日常

2016年5月26日 (木)

阿部弘一先生からの原稿 / 顔の湿疹

5月24日

詩人の阿部弘一先生より荷物が届く。たいへん大切なものだ。

阿部弘一詩集『測量師』、『風景論』などの原稿、それらの詩集の毛利武彦の表紙絵。

私の師である毛利武彦先生からの阿部弘一先生への長年にわたる書簡。

ていねいに分類して年代順にまとめて、それぞれを紙紐で結んであった。

これらは、拝読させていただいてから世田谷文学館に収めたいと思っている。

阿部先生に電話し、大切なお荷物を拝受したことを伝える。奥様の介護がたいへんなご様子だったが、とても久しぶりに阿部先生のお元気な声を聞けてほっとする。

阿部先生のお話によると、1948年に慶應義塾高等学校が発足したときから、毛利武彦先生は美術の教師を勤められ、その2、3年後に阿部先生は事務職として同校に勤められたそうだ。

もともと絵がお好きだった阿部先生は美術科の部屋を訪れ、毛利先生と親しくなられた。そして阿部弘一第一詩集『野火』を出されるときに毛利先生が装丁をしてくれることになったそうだ。

お二人とも学生だった時に戦争を体験され、戦争が終わった20歳代に知り合って、その後、一生親友となる。

阿部弘一の詩がもっと多くの人に読まれるように、願いをこめて書影をのせておきます。装幀、カバー絵はすべて毛利武彦。

阿部弘一第一詩集『野火』(1961年)奥付及び扉は「世代社」となっている。詩集『野火』の中身が刷り上がり、あとはカバーだけという時に、社名が「思潮社」に改称された。

Sdsc08866

詩集『測量師』(1987年思潮社)。

この毛利先生の描いたたんぽぽの穂綿は、私の大好きな絵だ。

たんぽぽの穂綿を描いた絵は数多くあるが、さすがに毛利武彦は冠毛の描き方が非凡だと思う。もっとも不思議で、すべてをものがたる冠毛の形状と位置を選んで描かれている。
Sdsc08867

詩集『風景論』(1996年思潮社)
Sdsc08868

帯があるとわかりにくいが、左向きの馬の絵だ。遠くにも人を乗せて走る馬がいて、手前の馬のたてがみは嵐にたなびく草のようにも見える。

Sdsc08870

この『風景論』で阿部弘一先生は第14回現代詩人賞を受賞された。

この授賞式に毛利先生ご夫妻に誘われて伺った私は、その会場で、間近に踊る大野一雄の「天道地道」を見て、魂を奪われた。

毛利やすみ先生から毛利武彦先生の書いた阿部弘一先生の受賞に寄せるお祝いの言葉の原稿を送っていただいているので、ここにのせておく。私は師毛利武彦の文字を見るたび、師の絵と同じ質の知性と美しさと力強さに圧倒されて胸が苦しくなってしまうのです。

Sdsc08877


Sdsc08879

Sdsc08875

Sdsc08876

阿部弘一先生が翻訳された本にはフランシス・ポンジュ『物の見方』、『表現の炎』などがある。また思潮社の現代詩文庫『阿部弘一詩集』がある。

阿部先生と電話でお話しさせていただいてとても嬉しかったことは、『風景論』からあとの詩をまとめることについて、本にしたい、と確かにおっしゃったことだ。

「もし、まとめられたら。本にして知り合いに配りたいけど、みんな死んじゃったからなあ。ポンジュも亡くなったしね・・・。」とおっしゃられたが、未知の読者のために本をつくってほしい。「嶋岡晨はいるな。あいつは昔から暴れん坊だった。」とも。

阿部先生は、彫刻家毛利武士郎(私の師毛利武彦の兄弟)の図録や、巨大な椿図鑑も、「自分が持っていてもしかたないから、渡したい」と私におっしゃる。

椿図鑑は宮内庁がまとめたもので、宅急便では送れないほど巨大なのだそうだ。私などがいただいてよいのか自信がない。うちはすごく狭いので、貴重な大きな図鑑をきれいに見る大きな机もないし、大切に保管するスペースがないのだ。

