ねこ

2018年9月17日 (月)

『デッサンの基本』 第31刷り

9月17日

『デッサンの基本』(ナツメ社)増刷、31刷りになっています(5月15日に増刷のお知らせをいただいていましたが、記事にするのが遅れました)。

自分が気になったもの、心を動かされたものを、その時その時の感覚でとらえて描く「素描(デッサン)」や「スケッチ」は、楽しくて、思い出の記録にもなります。

マチエールに凝り、何か月も描き続け、どこを「絵の完成」とするのか、それ自体に苦しむことも面白いけれど、

見ているものの変貌、自分のものの見方の変化、そうした対象と自分の身体との関係性を、もっと短い時間で紙に残すことのできるデッサン(素描)は、なお面白いと思います。

私はデッサン(素描)というものを、言語ではとらえきれないものと関わる手立て、そこに在るものを発見する行為だと思っています。

私ににとって「絵」は、生命的なものとの交接、収奪ではなく受容、静かな愛情関係であり、その痕跡です。

・・

私がチューリップを好んで描くのは、世間一般に広く浅く共有されている「チューリップ」という言葉とそこから喚起されるイメージをはるかに超えた、劇的で妖しい変容を見せる花だからです。

丸くてかわいい観念の「チューリップ」ではない、自分が体験した奇妙な生命を描きたい。そういつも思っています。

なかなか花屋に出ないチューリップ「エステララインベルト」。4月5日に購入。

Sdsc07620

Sdsc07621

上が4月6日、下が5月15日のチューリップ(エステラ・ラインベルト)。萎れてかさついていくことによって、妖艶に変身する。
Sdsc07622

八重の少し萎れかけたフランスギク。
Sdsc07623

濃い紫のアジサイ。
Sdsc07625

植物の変容、緩やかな運動、微妙な色、細部の不思議に飽きることはない。

動物たちの愛らしい仕草にも限りなく魅せられ、飽きることはないです。

レッサーパンダ(ソラ。♀)の素描。ふっくら、おっとりしている。
Sdsc07626

グルーミングするソラ。しっぽが長く、しっぽの先が細い。
Sdsc07628

レッサーパンダ(ラテ。♂)の素描。
Sdsc07630

くるりんしっぽで後ろ姿がかわいいラテ。
Sdsc07631
レッサーパンダ(メイタ ♀)の素描。愛嬌たっぷり。生まれた時は男の子に間違えられていた仔。
Sdsc07632

うちの猫、ちゅびが赤ちゃんだった頃の素描。

Sdsc08005

Sdsc08067

うちに来た日。まだ眼が見えていなかった頃のちゅび。
Sdsc07637

おなかだけが張って、手足が恐ろしく細く、汚れていて、ネズミの子みたいだった。

Sdsc07634_2

素描(スケッチ)と同時に、画面右下にはその時のちゅびの授乳、排泄の記録をメモした。

Ssdsc07636

きょうのちゅびの素描(デッサン)。やせているが筋肉質で重く、運動能力抜群の甘えん坊。

Sdsc08063

|

2018年9月16日 (日)

ちゅび(ぴょんすけ)の記録 9月16日 白血病検査

9月16日

明日の朝、私はイタリアに旅立つ。

昨年、はるかイタリア中部からメールをくださり、私の一番苦しい時期にずっと変わらず支えてくださったChinamiさんのお宅にお世話になりに行きます。

今、心配なのはちゅびのことばかりだ。

朝9時前にちゅびを連れて病院の扉の前に並ぶ。もうすでに3組くらい並んでいた。

快作先生がTシャツ姿で犬のハナちゃんを背負って「おはようございます!」と出勤して来られ、扉が開く。

待合室で、ちゅびはキャリーのネットの隙間から強引に鼻づらを出して大騒ぎ。

白血病の血液検査。「大きくなったネ。」と快作先生(よくここまで生き延びてくれたね、と内心、涙。。)。

結果は陰性だった。陰性なら予防接種としてワクチンを打つのかと思っていたら逆で、陽性だった場合に打つということだ。

Sdsc08028

公園の満開の彼岸花の前で撮ろうと思ったが、座って煙草を吸っている人がいたので、花のない紫陽花と椿と南天の前でちゅびと。
Sdsc08047

帰宅してから、ちゅびはずっと私の膝の上でゴロゴロ甘えっぱなし。お風呂にもついて来る。

眠りながら赤ちゃんの頃にお乳を吸っていた夢を見て口をチュッチュッチュチュッと動かしているのがとてもかわいい。

ちゅびが愛しくて愛しくてたまらない。明日から離れることを思うと胸がぎゅっと絞られる。

きょうのちゅびの素描(デッサン)。

Sdsc08061_2

ちゅび、元気にしててね。
Sdsc08060

|

2018年9月15日 (土)

