑色のネットが張られていて、人が少ない。

5月2日(土)

きょうも所用で西新宿の福山家へ自転車で行く。

山手通りを渡り、いつもの私の好きな土手の下の道に入ると、野良猫が3匹いた。まだ若い(2ヶ月くらい?)。耳がカット(避妊手術のしるし)されていないのを見るとすごく悲しくなる。

いつもの土手よりも山手通りに近いところの、さらに細い坂を登ってみる。

 Sdsc09920
細い尾根の道は直角に山手通りに続く。煤けた簾のかかった古いアパート。

Sdsc09570
この高台は私の思い出の小山のてっぺんと連なる尾根のはずだが、小山の頂点から行き来できない構造になっている。

崖下の家に降りるための古い階段がある。使用しているのだろうか

Sdsc09574

羽衣湯の横を通り、この日も暗渠を辿って行くと、なんと「はっぴいえんど」の『ゆでめん』(撮影跡)の建物の向いの八百屋さんが、営業していた。店内から楽しそうな音楽を流していた。私が中学生くらいからやっている八百屋さんだと思うが・・。

Sdsc09944

・・・・

財布の中に入れていたカード類(免許証、病院の診察券など)がないことに気づいたのはおとといの夕方。

室内を捜すが出て来ず、今日、怖々警察に電話すると、「届いている」と。

「え~?!!」と声に出てしまった。すぐに自転車で受け取りに行く。

拾ってくださったかたは連絡先を知らせない選択をされたということで、必要事項だけが見えるように四角く切り取られたグレーの紙で拾得者住所氏名部分を隠してあった。

このコロナ感染の恐ろしく不安な状況で、他人のカードを触ったり警察で書類を書くのも怖かったでしょうに、本当に申し訳ない。拾って届けてくださったかたには心より感謝を申し上げます。

落とした場所はいつものスーパーの店内のようだ。

 

 

|

2020年4月22日 (水)

 善福寺川の湧き水へ

4月8日(水)

家の近所の落ちた椿を拾って描く。椿の裏側や横から見た風情、落ちてばらけたところも美しいと思う。

椿(鉛筆デッサン、水彩)
Sdsc08656

白い八重の抱え咲き椿は「袖隠し」だと思ったが、もしかしたら「天の川」。神代植物園で見た「後瀬山」(神代植物園のものは薄い微かな桃色)と形はそっくりで純白。

椿(鉛筆スケッチ、デッサン、水彩)
Sdsc07876-2

 
きょうも善福寺川緑地で満開の八重桜「普賢象」をじっくり見る。

「一葉」も「普賢象」も淡紅色八重大輪。雄蕊が葉化しているので「一葉」。雄蕊が2本葉化しているので普賢象菩薩が乗る白象に見立てて「普賢象」。だが実際はどちらも雄蕊が葉化しているのが1本の花、2本の花、または葉化していない花が混じっている。

それから善福寺川に沿った細い道を川の水が湧いている善福寺公園あたりまで、自転車でさかのぼって行った。

途中、古いアパートや変わったつくりの建物、見慣れない植物(一重の木香薔薇など)を見つけながら、川の土手にへばりついて咲くスミレもしっかり見ながら、たくさんの橋を横切って進んだ。

荻窪近く、交通量の多い環八を渡る時だけ興ざめだが、それ以外は車にも人にもほとんど会わない静かな旅。

原寺分橋(はらてらぶばし)の湧水近く。水が澄んで川の中にアヤメが咲いている。
Sdsc08720

西日に輝く善福寺公園が見えた時は感激。
Sdsc08722

 

東京女子大の周り。象徴主義の画家が描いたような雰囲気の森。

 

Sdsc08724-2
Sdsc08735

Sdsc08729
ひっそりかんとして森の木々の声が聞こえそうな道。

杉並区善福寺から隣接した吉祥寺市東町の辺り、古い木の家やおしゃれな洋館風の家を眺めながら自転車で走る。

初めて出会ったものの写真をたくさん撮った。

帰りは環八から四面道、天沼に出て阿佐ヶ谷の欅屋敷の方から帰宅。家についたのは6時。

・・

プフの青いほう目の目やにが酷くなっているのでハナ動物病院に電話。あさって抗菌目薬をもらいにいくことになった。

|

2020年4月18日 (土)

植物の記録 落ちた桜、八重桜 デッサン

3月30日(月)

近所の黄緑色の八重桜「鬱金」が咲き始めた。

3月31日(火)

街路樹の若い林檎が満開。固い蕾の花弁の外側が紅色。

4月2日(木)

風が強い日。

近所のお寺が並んでいる道に落ちていた桜(染井吉野と大島)を拾って来て描く。

桜(ソメイヨシノ、オオシマ、鉛筆スケッチ、デッサン)
Sdsc08996

Sdsc08998

4月3日(金)