私は椿の花が好きだが、椿図鑑に関しては、私より、その本にふさわしい人がどこかにいそうだ。

大切にしていたものを誰かに託したい、という気持ちを、私は私で、最近切実に感じることが多くなっている。

自分が持っているより、それを使って生き生きする人に、それを託したい、と思う気持ち。

私の持ち物(絵画作品や本)は、いったい誰がもらってくれるのだろう、と考えることがよくある。それを考えるとすごく苦しくなる。

・・・・・・・・・・・・・・・・

毎年、春になると苦しめられる顔の皮膚の乾燥と湿疹について。

昨晩、唇にプロペト(白色ワセリン)をべたべたに塗って寝たが、唇が痛いと同時に唇のまわりがかゆくて安眠できなかった。

朝、鏡を見たら口のまわりに真っ赤な痒い湿疹ができていた。

唇は皮が剥けて、縦皺がなくなるくらいパンパンに真っ赤に腫れあがり、唇の中にも爛れたような湿疹ができている。

プロペトとヒルドイドクリームを塗るがおさまらない。どんどんじくじくしてきて、爛れがひどくなってくる。

唇全体が傷のようになってしまい、痛くて口をすぼめたり広げたりすることができない。しゃべるのも食べるのも苦痛。口を動かさなくてもじんじんと痛い状態。

毎年、4月、5月になると皮膚が乾いてチクチク、ピリピリ痛み、特に唇が酷く乾燥して真っ赤に剥けてしまう。常に唇にべったりプロペトを塗っているのだが治らない。

きのうあたりから唇の荒れがますます酷く、歯磨き粉が口のまわりに沁みて涙が出るほど。味噌汁など塩分のあるものも沁みて飲めない。口にする何もかもが刺激物となり、皮膚が炎症を起こして爛れてしまったみたい。

紫外線にかぶれる体質なので5時30分頃を待ち、マスクをして皮膚科に行く。

タリオン(抗ヒスタミンH1拮抗薬)10mg朝夕

ビブラマイシン(抗生物質)100mg夕

ロコイド軟膏0.1パーセント

夕食はハンペンとパンケーキ、豆乳、ヨーグルトですませ、夜9時にタリオンとビブラマイシンを飲んだら、10時半には痛みと痒みが少しおさまってきた。

5月23日

31度。真夏のように暑い日。

このところ、ずっと顔が乾いて、特に唇が痛くてたまらない。

とにかく洗顔で顔をこするのをやめようと思い、2週間くらい日焼け止めも塗らないで夕方5時以降しか外に出ないようにしようと決めていた。

しかし今日は2時から書道の日だったので、紫外線吸収剤フリーの日焼け止めを塗って日傘を差して、1時半頃に出かけた。

その後、唇の痛みが酷くなり、まともに食事ができない。

夜中、寝ているあいだ、やたらに口のまわりがざらざらして痒い。寝ているあいだに顔を掻いてしまう。

|

2016年4月 8日 (金)

桜 / S木R太との仕事が大きな山を越える

4月8日

きょう、ひとつの大きな仕事が山を越えた。

R太が昨晩2時過ぎまで、今朝も朝から頑張ってくれたおかげで、私自身のやることは少なかった。

この二か月、普段の私にはあり得ないほど、たくさんの人(自分の仕事関係とは、まったく違う世界の人たち)と会い、落ち着いて絵もかけないほど慌ただしくしていた。私のまったくの専門外のことで、的確にサポートしてくれる人を捜していたのだ。