ちゅび(ぴょんすけの記録) (9月14日~9月15日)

9月14日

きょうはちゅびがうちの子になった日から3か月目。

拾った頃は少し寒い雨の日もあり、脱水してミルクもうまく吸えず、ヘルペス(ウイルス性鼻気管支炎)もあった。

それから身体中ブツブツのカサブタだらけになって、この子は長く生きられないんじゃないか、と不安で泣いてしまったり。

今は2回のワクチンで抗体もばっちりできて、元気いっぱい。

心配なのは私がイタリアに旅立つ間、ちゅびを預けている友人が、新参の赤ちゃんチョビも24日頃に預かることになっていることだ。

扉の閉まる部屋(風呂、トイレ、洗面所)に隔離し、キャリーの中だけで授乳、排泄させて、手をAP水消毒する。それを10日間、私が帰国するまで絶対にちゅびに間接的に接触させないようにできるだろうか。

ちゅびねこの赤ちゃんの時の素描(デッサン)。

Sdsc07995

Sdsc08007

Sdsc08012

かつて一緒に撮ったシュタイフ猫のぬいぐるみとちゅび。
Sdsc07971

2018年6月23日のシュタイフ猫ぬいぐるみとちゅび。
Sdsc03613

ぬいぐるみのほうが大きいくらいだった。
Sdsc03619

ぴょん!
Sdsc07980

9月15日

一日中私にくっついているちゅび。

昼は私の膝の上。夜は私の枕の上で、私の頭や首に半身をのせるようにして眠る。

Sdsc08014

Ssdsc08026

旅行の準備、ちゅびのことが心配でそわそわして自転車の鍵を失くしてしまった。

今のミヤタの自転車を買ったKサイクルのおじさんに鍵を付け替えてもらう。

自転車の後輪を右手で持ち上げながら店まで行くのが重くてたいへんだった。右の指の付け根が痛くなった。

おじさんのお店はは昭和21年からだそうだ。現在81歳。背筋がぴんと伸び、休日には多摩川で鮎を釣ってくる元気な人。私はここのおじさんにとてもお世話になっている。

|

2018年9月14日 (金)

ちゅび(ぴょんすけ)の記録(9月12日~9月13日)/ 白猫の赤ちゃん

9月12日

朝10時、Sさんと病院で待ち合わせ。赤ちゃんが入った小さな箱を抱えたSさんが来る。

カルテにSさんは「チョビ」と名前を書いていた。ちゃび、ちゅび、と来たらちょびだよね、と。

ニャア!ニャア!と思ったより元気。しかし小さい。生後一週間で200gくらいになるのが標準なのに135g。。眼は開いている。

Sdsc07893

Sdsc07894


Sdsc07897

おととい下痢をして心配したが、きのうの夜から急に元気になってミルクを飲んだそうだ。

先生におしっこをちょんちょんして診てもらう。脱水はない。輸液はなし。蚤もだいじょうぶ。

「今の時点で大きな病気ではなさそうですか?」と尋ねると

「人間の子どもと違って猫の赤ちゃんの病気はよくわかっていないし、判断できない。今はまだ、いつなにがあるかわからない段階。4時間ごとに箱をのぞいて、さっきまで生きてたのにもうだめってこともあるからね。」と言われた。

「毎日体重を計って。増えていなかったら重篤な病気だから。」

ちゅびの時のように、かぶれ、ただれがいくらかあったが、今は抗生物質をやるのも危険、できればやりたくない、やる時はタイミングを図ってやるそうだ。

やはり2回目のワクチンが完了する(生後1か月半くらい)までは完全に隔離したほうがいいと言われた。

とりあえずSさんに面倒をみてもらい、その後、様子を見ながら私の友人と私に引き継ぐことにしたが不安がいっぱい。

9月13日

3か月前の今日、ちゅびはチョビと同じ駐車場で拾われた。

Sdsc07917


Sdsc07926


Sdsc07949

毛利武彦先生のクジャクの版画と、若林奮先生の写真と、ホルスト・ヤンセンのポスターのカラーコピーと、私の描いたクリの絵とちゅび。
Sdsc07957

9月13日

20年前に買ったちゃびとこなのためのハーネスをつけてみたちゅび。もう少し淡いピンクが似合うんだけど。

Sdsc07958

おとといあたりから特に私にべったりくっついてゴロゴロ言いまくり。夜もぴったり寄り添って眠っている。

もうすぐ私が旅行に出るのがわかるのだろうか、と思う。

|

2018年9月11日 (火)