善福寺川緑地。

染井吉野はもうほとんど蕾がない。大島桜と大山桜が満開。

善福寺川を上って、西田橋まで行く。そこから河岸工事中。

八重桜「一葉」が満開。タッパーウェア持参で来ていたので、風で落ちた花をいくつか拾えた。きのう拾ったソメイヨシノは水にさしておいたらどんどん開花。

八重桜「一葉」(水彩)
Sdsc08659

桜(ソメイヨシノ、八重桜「一葉」 鉛筆スケッチ、デッサン)
Sdsc09001_20200417192101

八重桜「一葉」(鉛筆スケッチ、デッサン)
Sdsc09004
Sdsc08811_20200417192601

もう20年以上眺めて来た善福寺川緑地の春。
Sdsc08371

Sdsc08390

4月4日

林檎、スミレ満開。

善福寺川緑地の桜「思い川」が見頃。「一葉」は重く爛熟してきた。

4月6日

近所の禅寺のソメイヨシノ、枝垂桜、八重桜「普賢象」の饗宴。
Sdsc08556

「関山」はまだ咲きかけ。

善福寺川緑地も、昔から大好きな普賢象がついに満開。

 

|

2020年4月17日 (金)

植物の記録 桜 デッサン

https://chisako-fukuyama.jimdofree.com/pencil-drawing-watercolor-painting-1-tulip-anemone/

3月26日(木)

新宿御苑。

人が多いのが怖かったが、桜「白妙」(大輪白、八重)と「太白」をどうしても見たくて木曜を選んだ。今年は海外からのお客がいないはずなので空いているかと思ったが、予想より混んでいた。

まっすぐ「白妙」へ。太い幹がふたつに別れている奥のほうの高い幹だけが満開。手前の低い枝は蕾。

「白妙」は純白だが、蕾の時だけは花弁の先端に桃色のぼかしがある。

「太白」は2分~3分咲き。皺とうねりのある大きな花弁にとても惹かれる。サクラ類で最も花弁の大きな花。

桜「太白」(鉛筆スケッチ、デッサン)
Sdsc08171_20200415041801

咲きかけの「小汐山」が美しかった。オオシマサクラとヤマザクラの種間雑種と考えられる可憐な桜。

桜「小汐山」(鉛筆スケッチ、デッサン)
Sdsc08169

桜「染井吉野 ソメイヨシノ」(鉛筆スケッチ、デッサン)
Sdsc08176_20200415042201

人を避けて薄暗い林の中を歩くと、まったく目立たないところにポツン、ポツンと「白妙」の樹を発見した。これらの樹は花が枝の高いところにしか咲いていないので花のかたちを見ることができない。

これらの「白妙」には誰も気を止めない。ここにも存在していてくれることに気づけて嬉しい。

「新型コロナの予防について・・・手洗い、うがいを・・」と放送されていたが、茶屋にはいつものピーク時と同じに人がびっしり座っていたのを見て怖かった。私はいつも植物を見る時は時間惜しさにトイレ以外は休憩しない習慣なので、茶屋やレストランに入ったことはない。

薄暗く青灰色の山桜を背景に輝く染井吉野。

Sdsc07923-3

森の端っこにある、ほとんど誰も見ていない私の大好きな倒れたヤマザクラ。またこの樹に会えて嬉しい。

Sdsc08037

今が盛りのヒスイカズラを見ようとしたら、温室は閉鎖されていた。温室内は湿度も温度も高いが、それでも密室は危険なのだろうか。

3月27日(金)

「白妙」の手前の枝と「太白」の開花が気になり、再び新宿御苑へ向かう。

正午過ぎに着いたら、大木戸門が閉鎖されていた。

急に決定になったらしい。これで神代植物園も閉鎖されたので、ずっと楽しみにしていた「スミレ展」も見られないが、人から逃げながら植物を見に行くこともなくなり、少しほっとする。

久しぶりに世界堂画材店へ。いつもは混んでいるフロアに客は2、3人しかいなかった。いつもと異なる紙を買おうとしたが、スケッチブックの紙見本が手垢でボロボロになっていて今は見本を触るのが怖かったので、結局いつもの日本製を選んだ。

3月27日(金)

予約の一週間前なので病院に電話。ひと月前はぎりぎり不可だったが、今回はスムーズに、通院せずに処方箋を近所の調剤薬局に送っていただく手続きができた。

4月3日の予約当日に調剤薬局にファクシミリを送るそうなので、薬局に電話して薬の在庫があるか確認(自分の薬の㎍量を暗記しておく必要あり)。

いつも本を読んだり、小旅行のつもりで病院に行っているが、往復の乗車4時間はきつい。診療自体は5分ほどで、診療待ちが20分、会計と薬の待ち時間がさらに1時間。

3月28日(土)