皆、それぞれ違う見解を提示する中で、誰が私にとって最も有益な提案をするか、誰が誠実かの判断を迫られた。

その中でS木R太が本当によく対応してくれた。

最初電話で話した時は、舌足らずのしゃべりで、どんな浮ついた男が来るのかと思ったが、実際の容貌はすごく落ち着いていて、仕事熱心だった。顔立ちは要潤に似ている。顎がしっかりしている骨格の構造上、舌足らずになっているみたいだ。

彼は歳を隠していたので32才くらいかと思ったら、何回か会ったあとて24才と聞いて驚いた。

彼は私が好奇心にまかせてする専門的な知識に関しての質問にも、迅速かつ的確に、過不足なくメールで応えてくれた。

私にとって重要なこと、これだけは譲れないことについて、ほとんど理解されることがないので普段、あまり人に話すことはない。

それが意外なほど話しやすかったのは、R太が非常に正直で、かつ温和で柔軟な性格であり、面倒な仕事を物ともせず、馬車馬のように働くことを楽しいと感じるような人だったからだ。

彼には私の細かさ、気難しさを苦とも思わず対応してくれる誠実さと、理解力、判断力、行動力があった。

打ち合わせの時は、どこにいても禁煙で肉料理の匂いのしない店をさっと選んで連れて行ってくれた。それで私は人と会う時の過剰なストレスを感じないですんだ。

R太の実家の室内で飼っていたゴールデンレトリバーの姫ちゃんは、すごく大切にされて、子宮癌の手術も乗り越え、大型犬は寿命が短いにも関わらず18歳まで生きたそうだ。

動物が結んでくれた縁だと思っている。

彼の母親は、イギリス人の血が混じる非常にヴァイタリティのある自立した女性だそうだ。そのせいか彼も小学生の頃から自立心旺盛だったらしい。

4月3日

善福寺川沿いの桜を見に行く。薄灰色の空の下、桜は紅を増して見えた。

Sdsc08211

松ノ木グラウンドの近く。毎年、淡い刺繍糸のような細い若葉がそよぐのを見るのを楽しみにしていた大きな柳の木が切られてしまっていたのが悲しい。
Sdsc08222

両脇に籔椿と乙女椿が咲き、天井は桜のアーチになっている、私の好きな場所。曇り空で写真ではわかりにくいが、桜の花で空が塞がれている。

Sdsc08224

昔は花見客のための旅館が連なっている一大観光地だっという瓢箪池の横を抜け、川に沿って荻窪方面へ歩く。

いくつかの子ども公園を過ぎ、五日市街道を渡ると、ここらへんにこんなに人が住んでいたのかと思うほどたくさんの人が、川の両脇の道にシートを広げてお花見をしていた。

毎年桜の季節にここに来る、相生橋からの眺め(川下側)。両側にびっしりソメイヨシノ。
Sdsc08243

相生橋からの眺め(川上側)。こちら側には緑と白の点描の山桜が多い。

Sdsc08244

大好きだった阿佐ヶ谷住宅(前川國男1905-1986が設計した今はない集合住宅)の近くの川べり。
Sdsc08248

4月1日

所用で九段下に行く。帰りにお堀の桜を見た。

Sdsc08192

お堀の柵には、たくさんの人が乗り出して桜の写真を撮っていたが、お堀の中は人が入れないので、とても静かな写真が撮れる。

Sdsc08194

曇り空。強風。咲いたばかりなのに、灰緑の水の上には花筏が浮かんでいた。

Sdsc08195

桜の下に一面の蕗の薹の花。

Sdsc08196

きょうはS田さんとの打ち合わせだった。

R太の上司のS田さんもまだ27歳で、容貌はR太以上に華やかな チャームを持っている。彼もまた、親 がロシアとのハーフだそうだ。S田さんは仕事に厳しく、可愛い顔をして「鬼軍曹」と呼ばれているらしい。

3月27日

桜より一足早く満開になった雪柳と。

Sdsc08177

Sdsc08182

ミモザの花は3月の半ばに満開だった。今は茶色い金平糖のようになって枝にくっついたままだ。

大宮八幡宮の桜は三分咲きだった。

|