ちゅび(ぴょんすけ)の記録 (9月7日~9月11日)/ 白猫赤ちゃん/ 花輪さん無事

9月7日(金)

ちゅび、去勢手術のため、朝9時に動物病院に預ける。マイクロチップ(迷子防止)も入れることにした。

私はパスポートに受領に西新宿の都庁舎へ。

そのあと、中野でオーバーホールに出していたカメラを受け取り、古本を見、ちゅびが家に来て以来、初めての外食。

6時にちゅびを迎えに病院へ。

快作先生がソフトキャリーを下げて出てくる。よほど緊張していたのだろう、ちゅびは私の声を聴いた瞬間、じょわ~と大量のおしっこをもらす。

キャリーからじょ~と流れ落ち、快作先生の服と待合室の床を汚した。「わ~っ、迷惑~(笑)」と快作先生。

私の顔を見て「にゃあ!にゃあ!」と大暴れ。ほかのお客さんも「見せて。」とちゅびの顔を見に来た。「お母さんに甘えて幸せね~。」と。

うちに余っていたちゃびのキドナ(高カロリー流動食)とセレニア(吐き気止め)を先生にもらっていただいた。

病院の近くの葡萄の実るお宅の前でちゅびと。

Sdsc07758

猛々しかった夏の名残りの凌霄花(ノウゼンカズラ)の前でちゅびと。
Sdsc07774

家に着いたちゅびはゴロゴロ甘え欲求爆裂。はしゃぎまくってすごく元気。

手術の痕はまったくわからない。去勢手術は縫わないで自然にくっつくそうだ。動物の治癒力、おそるべし。

ひもで遊んで絡まったちゅび。
Sdsc07818

9月8日(土)

まんがみたいな眼のちゃび。
Sdsc07828

私の薬のはいっていた袋でご機嫌なちゅび。
Sdsc07830

夜9時からアニメーションダンス。細かい音に微細に合わせる振り付けが面白い。きょうの私のほかの生徒は役者さん(20歳)と学生さん(19歳)。

9月9日(日)

のんびりすやすやのちゅび。
Sdsc07844

Sdsc07850

Sdsc07852

9月10日(月)

Sdsc07859

私に甘えてくっつきっぱなし、ゴロゴロ言いっぱなしのちゅび。
Sdsc07860

イタリア出発まであと1週間となった今日、どきどきする事件が起きた!