善福寺緑地へ。

ソメイヨシノ、オオシマザクラ満開。オオヤマザクラはまだ蕾。

桜の花の柄の付け根の托葉の部分をスケッチする。

3月29日(日)

満開の桜に重い牡丹雪。
Sdsc08144

スミレたちも凍えた。
Sdsc08138

長靴を持っていないので、スニーカーで雪の中の植物を撮り歩いたら足がずぶ濡れになってかじかんだ。

|

2020年4月16日 (木)

植物の記録 椿 桜 デッサン

https://chisako-fukuyama.jimdofree.com/japanese-style-paintings-1-膠絵/

3月22日(日)

神代植物公園。

鮮やかな朱色のミツマタが満開。

去年の夏にヤマユリがたくさん咲いていた木陰で、満開のカタクリの群れを初めて見た。母の生家(柏崎の山側)の裏山で毎年咲いていると聞いていた花。微妙な薄紫色、俯いてくるんと丸くそる細い花弁、葉の斑に特徴がある。

アーモンドの花が満開。ピンクの一重の桃に見える。

桜「神代曙」が見頃。去年、新宿御苑で見た「アメリカ」(ソメイヨシノの雑種)にそっくりと思ったら、やはり日本に帰って来たアメリカを神代植物園で接ぎ木して育てたものから特徴の違う花が出たものだった。桃色のぼかしのたいへん甘美な桜。

まだ硬い茶色の枝々の樹を背負って、臈長けた狂女のような枝垂桜。(鉛筆スケッチ、水彩)
Sdsc08884

源平桃が満開。白、白地に桃の斑入り、薄桃、濃桃、紅と賑やか。

白、八重大輪の照手桃。名前は照手姫伝説から来ているのだろうか。

薄墨桜(?)が満開。ソメイヨシノともオオシマとも違う、透明感のある白く小さな花。翳のある美しさ。

ソメイヨシノは2分から3分咲き。

満開の椿・・・淡路島(白地淡紅〜濃紅縦絞一重唐子咲き)、御所車、古金襴(白地に濃紅の縦絞り)、紅千鳥(紅色地に白斑の入る八重咲き、散しべ)、菊更紗(白地に紅の縦絞り)、花富貴(濃桃八重抱え咲大輪)、黒椿、春の台(はるのうてな。淡桃地に紅縦絞りや小絞り。かたちは都鳥に似ている蓮華咲。)明日香、鴇の羽重、草紙洗(吹掛け絞)、玉霞、神楽獅子、絞唐子、桜司、出羽大輪、太神楽桃清司(だいかぐらとうせいし)、日暮、狩衣

椿「神楽獅子」(鉛筆スケッチ、水彩)淡桃地に少数紅絞り、牡丹~獅子咲き。大小の花弁の中に蕊が折りたたまれるように混じる。
Sdsc08059

椿「京唐子」(鉛筆スケッチ、水彩) 唐子咲き(おしべ、あるいは葯の部分が旗弁に変形している椿)の中でも、淡路島(小輪)、絞唐子(中輪)よりも一段と華やかな大輪の白地に紅の絞り。葯が残っている花とすべて弁化したものがあり、色は濃い紅だけのものもあった。
Sdsc08062_20200412021201

椿「淡路島」(鉛筆スケッチ、デッサン)
Sdsc08898

椿「絞唐子」(鉛筆スケッチ、デッサン)
Sdsc08897

梅林の端っこには「無類絞り」がまだ咲いていた。これ以上ないほどの美しい絞りの大輪の梅だそうだが、やや盛りを過ぎて絞りの桃色がにじんでぼやけていた。

武蔵野の雑木林はいよいよ早緑の芽がふきだした。

林の中にカンザキオオシマ。普通のオオシマよりも薄い桃色を感じた。

日向にはナズナ、ホトケノザ、オランダミミナグサのちっちゃな花たち。

3月25日(水)

善福寺川沿いを自転車で走る。ソメイヨシノ満開。

例年なら平日は桜満開でもほとんど人はいないのだが、今年は休校しているせいか家族連れが多い。

五日市街道から近い仮設トイレのあるエリアに人が密集。大学生と見える人たちが10人くらいで宴会。ほかにも3、4人で花見酒を飲んでいるグループがけっこういた。私はマスクをしない人と会うのが怖くてたまらないのでぎょっとした。

通過して人のいない林へ。高い小枝からヒヨドリやシジュウカラと風の声だけ。善福寺緑地は広いので、桜の季節にもどこかしらとても静かな場所を見つけることができる。

Sdsc07836-2
桜の下にはタンポポ、スミレ、ハルジオン。

釣り堀武蔵野園のお食事処も、普段は静かなのに、きょうは自転車で来た子供たちで賑わっているようだった。

近所の見られる範囲で6種類のスミレが満開。

|

より以前の記事一覧