3カ月前ちゅびを六本木の駐車場で保護してくれたSさんから電話。

なんと・・・まったく同じ場所に、また赤ちゃんが落ちていたという。まだ130gだそうだ。

その赤ちゃんの子育てについて、手伝いたいが、どうしたらいいか、すごく悩む。

一番問題なのは、伝染性疾患のちゅびへの感染だ。ちゅびは3種混合は2回受けているが、エイズと白血病の検査はまだしていない。

夕方4時、隔離しながらの子育て方法について病院に聞きに行く。保護団体の人がちょうど来ていたのでいろいろ伺う。

野良猫の赤ちゃんは、2回目のワクチン接種完了まで先住猫と完全隔離したほうがいいとのこと。

扉の閉まる部屋に隔離し、小さなペットキャリーに入れっぱなしで、使い捨て手袋とエプロン着用で授乳、排尿、排便を行うそうだ。

毎回のAP(次亜塩素酸)水と石鹸での手洗いもたいへんだ。

・・・

夜、花輪和一さんとやっと電話がつながった。停電が復旧してからも花輪宅の電話だけがうまくつながらなかったらしい。

停電の夜、初めて見る素晴らしい星空だったと。7月に私が見た札幌の夜空は、東京とは比べものにならないが、それでも住宅地の灯りで星はぼんやりしていた。

缶詰の買い置きがあったので食べ物はなんとかなったそうだ。どこの店にも野菜がないという。

庭のキュウリも地震の前の台風でやられ、トマトもなかなか色づかない。すぐ近くの白樺林は台風で数本の樹が倒れたが、土砂崩れはなかったそうだ。

とにかく怪我もなく無事でよかった。

今月は、ビッグコミックオリジナル増刊号『風水ペット』の締め切り月なのでたいへんだ。

9月11日

Sさんとメールで何度も話す。白猫赤ちゃんはミルクの吸いつきが悪く、すぐに眠ってしまうのが心配とのこと。

とりあえず明日、動物病院で待ち合わせることになった。

ここ数日、ソフトキャリーに飛び込むのがお気に入り。
Sdsc07874

ソフトキャリーの中に隠れつつ、おもちゃをつかまえるちゅび。
Sdsc07879_2

えいっ(ぴょん)!
Sdsc07892

|

2018年9月 6日 (木)

ちゅび(ぴょんすけ)の記録 (9月1日~9月6日)

9月1日(土)

ちゅびは昼間は私の膝の上、夜は本棚のてっぺんにいる。

私の膝の上にいるときはゴロゴロ言いっぱなし。私がトイレに行っても、お風呂に行ってもぴったりくっついてくる。

私がキッチンでお茶を飲むとき、部屋の扉を閉めて閉じこめたら大騒ぎ。

あと10日ほどで、私はイタリアに行く。

その間、友人にちゅびを預かってもらう。友人は猫の子育て経験は豊富なのでだいじょうぶだと思う。

Sdsc07619_2

夜9:30からアニメーションダンス。

台風が近づいていて少し雨が降っていた。お寺の庭から虫の音。

H先生は21歳。高校生の時には有名なパフォーマンスグループenraの一員として海外を廻っていたらしい。enra(脱退したH先生のダンスは削除されていた)をyoutubeで見たが、私の感覚では興味を惹かれなかった。

私は妖しいダンスにしか興味がない。今のH先生がひとりで振り付けるダンスのほうが不気味さがあって好きだ。

9月2日(日)

Sdsc07679


Sdsc07681

夜7時、旅行保険の件で再び出かける。ヨーロッパ旅行の話で盛り上がる。

朝10:45と夜23:20に、2回のうんこ。

9月3日(月)

Sdsc07683

夜は家の中で一番高いところにのぼり、そこで落ち着いている。
Sdsc07688

9月4日(火)

猛烈な台風21号。夕方、強風のためソウルダンスに行くのを断念。

カーテンレールよりさらに高い本棚のてっぺんのちゅび。

Sdsc07696

9月5日(水)

きょうも夜、本棚のてっぺんでくつろぐちゅび。

Sdsc07700

Sdsc07708


Sdsc07705

昼1:35と夜23:50に、2回のうんこ。

9月6日(木)

北海道の地震。花輪和一さんに電話がつながらない。函館の写真家、高橋亜希ちゃんも心配。

・・・

明日、去勢手術。

昔は生後6か月経ってから手術していたが、最新の研究ではもっと体重が少ないうちにやったほうが負担が少ないと快作先生。体重1kgでもだいじょうぶだと言う。

そうは言われても、かわいいちゅびが心配。ちゅびはまだやっと3か月(人間の5歳)。

体重2100g。最初に会った時の10倍。ついに2kgまで計れる調理用の計りでは計測不能になった。

Sdsc07716

Sdsc07732

|

2018年9月 2日 (日)

ちゅび(ぴょんすけ)の記録 (8月24日~8月31日)、がん定期健診、フランソワ・マトゥロン

8月24日(金)

中川幸夫先生の映画を見るため、友人にちゅびを見てもらって夕方4:40に外出。帰宅は夜10時。

Sdsc07364_2

8月25日(土)

夜7時2分前、まさに動物病院の診療時間が終わる瞬間を見計らうように、楽しそうにプラボールで遊んでいたちゅびに事件が起きた。

「ぎゃあ!ぎゃああ!」と、今まで出したことのない異様な声で叫び、身をよじってばたんばたんと苦悶に狂ったように大騒ぎ。

すごい速度で跳ねているので、なにがあったのかわからなかったが、プラボールが手から離れないのだ。

「ちゅび!どうしたの?」とはずしてあげようとしたら私の右手の指に激痛。キバが刺さったらしく、ぱあっと出血。

19:01に動物病院に電話したら、時間外料金がかかるが診てもらえるというので、急いで病院へ。阿波踊りの雑踏を抜けて走る。

なんと、診察台の上に乗ったら急に神妙な顔でおとなしくなり、あっさり、快作先生がプラボールをはずした。

プラスチックが折れて指に食い込んでいるのかとあせったのに、指がプラとプラの間に挟まっただけだった。

時間外診療代2836円だったが、1000円まけてくれた。 

Sdsc07379
これがちゃびを恐怖に陥れたプラスチックボール。

夜、8時半、阿波踊りの熱が冷めやらぬ高円寺の街を自転車で走る。高円寺という寺の門前通りの飲み屋が、いつになく賑やかだった。

9時からアニメーション(のヒップホップ寄りのアーバン)ダンス。FKJの「Skyline」という曲に合わせて振り付け。帰りは11時過ぎ。

8月26日(日)36℃。

Sdsc07440

夜7時、イタリアのChinamiさんとSkype。9月にはお会いできる緊張と興奮。

深夜、0時過ぎに、ちゅび、興奮。2回目のうんこ。

8月27日(月)36℃。

25日くらいから和柄の首輪をしているちゅび。鈴はどうしても取ろうとして暴れたのではずした。

Sdsc07500

男の子だけど鼻の色と同じピンクが似合う。
Sdsc07516


Sdsc07486

8月28日(火)

朝、8:35に家を出、9時ぴったりに新宿都庁着。パスポートの申請。10分で終了。

Skype20180829120715

5:30~7時、D先生のLockレッスン。私ひとり。上げる腕の肘角度を90度にしないとダメ、などスパルタ(笑)。できるまでずっとくり返し。疲れたので8:30からのソウル、パンキングはお休みした。

8月29日(水)

昼、うんこの中に刺身のツマのようなものがあった。蟯虫か?と思ったが動いていない。下痢もしていないし虫ではなさそう。

ちゅび~、いったい何を食べたの?

Sdsc075402

8月30日(木)

「ぷふい。」

Sdsc07596

旅行の保険に加入しに行く。

日暮れ時、阿佐ヶ谷の古い大きなお屋敷の横の道を自転車で通る。長く続く大谷石の塀の上にカラスウリの白い花が咲いていた。
Sdsc07546

8月31日(金)

11:30に家を出て鎌ヶ谷の病院へ。血液検査とレントゲン。1時間後に結果が出る。

血液検査の結果、甲状腺ホルモンの値は良好。「栄養状態も良好です。」と言われた。普段は調べることがないが、前回、私がやつれていたのを心配して先生は栄養まで計測してくれたらしい。

レントゲン結果も変化なし。

去年からすごく気落ちしていたが、ちゅびが6月に来てからとても忙しくて元気になった、と言ったら「守るものがあるほうがいいんですよね。」と。

運動(ダンス)を始めたことと、9月にひとりでイタリアに行くことを「活力があるのが一番です。」と、とても喜んでくれた。「なにか持っていきますか?」と、ビタミンとミヤBを出してくれた。浅井先生は優しい。

『もはや書けなかった男』(フランソワ・マトゥロン著、市田良彦訳、航思社)とちゅび。

「事後的」にではなく、「生(なま)の苦しみ」を語る言葉。「証言」ではなく、「証言」をさえ対立させる「経験」。くり返し問いかけられる、「誰が身体を知っているというのか、その力能と無力を」。

Sdsc07610

私の縫った噛み癖防止ミトンとちゅび。
Sdsc07617

|

2018年8月25日 (土)

ちゅび(ぴょんすけ)の記録 (8月19日~8月23日)

8月19日(日)

眠そうなちゅび。

Sdsc07111_2

眠気がさめるとすぐ手を噛もうとする。
Sdsc07132_2

8月20日(月)

Sdsc071922

8月21日(火)

ついに「噛みぐせノン」という私の手に塗る商品を購入。マタタビとワサビが入っている。塗った手をぺろぺろなめたあと、ちょっと噛むのをやめる。

Sdsc07203

帽子の中のちゅび。
Sdsc07210

この日は昼12時すぎから仕事で重たいPCをキャリーバッグに入れて西早稲田へ。暑かった。

夕方、ちゅびの血液検査に病院へ。体重は1600g(でかい!)。

腕の傷の多さに驚かれる。快作先生がちゅびに「おまえ、おとなしくしないの?ん?」と話しかけていた。

9月7日に去勢手術と言われる。

夜はソウルダンス。ジェームス・ブラウンの「セックスマシーン」のステップやチャチャなど。「物覚えがいい」とほめられる。終わって帰宅すると10時半。

8月22日(水)

Sdsc07241

台所の食器棚の上によく寝ている。初めてお風呂の蓋の上に上がる。

8月23日(木)

ねこじゃねこじゃを踊るちゅび。

Sdsc07286
しゅしゅしゅばしゅばしゅば。。。
Sdsc07303

『動物を追う、ゆえに私は(動物で)ある』の本と、本棚のてっぺんにいるちゅび。

Sdsc07328

Sdsc07333_2
この1m80cmの本棚のてっぺんから飛び降りてくるようになった!



|

ちゅび(ぴょんすけ)の記録(8月13日~8月18日)

8月13日(月)

Sdsc06841

8月14日(火)

おとなしく寝なさい。
Sdsc06851

寝てなさい。

Sdsc06855

8月15日(水)

スカイプより。(この日、カメラで撮るのを忘れた。)

Skype20180815163816

8月16日(木)

窓辺のちゅび。瓶の中にあるのは神奈川の海辺で拾ったビーチグラスと青いガラス瓶。

Sdsc06860

8月17日(金)

私の左腕のちゅびにやられた傷と、リラックスするちゅび。

Sdsc06870

毛糸玉で遊ぶ。

8月18日(土)

Sdsc06949

一番高い本棚のてっぺんに、やたらに上るようになった。
Sdsc07065

|

2018年8月17日 (金)

ちゅび(ぴょんすけ)の記録 (8月8日~8月12日)

8月8日(水)

ちゅびは、偶然ではなく、明らかに好きでPCの上にやたらに乗りたがる。画面の光につられているみたい。

私がちょっと席を立った時、必ずキーボードの上に乗ってがちゃがちゃやっている。

私が席に戻ると、PCの設定が変更されている。インターネットエクスプローラーが出なくなったり、編集、表示などのバーが出なくなっていたり・・。

Sdsc06599

そろそろ首輪かな、と思って、和柄の首輪のレビューを見ていたら、「うちの2ヶ月、700gの子に使っています」という一文に衝撃!ちゅびは2ヶ月で1300gだが・・。

子猫の体重を調べたら2ヶ月で900~1000gくらいらしい。ちゃびは華奢で可憐な赤ちゃんで、2ヶ月の時、800gくらいだったような気がする。

「こいつは大きくなるよ~。ゴンタとか、そういう名前がいいね。」と快作先生が言っていたとおりに。。。ひぃぃ・・

正直、あまり大きくなられると、私の体力ではすごく困る。

Sdsc06590

8月9日(木)

ダンスっぽいポーズ。

Sdsc06605

Sdsc06664

棚の上で私の絵を倒しながら眠ってしまった。(上に見えているのは花輪和一『天水』の頃の河童と童女のペン画で、私の絵ではありません。)
Sdsc06672

8月10日(金)

なぜかシーツをなめるぺろぺろちゅび。
Sdsc06687


私のスニーカーの箱からおもちゃを狙うちゅび。

Sdsc06769

少し穴を大きくした。
Sdsc06774


Sdsc06775


Sdsc06792

蒸し暑い夜。この日は廊下に柄がそっくりな訪問者あり。3cmくらいのちっちゃなヤモリ。

Sdsc06692_2

Sskype20180810111008


Sskype20180810111016

8月11日(土)

Sdsc06798

Sdsc06810

夕方からカメラNEX-6の調子(露出異常など)を見てもらいにフジヤへ。預けてくる。

8月12日(日)

古いシュタイフやシュコーがびっしり詰まったアンティーク戸棚(時代本箱)の上で眠るちゅび。

上にあるのはHorst Janssenの銅版画「Zwiebel」(玉葱。ハンブルクの Verlag St. Gertrudeで買ってきたもの。)

Sdsc06824

時代本箱の中の白い紙は若林奮先生からいただいたはがき。若林先生が山犬を彫った緑のハンコとちゃびの落ちた髭とともに。

Sdsc06817_2

流木に顔をのせて眠るちゅび。
Sdsc06830

|

より以前の記事一覧